セブンフーズ株式会社
セブンフーズ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
農林
商社(食料品)
本社
熊本

私たちはこんな事業をしています

≪ビジネスとしての農業がここにあります!≫
人と食と環境の未来のための”循環型農場経営”を目指しています。独自の発酵処理システムを確立し、特許も取得。最新設備と発酵床で、環境に配慮した農場を運営しています。また、ストレスなく元気いっぱいに育てた豚肉「肥後あそび豚」「未来村とん」を生産しスターゼンG,日本ハムGを通じて全国へ販売。さらにキャベツ生産にも取り組み日々進化を遂げています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

2倍の規模拡大を目指す

約20年前に養豚業を始め、この10年で20倍の規模に拡大しました。わたしたちが、一番大切にしていることは「人と食と未来のために」というモットーです。豚にとって快適な飼養管理(アニマルウェルフェア等)を目指し、ストレスの少ない環境で元気いっぱい育った当社のブランド「肥後あそび豚」を、全国の消費者に届けています。今後は、6次化を目指した商品開発も目指しています。また、今後の5年計画で2倍の農場にするために、多くの若いやる気のある人材を広く募集しています。セブンフーズは、農業通じて、常に挑戦し続ける企業でありたいと考えています。

事業優位性

環境に配慮した循環型農場を運営しています。

独自に研究開発した発酵処理システム(セブンシステム)で特許を取得し、環境にやさしい農場を運営しています。近年液体飼料化プラントで、食品工場から出る未利用資源を使った飼料作りを行っています。また、農場の発酵床から出される完熟たい肥は、昨年県知事賞を受賞し、多くの農家の方に喜ばれています。また自社の堆肥でキャベツを年間300t以上生産し、味の素のぎょうざに使われています。数年先には10倍の3000tの出荷を目指しています。今後も環境問題を大事にしながら事業の拡大を目指していきます。

待遇・制度

全社員の物心両面の幸福を追求する。

この経営理念をかかげ、新しい働き方の提案としてライフワークバランスに取り組んでいます。具体的には、育児や介護に対応し安心して働ける環境を作るために、短時間正社員制度を導入。また、平成30年度からは、完全週休二日を導入し、年間77日から104日の休みへと移行し、独自の取り組みとしてそれぞれが自分のライフスタイルに応じて、プランニングできる仕組みを考えています。また社員の人材育成にも力を入れています。国内、海外研修(アメリカ・EUなど)を通し、幅広い知識や最新技術を習得してもらい、農業界のプロフェッショナルの育成をめざしています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

農業ビジネスを通して100年続く未来を考えていただくことが大事な仕事です。

●総合職
■農場部門
・豚の管理(交配、分娩、離乳後の子豚の管理、肥育豚の管理)
・発酵床および堆肥の管理
・飼料製造(乾物・液体飼料)
・野菜生産管理


■本部管理部門
・営業
・経理・総務
・人事

会社データ

事業内容 ◎養豚生産事業(繁殖・肥育)
◎野菜生産事業
設立 1992年 9月
(創業1972年 4月)
資本金 2,200万円
従業員数 84名(2018年1月現在)
売上高 20億円(2018年4月見込み)
20億2,000万円(2017年4月)
18億3,000万円(2016年4月)
20億7,700万円(2015年4月)
16億6,600万円(2014年4月)
代表者 代表取締役社長 前田 佳良子
事業所 ◎本社
 熊本県菊池市旭志麓迎原2105

◎農場
≪第1生産グループ≫
 大津第一農場(繁殖農場)
 熊本県菊池郡大津町矢護川26

 旭志農場(本部事務所) (肥育農場)
 熊本県菊池市旭志麓迎原2105

≪第2生産グループ≫
 大津第二農場(繁殖農場)
 熊本県菊池郡大津町矢護川3280‐1

 阿蘇農場(肥育農場)
 熊本県阿蘇市波野大字波野字廣木1899

 杉水農場(肥育農場)
 熊本県菊池郡大津町杉水375

 光農場(肥育)
 熊本県菊池郡大津町矢護川664-6

≪野菜生産部門≫
自社耕作地(キャベツほか) 

≪飼料製造部門≫
 (旭志・セントラルキッチン、旭志農場、阿蘇農場)
 
≪その他≫
堆肥販売
オガコ製造舎(大津第二農場)
 

セブンフーズ全社合計
飼養頭数 25,000頭
年間出荷頭数 50,000頭
飼料生産 リキッド 15000t/年
キャベツ出荷   350t   
主な取引先 (株)スターゼンミートグループ
日本フードパッカー(株)
南日本ハム(株)
関連会社 (株)セブンワークス
沿革 1970年 6月 養豚生産開始
1972年 4月 合志畜産を創業
1992年 9月 セブンフーズ(株)設立
2003年 1月 セブンシステム養豚農場稼働開始
2004年 7月 ブランド豚「くまもと未来村とん」出荷開始
2005年 9月 農業生産法人認定
2006年 2月 セブンシステム特許取得
    6月 (株)セブンワークス分社化
2007年 2月 広域連携アグリビジネスモデル事業 農林水産省承認
2008年 1月 大津第一農場(繁殖)稼動
   11月 旭志農場(肥育)出荷開始
   12月  杉水農場リキッドシステム稼動
2010年10月 大津第二農場稼動(常時飼養頭数6,000頭)
2011年10月 阿蘇農場稼動(常時飼養養頭数6,000頭)"
2015年 飼料米リキッドフィードコンソーシアム
2017年 くまもと未来志向型農業協議会設立
2018年 新飼料工場稼働
経営理念 ◎日本の食を守る
◎次世代を担う農業界の人材育成に貢献する
◎セブンフーズ式農業を通じて環境保全および地域に貢献する
◎全社員の物心両面の幸福を追求する
経営指針 1 創造
高い技術力と情熱をもって、感動を生む価値ある商品を創造しよう

2 前進
広く世界に目を向け、スピーディな意思決定でオンリーワン企業として成長しよう

3 信頼
お互いの個性と信頼関係を大切にし、組織力を高めて最大限の力を発揮しよう

4 公平
法律・社内ルールを遵守し、健全で公正公平な企業風土をつくろう
行動指針 1 失敗を恐れずに挑戦し、経験を成功へと繋げよう

2 知識と技術を身に着けプロフェッショナルになろう

3 陰口や馬鹿にした態度で仲間を傷つけないようにしよう

4 自分を支えてくれる人々に感謝し、奉仕の心で行動しよう
セブンフーズホームページ http://seven-foods.com/recruit2019/

連絡先

〒869-1202
熊本県菊池市旭志麓迎原2105
専務取締役 合志 文利
TEL:0968-37-4133 FAX:0968-37-4134
http://seven-foods.com/recruit2019/
E-mail mfumiko@h4.dion.ne.jp
掲載開始:2018/03/01

セブンフーズ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

セブンフーズ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)