檜垣造船株式会社
ヒガキゾウセン
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

檜垣造船株式会社

中小型輸送船/近海輸送船
  • OpenES
  • 正社員
業種
輸送機器
機械/プラント・エンジニアリング/金属製品/海運
本社
愛媛

私たちはこんな事業をしています

●船種を特化しない多種多様な船の建造

愛媛県今治市に本社を置き、創業以来65年以上にわたり、お客様のニーズに合わせた船づくりに取り組んでいます。
近海輸送船においては業界内でも高いシェアを誇り、業績も堅調に推移しています。

船舶による輸送はCO2排出量を削減でき、経済性にも優れた輸送手段として注目されています。
エコで省エネかつ高品質な船舶を低コストで建造するため日々新技術への挑戦を続けています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

創業66年!中小型輸送船の建造シェアは業界トップクラス

檜垣造船は創業以来66年にわたり、地元今治に根を張り、お客様のニーズに合わせて多種多様な船舶の開発・建造を行っています。柔軟な対応をするため、どの船も設計・開発から引渡まで一貫生産、オーダーメイド。設計者も営業に同行し、細かくヒアリングすることで、船主様のご要望に応える船づくりを行っています。また、中小型輸送船分野においては、業界トップクラスのシェア。中でも、日本と東南アジアを繋ぐ近海貨物船については国内有数のシェアを誇り、その実績を活かした設計力は高い評価を得ています。より品質の良い船をつくるため、これからも真摯なものづくりを続けます。

事業・商品の特徴

自慢の設備と人間力、様々な要望に応えるきめ細やかなものづくり

当社が目指すのは、時代のニーズに合った品質の良い船を短納期かつ低コストで建造することです。そのため、造船設備への投資も積極的に行っています。同時に、船づくりに関わる人間の“人間力”も大切にしています。船主様のご要望に応えるため、各々が与えられた課題に真剣に取り組む姿勢こそが、良い船を作り上げます。設計職であれば設計はもちろん機器メーカーなどとディスカッションをすることがありますし、船舶製造職と言っても工程管理を行う人がいたり、仕上がり検査を行う人がいたりと造船に関わる仕事内容は様々です。それぞれが一つ一つの工程に真剣に向き合うことで、品質の良い船舶の建造を実現しています。

社風・風土

チーム力が発揮しやすい、風通しの良い社風

職場の雰囲気の良さも当社の強みです。上下関係の隔たりや部門間の垣根がなく、社内のコミュニケーションが活発なので、困ったときに相談しやすく、協力して案件に取り組むことができます。少人数ということも理由の一つですが、より良い船を作るためには、積極的な意見交換が必要不可欠であるということも大きな理由です。ゼロから設計・開発し、巨大な船を作り上げるのは、ロマンあふれる仕事ですが、壁にぶつかることも少なくありません。意見を交換し、助け合える文化があるので、配属直後から積極的にチャレンジできる環境が整っています。休みも取りやすく、公私ともに充実させることが可能です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■技術系総合職(設計・現場船舶製造担当技師)
■事務系総合職(営業・総務)
(配属先は現場実習後決定)

会社データ

事業内容 ●各種船舶の設計開発・建造・修理
檜垣造船では載貨重量25,000トン、全長140m以下の中小型船を中心に製造しています。
新技術の開発にも力を入れており、業界初のエコシップの開発・建造や騒音規制への早期対応など
時代のニーズに合った船づくりを行っています。

●業界内での高いシェア
大型化の進む現在、中小型船の製造に取り組んでいる企業は多くはありませんが、
需要がなくなることはありません。
中小型船を必要とする国内外の船主様の要望にしっかりと応え、継続的にご発注いただくことで
業界内でも高いシェアを誇っています。

●700隻を超える多様な建造実績
貨物船、エチレン船、LPG運搬船、LNG運搬船、ケミカルタンカー、その他特殊船など、
お客様のあらゆるニーズに応えるべく、これまで手掛けてきた船舶の種類は実に多様です。
輸送する物資に応じて船を専用化することで、輸送効率を高めています。
設立 1951年11月
資本金 4,800万円
従業員数 101名(2017年2月時点)
売上高 156億円(2016年3月実績)
代表者 代表取締役社長 檜垣 宏彰
事業所 ●本社・本社工場/愛媛県今治市小浦町1丁目4番25号 【愛媛・中予/今治エリア】
●波方工場/愛媛県今治市波方町波方甲1571番12
●東京事務所/東京都中央区新川1丁目2番10号 新川むさしやビル9階
関連会社 檜商事株式会社、摂予汽船株式会社
経営理念 1.企業は、生き続けなければならない。
2.企業は、そこで働く人々を幸福にしなければならない。
3.企業は、社会に奉仕しなければならない。
経営方針 「時代のニーズに合ったよい船を建造し、当社を支援して下さる人々と共に歩み、共に発展する。」
取引先 商船三井近海、川崎近海汽船、東興海運、丸紅、三井物産 等
会社沿革 1951年11月  檜垣久雄が個人にて造船所創業、木造船の建造及び修理業を開始
         会社名「檜垣久雄造船所」  
1964年 6月  法人組織に変更、経営の強化を計る
         新社名「檜垣造船株式会社」
1967年11月  第一号船台1,000総トン建造船台完成、運輸省許可造船工場となる
1976年 6月  5,300総トン船台設備許可を受ける
1993年 3月  5,999総トン船台拡張完了
1994年 3月  会社設立30周年記念として建設したHSBハウス完成
1995年 7月  東京事務所を新川自社ビル(新川むさしやビル)へ移転
1998年 2月  6,800総トン船台拡張完了
1998年11月  新本社ビル落成
2000年 3月  ロイドより ISO 9001 の認証を取得。
2001年 9月  ロイドより ISO 14001 の認証を取得
2002年11月  今治商工会議所より創業100年以上に対する顕彰を受ける
        (前身である檜垣造船所より数えて)
2003年 2月  6,800総トン船台から7,300総トン船台拡張完了
2003年11月  7,300総トン船台から9,990総トン船台拡張完了
2008年 5月  ブロック製作場および艤装岸壁を備えた「波方工場」完成
2009年10月  CSR推進委員会発足
2010年 9月  ロイドより OHSAS 18001 の認証を取得
2012年 4月  ブラスト塗装工場完成
2014年 6月  会社設立50周年を迎える
2015年 3月  9,990総トン船台から16,000総トン船台拡張完了

連絡先

〒799-2111
愛媛県今治市小浦町1丁目4番25号
担当:総務部 総務課 吉井
TEL :(0898)41-4282 (総務直通)
E-mail:soumu@higaki.co.jp
掲載開始:2018/03/01

檜垣造船株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

檜垣造船株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)