株式会社淀川製鋼所
ヨドガワセイコウショ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社淀川製鋼所

【ヨドコウ】東証一部上場■メーカー/工事■鉄鋼/建材 他
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
鉄鋼
建材・エクステリア/建設/金属製品/プラント・エンジニアリング
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

◆◇創業80年を超える独立系鉄鋼メーカー◇◆

ヨド物置の「ヨドコウ」としておなじみの当社は、1935年(昭和10年)の創業以来、【鉄】に関する事業を軸に発展してきました。

現在は【鋼板部門】【建材部門】【ロール部門】【グレーチング部門】の4つの分野で、日本のものづくりや人々の暮らしを支えています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

物置だけじゃない。鉄鋼製品を通じて暮らしを支えるヨドコウ!

皆さんは「ヨドコウ」という会社をご存知ですか?CMでもおなじみの「ヨド物置」をイメージされる方も多いと思いますが、ヨドコウの強みは物置だけではないんです!当社の主力製品は「表面処理鋼板」と呼ばれる鉄鋼素材。サビに強く加工性にも優れた鋼板の製造技術を磨いてきました。中でも、家電製品や建物の外装材等に使用されるカラー鋼板では、業界トップクラスのシェアを誇ります。建築分野では、屋根材・壁材等の建築材料も独自に開発。誰もが知っている商業施設、空港、競技場等の大規模物件の建築にも携わっています。また、製鉄・製紙設備用の「ロール」や「グレーチング」と呼ばれる溝ぶたの製造も通じて人々の暮らしを支えています。

社風・風土

失敗を恐れずチャレンジできる環境

ヨドコウは若手社員のうちから仕事を任されます。仕事をする中では様々な問題に直面し、プレッシャーを感じることもあります。しかし、ヨドコウでは先輩や上司との距離間が近く、悩みや分からない事を相談しやすいので、問題に直面しても、周りの人と連携を取りながら解決していくことができます。また若手でも自由に意見を言える雰囲気があり、失敗を恐れずのびのびと働くことができる風土があります。このように、ヨドコウでは、自分から進んで色々な仕事に挑戦していけるので、仕事を通した成長を実感することができます。

戦略・ビジョン

世界に雄飛~ヨドコウのグローバル展開~

ヨドコウでは新たな鉄鋼需要を取り込むために、いち早く海外展開を行ってきました。台湾のセンユー・スチール社をはじめとして、中国やタイにも子会社を設立し、今では多くの海外製造・販売拠点を確立しています。2013年にはセンユー・スチール社と合弁で設立した中国の子会社が稼働を開始、タイの子会社PPT社でも新たに増設したカラーラインが商業生産を始めました。今後も、アジアをはじめ需要が増す世界の市場での事業拡大を図り、グローバル展開を進めていきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【技術系】 
◆研究開発
 ・市場や顧客のニーズを捉え、会社の価値を高める製品の開発を行います
◆生産技術
 ・会社の根幹であるものづくりの現場で生産等全般を担います
◆建築設計・施工管理
 ・屋根・壁材を中心に、様々な物件の建設に関わる設計・施工管理を手掛けます
◆情報システム管理
 ・社内の生産・受注システムや情報機器など情報システム全般を担当します
【事務系】
◆法人営業、生産管理、経理等

会社データ

設立 1935年(昭和10年)1月30日
資本金 232億2000万円(平成30年3月期)
代表者 代表取締役社長 二田 哲
事業所 本 社/ 大阪
支 社/ 東京
製造拠点/ 大阪・呉・市川・泉大津・福井・姫路
営業拠点/ 札幌・盛岡・仙台・福島・新潟・長野・高崎・東京・横浜・
      静岡・北陸(富山)・名古屋・大阪・神戸・岡山・広島・高松・
      高知・八幡・福岡・鹿児島・沖縄
従業員数 【単体】1,196名(平成30年3月期)
事業内容 ◆鋼鈑部門 
  溶融亜鉛めっき鋼板、カラー鋼鈑、
  みがき帯鋼等の製造販売
◆建材部門
  金属製の屋根・壁材及び各種外装材、
  物置・ガレージ等のエクステリア商品、
  ダストピット等の環境・景観対応商品
  の製造販売
  建設工事の設計及び請負
◆グレーチング部門
  鋼製溝蓋(グレーチング)の製造販売
◆ロール部門
  製鉄用、製紙用ロール等の製造販売
◆その他
  エンジニアリング部門、不動産部門
売上高(単体) (平成30年3月期)  1,063億5700万円
(平成29年3月期)    970億4300万円
(平成28年3月期)   979億7700万円
(平成27年3月期)  1,058億9800万円
(平成26年3月期)  1,021億2300万円
(平成25年3月期)    930億9700万円
(平成24年3月期)    997億2800万円
(平成23年3月期)    912億5600万円
利益(単体) 【営業利益】
(平成30年3月期) 78億 100万円
(平成29年3月期) 79億8600万円
(平成28年3月期) 63億 700万円
(平成27年3月期) 31億 500万円
(平成26年3月期) 47億6900万円
(平成25年3月期) 29億1100万円

【経常利益】
(平成30年3月期)103億5200万円
(平成29年3月期)  87億9800万円
(平成28年3月期)  80億7400万円
(平成27年3月期)  69億5300万円
(平成26年3月期)  65億8100万円
(平成25年3月期)  47億6100万円

【純利益】
(平成30年3月期) 75億4100万円
(平成29年3月期) 59億3800万円
(平成28年3月期) △25億9600万円
(平成27年3月期) 45億8600万円
(平成26年3月期) 38億5700万円
(平成25年3月期) 28億7300万円
関連会社 【連結子会社】
SHENG YU STEEL CO.,LTD.(センユー・スチール社)<台湾>
YODOGAWA-SHENGYU (HEFEI) HIGH-TECH STEEL CO.,LTD.
 (淀川盛餘<合肥>)<中国>
PCM PROCESSING (THILAND) LTD. <タイ>
淀鋼商事株式会社
高田鋼材工業株式会社
京葉鉄鋼埠頭株式会社
ヨドコウ興発株式会社

【非連結子会社】
YODOKO INTERNATIONAL CO., LTD. (淀鋼國際)<台湾>
YODOKO BUILDING MATERIAL (HANGZHOU) CO., LTD.
 (淀鋼建材<杭州>)<中国>
ヨドコウ興産株式会社
株式会社淀川芙蓉
淀川製鋼グループ企業理念 【基本理念】
 新しい個性を持った価値の創造
【経営理念】
 顧客と株主から信頼され、期待される機能の創造
 広く社会から必要とされるベストメーカーを目指す
 社員一人ひとりが個性をもって充実し、変革に挑戦し成長する
 社会・自然環境と調和・共生に努める
沿 革 1935年(昭和10年) 大阪市に鉄鋼板・鉄鋼材製造を目的として、
          1月30日設立。
1940年(昭和15年) 合名会社大阪トタン板製造所を買収し、
           亜鉛めっき鋼板の製造を開始。
1948年(昭和23年) 電気炉及び反射炉を新設し、
           鋳鋼品・ロールの製造を開始。
1949年(昭和24年) 大阪市に歌島工場を開設し、
           ホーロー製品の製造を開始。
1951年(昭和26年) 泉大津工場を開設し、電気炉による普通鋼・特殊鋼
           及び鋳鍛鋼品の製造を開始。
1952年(昭和27年) 本社を大阪市東区博労町(現中央区)に移転。
1954年(昭和29年) 呉工場を開設し、冷延鋼板・磨帯鋼の製造を開始。
1955年(昭和30年) 歌島工場で、建築ホーロー化粧板の製造を開始。
1956年(昭和31年) 大阪工場に25トン反射炉一基を新設し、
           大型ロールの製造を開始。
1965年(昭和40年) 鋼板製建築材料の製造・販売を開始。
1967年(昭和42年) 大阪市に新歌島工場を開設し、
           建築ホーロー化粧版・バスタブの生産を集約。
           独キュスタース社と技術提携し、
           製紙用スイミングロールの製造を開始。
1970年(昭和45年) エクステリア製品の製造・販売を開始。
1971年(昭和46年) 市川ホーロー工場を開設し、ホーロー製品の製造を開始。
1972年(昭和47年) 本社を大阪市東区南本町(現中央区)に移転。
           市川工場を開設し、冷延鋼板・磨帯鋼の製造を開始。
1973年(昭和48年) 泉大津工場でグレーチングの製造を開始。
1975年(昭和50年) 家庭用品の製造・販売を開始。
1985年(昭和60年) 大阪市東区博労町(現中央区)に、
          ヨドコウ第2ビル完成。
1986年(昭和61年) ガルバリウム鋼板の製造を開始。
1987年(昭和62年) 東京支社を、東京都中央区新富に完成した
           東京ヨドコウビルに移転。
1990年(平成02年) 福井県坂井市に福井工場を開設し、
           家庭用品の製造・販売を開始。
1992年(平成04年) 大阪工場に鋼板開発センターを開設。
1993年(平成05年) 市川工場に技研センターを開設。
1995年(平成07年) 大阪工場に建材試験センターを開設。
2000年(平成12年) 泉大津工場の製鋼部門を廃止し、鋼塊事業から撤退。
2002年(平成14年) 家庭用品分野から撤退。
2005年(平成17年) 大阪工場に建材製品倉庫を新設。
2008年(平成20年) 大阪建材事業所を開設。
2011年(平成23年) タイにYODOKO(THAILAND)CO.,LTDを設立。
           中国に淀川盛餘(合肥)高科技鋼板有限公司を設立。
2013年(平成25年) PCM PROCESSING(THAILAND)LTD.(PPT)に
           連続式塗装設備を新設。
           太陽光発電システムによる売電事業開始

現在に至る。

連絡先

〒541-0054
大阪市中央区南本町4-1-1 ヨドコウビル10階
総務部人事グループ 担当:橋本・多田羅
電話:06-6245-1111

http://www.yodoko.co.jp
掲載開始:2018/03/01

株式会社淀川製鋼所に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社淀川製鋼所に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)