社会福祉法人 慶光会
ケイコウカイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
福祉・介護
医療関連・医療機関/その他サービス/食品
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

重い障害をもつ人、いくつかの障害を併せもつ人、高齢期の人など、
特別な配慮の必要な人たちが安心して利用できる事業所づくりを目指しています。
一人ひとりにあった環境と支援を検討し、かけがえのない人生がより豊かなものとなるような支援を進めます。
また障害はあっても、個別に応じた支援があれば働くことのできる人たちに、
自身の力を最大限に発揮していただき、自立した生活を送ってもらえることを目指しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

地域の方を巻き込み、街ぐるみで障害のある方を支える取り組みに

利用者が求める本当に必要な支援をしようと思ったら、一法人の頑張りだけでは限界があります。福祉に関わる人々の意識を変え、事業所のあり方を変え、障害のある方が生き生きと働き、暮らせる環境をつくる。そのための取り組みのひとつが、地域の方々への情報発信。「知らないから不信感を抱く」という状況を無くすために、事業所の取り組みを冊子にまとめて、地域の方々にお配りしたり、障害のある方と地域の方がふれあい、一緒に楽しめるイベントを企画したり。このような地道な活動を続けることで、事業所のスタッフだけでなく、真庭市の住民の方々も一緒になって、障害のある方の生活を見守る環境が徐々にではありますが整いつつあります。

社風・風土

場当たり的な対応ではなく、未来を見据えた支援が求められる

障害の種別や程度に関わらず、障害のある方が生きがいをもって暮らせる社会の実現に向け、その支援活動の充実、発展に取り組んでいます。私達が運営する就労系事業所では、障害のある方が多く働いていますが、その方々の経済的自立を目的に掲げた目標は賃金UP。というのも就労継続支援B型事業所の賃金平均月額は1万3千円。これだと自立は困難です。そこで「福祉事業だから利益を追求しなくてよい」という常識や甘えは捨て、利用者の習熟度を高めるために作業を細分化して仕事の効率をUPしたり、売れる商品作りに取り組んだり。そうすることで初年度400万円の売上が10年後には1億円に。今後も未来を見据え、本当に必要な支援を追求していきます。

事業優位性

課題を発見し、見出した答えを信念をもってやり抜く力が必要

既存の常識を変えたり、何か新しいことを始めようと思ったら周囲の理解は必要不可欠。人を動かすには、自分自身が信念を持って取り組まなければいけません。それには、目の前の課題に対峙し、とことん考え、見出した答えを信念をもってやり抜く必要があります。その訓練の一環として、新入社員研修では「支援とは何か」を徹底的に考え、それを人に伝えるツールを作成してもらっていますが、その体験がその後も職場で大いに生きています。ちなみに左側のロゴは創立35周年を機に、当職員達がデザイナーの力も借り制作したものですが、当法人名である「慶光会」の中の「光=希望」をモチーフとし、当法人の未来に向けた「思い」を表現しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■支援員
利用者の作業及び日常生活援助。日々の支援を通じて利用者との信頼関係を育み、
共に成長していくという気持ちで取り組んでもらいたいと思っています。

■事務スタッフ
施設運営にまつわる事務業務全般を担当。
※経理に関わる資格必須。

■看護師
利用者の生活面及び健康管理における支援と介助。コミュニケーションを主体とした看護で、
利用者の健康をサポートする役割を担います。

会社データ

事業内容 障害者支援施設の運営
障害福祉サービス事業
 生活介護
 就労継続支援
 就労移行支援
 共同生活援助
 短期入所
相談支援事業
その他
 日中一時支援
 福祉有償運送
 放課後児童健全育成事業(学童保育)
設立 昭和56年4月
資本金 社会福祉法人のため、資本金はありません。
従業員数 108名
代表者 理事長 柴田智宏
事業所 蒜山(真庭市北部)地域
 蒜山慶光園
 デイセンターひるぜん
 ワークスひるぜん
 グループハウスひるぜん
 グループハウスかわかみ
 川上児童クラブ
落合(真庭市南部)地域
 デイセンターまにわ
 ワークプレイスまにわ
 グループハウスおちあい
 真庭地域生活支援センター
鳥取県(倉吉市)地域
 ワークスくらよし
私たちの歩み 昭和55年 10月  社会福祉法人蒜山慶光園が認可される。
昭和56年 4月  知的障害者更生施設蒜山慶光園を開設する。
昭和57年 5月  蒜山慶光園職員宿舎の建築工事が竣工する。
昭和59年 3月  蒜山慶光園に機能回復訓練棟の増設工事が竣工する。
平成9年 10月  法人第1号グループホームのぞみ荘を旧真庭郡八束村に開設する。
(以降、蒜山地域に14箇所、落合地域に2箇所のグループホームを開設する)

平成12年 4月  知的障害者授産施設デイセンターまにわを開設する。
平成13年10月 デイセンターまにわにおいて地域療育等支援事業を開始する。
平成17年 4月  知的障害者授産施設ワークスひるぜんを開設する。
平成20年11月 障害福祉サービス事業所デイセンターひるぜんを開設する。
平成22年 4月 放課後児童健全育成事業を受託する。
平成25年 6月 障害福祉サービス事業所グループハウスかわかみを開設する。
平成25年10月 障害者就労施設等が取り扱う物品の販路拡大等に資する事業を受託する。
平成28年4月 法人名を「社会福祉法人慶光会」に改称する。
平成29年8月 障害福祉サービス事業所ワークプレイスまにわを開設する。
平成29年10月 障害福祉サービス事業所ワークスくらよしを開設する。
慶光会の事業指針 1.法人と職員は、社会福祉をしあわせづくりと心得、もっとも困った人、
  もっとも深刻な事柄に注目し、事業をすすめる。

2.法人と職員は、人間の権利と尊厳を重んずる立場から、
  障害者の働く場、生活する場を広げる。

3.法人と職員は、常識と良識に基づいた行動を重んじる。

4.法人と職員は、専門家としての誇りと自信を持って行動できるよう、最善の努力をする。

5.法人と職員は、すべての人々は対等平等であるという考え方に立ち、礼儀をわきまえ接する。

6.法人と職員は、職員が福祉にかかわる仕事を志してよかったといえる事業になるよう、
  最善の努力をする。
私たちが目指すもの 私たちは、障害をもつ人も、その人間としての尊厳が尊重される
生まれながらの権利を有しているという視点に立ち、
あらゆる差別や偏見のない、
一人の人間として尊重されるような社会の実現に向けて努力します。
その障害の種別や程度にかかわらず、
地域に住み、地域で生きがいをもって暮らすことができるように
私たちの援助活動を充実、発展させていきます。

「障害者の権利に関する条約」第19条の「障害者が他の者との平等を基礎として、
居住地を選択し、及びどこで誰と生活するかを選択する機会を有すること
並びに特定の生活施設で生活する義務を負わないこと」を大切に受け止め、
権利に値するという視点からの事業運営を目指します。

私たちは、障害を持つ人たち、家族、関係者の切実な願いや要求に応え、
専門的な深い洞察力と温かい目、 そして知識と技術に裏づけられた
人間的なやさしさをもって必要な援助にあたり、
常に研究と検討を重ね、 地域に開かれた創造的な事業の推進に努力して参ります。
事業への取り組みについて 現在私たちの事業は真庭市のみならず、
鳥取県などへの広がりを見せています。
今後は周辺地域の自立支援のさらなる向上を目指し、
さならる事業拡大を行っていくつもりです。
HPもぜひご覧ください。 http://www.keikoukai.net/

連絡先

■社会福祉法人 慶光会
■〒717-0602 岡山県真庭市蒜山上福田1201-8
■TEL:0867-66-4060
■E-mail  hiruzen-j02@shore.ocn.ne.jp
■採用担当:法人事務局 浜口・横浜
掲載開始:2018/03/01

社会福祉法人 慶光会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人 慶光会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)