有限会社石井育種場
イシイイクシュジョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

有限会社石井育種場

【種苗会社(キャベツ、はくさい、はぼたんの品種改良、採種)】
  • 正社員
業種
農林
食品/商社(食料品)/その他商社
本社
静岡
直近の説明会・
イベント

私たちはこんな事業をしています

【エントリー受付中】明治40年の創業以来100年以上、キャベツやハボタンなどの新しい魅力をお伝えするために毎年数百にも及ぶ組み合わせを行い、研究を進め、常にお客様のニーズに沿った品種の改良、種子生産・販売に努めております。食文化の発展、向上、さらに石井ブランドの確立を目指すとともに生産者の方の省力化と消費者の満足を叶える種子をお届けしています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

扱う品種は、数十種類。フィールドは、世界に広がっています。

キャベツひとつとっても、たくさんの種類があることを知っていましたか?病気にかかりにくいもの、甘みがあるもの、寒さに強いもの…。実は産地や用途によって、求められる特性が違うのです。当社では、そんな生産者や消費者のニーズに応える品種をこれまで生み出してきました。現在、扱っているのは「キャベツ」だけではなんと40品種以上。おかげさまで「当社のキャベツじゃないとダメ!」というファンも多く、たとえば『松波』という品種のキャベツは、大阪のお好み焼き屋さんの間で『松波の会』が結成されるほど大人気です。さらに、取引先は日本だけではありません。ヨーロッパやアジア、アメリカなど、フィールドは世界に広がっています。

仕事内容

日本の農業を元気に、働くステージは無限です

農業はとても奥深いからこそ、様々な貢献の仕方が可能です。お客様のニーズに沿った品種改良や、種子生産・販売を行っています。また、今後は種の販売だけではなく、「どうやったら、より農家さんが美味しい野菜を作れるのか?」を考え、栽培そのものも支援できるようにしていきたいと考えております。そのような研究開発を一緒にやってみませんか?育種をしたい方、また日本全国もしくは世界に向けて仕事をしたい方、また生産者の皆さんとコミュニケーションを取り産地開発に携わりたい方、ご応募お待ちしております。

待遇・制度

10年、20年活躍できる人材へ。愛情を注いで育てていきます。

はじめは、農業の専門的な知識は必要ありません。当社では、入社後の約1年間を、農業と仕事について学ぶ期間としています。なぜなら、当社の「キャベツ」や「はぼたん」は、1年かけてやっと実りを迎えるから。春に品種の研究・交配を行い、愛情を注いで育て、翌年に種取り用の花が咲く。そんな一連の流れを本社に併設された農場で学んだり、品種ごとの特性の違いを知っていただきます。さらに、営業スキルは4~5年間、先輩のサポートを通じてじっくりと身に付けることができる。焦ることはありません。この先、10年、20年活躍できる人材になるために、着実に成長していってください。社会人も、キャベツも、準備期間が何よりも大切ですよ。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【技術職(育種研究員)】
育種に関する研究開発とそれに伴う栽培管理等、産地アドバイザー
今または、近い未来に世の中に求められている野菜を考えながら新しい品種を生み出していく仕事です。

【技術職(農場運営管理)】
農場の栽培・圃場管理、採種管理等
新しい品種を作出するのには欠かせない、圃場全体をマネジメントする仕事です。

会社データ

事業内容 キャベツ・ハボタン等アブラナ科の品種改良、採種および販売
設立 設立:1972年(昭和47年)
創業:1907年(明治40年)
資本金 1,000万円
従業員数 14名
売上高 2億2千万円(2017年12月期)
代表者 代表取締役 石井和広
事業所 静岡市駿河区池田710-1  (本社)
静岡市駿河区池田2041   (静岡研究農場)
袋井市浅岡828        (袋井農場)
沿革 明治40年 外国のキャベツ輸入種から秋蒔不抽台性で早生、平型の改良に着手
大正 4年 農事試験場園芸部、善田義一朗氏の命名による「豊田早生」キャベツを発表
昭和 9年 パン用硬質小麦の「石井小麦」を育成
昭和10年 柿崎洋一氏(埼玉農試技師)より不和合性理論について指導を受ける
終戦後   戦時中から準備中であった自家不和合性によるキャベツのF1育種に傾倒
昭和29年 石井交配最初のキャベツF1品種として「豊田夏蒔2号」を発表
昭和34年 研究農場を静岡市瀬名に開設
昭和44年 国内初のF1紫カリフラワー「駿河むらさき」を発表
昭和47年 有限会社石井育種場を設立
昭和48年 磐田郡浅羽町に研究農場を開設
昭和49年 本社社屋完成
昭和51年 代表取締役に石井肇が就任
昭和61年 キャベツに加え、はくさい、はぼたんのF1品種を発表
平成 6年 黄芯系根こぶ抵抗性ハクサイを発表
平成 7年 キャベツ「岳陽」を発表
平成 8年 キャベツ「はるなぎエース」を発表
平成19年 代表取締役に石井和広が就任
平成22年 キャベツ「春いろ」 ハボタン「アンサンブル・エアリー」発表
平成23年  静岡研究農場移転  キャベツ「青龍345」を発表
平成25年 キャベツ「はるね」 ハボタン「ファーストレディ」 白菜「ときめき85」発表
平成26年 ハボタン「ブライトローズ」発表
平成27年 キャベツ「よしき」発表
平成29年 ハボタン「ホワイトレディ・ピーチレディ」、ケール「ハニーケール」発表

連絡先

有限会社 石井育種場
静岡市駿河区池田710
連絡先:054-262-2965
採用担当:人事部
掲載開始:2018/04/19

有限会社石井育種場に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

有限会社石井育種場に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)