株式会社ナベヤ
ナベヤ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社ナベヤ

岡本・ナベヤグループ
  • OpenES
  • 正社員
業種
鉄鋼
機械/金属製品/精密機器/機械設計
本社
岐阜

私たちはこんな事業をしています

1560年の創業以来458年、鋳造メーカーとして日本の産業を支え続けています。
自動車・コンピュータ・家電製品などの製品を生み出すために欠かせない、
精密治具、精密マシンパイス、精密測定用定盤などの「治具・工具」を製造・販売しています。
素材から設計・加工・組立・検査までを行う一貫生産体制を確立。
また、自社ブランド「ERON」は世界的に知られており、海外展開も積極的に行っています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

Since1560~国内有数の鋳造メーカーとして発展し続けています。

岐阜市の地にて鋳造業を始めてから457年。常に時代のニーズに合わせながら鋳造メーカーとして発展を遂げてきました。特に、治具メーカーとしては国内トップクラスのシェアを誇り、あらゆる分野の大手メーカーより信頼・評価を得ています。「良い製品を早く出す」ことがモットー。品質と納期へのこだわりは他社をしのぐと自負しています。また、一切外注することなく、素材・設計から納品までを自社で一貫して行えるのも当社の強みです。自社ブランド「ERON」を持ち、経済成長著しいアジアへの進出を強化するなど、世界を視野に入れた展開も本格化しています。長年続いてきたナベヤのストーリー。今後も、まだまだ続いていきます。

仕事内容

僕が作ってます!!

当社の技術職が他社と違うところは、あらゆる工程に一貫して携われるところ。最初はただの鉄くずがひとつの完成品へと生まれ変わっていく。完成したときはとても感動しますし、製品に対する愛着と自信も生まれます。変種変量の時代となり、製品ひとつひとつ違いがあってとても難しいですが、それだけにモノを作るやりがいを感じられるのも事実です。大手メーカーと対等に付き合うために、常に最新の設備やソフトを導入しており、技術者にとって絶好の環境があります。

社風・風土

上司を役職ではなく「~さん」と呼ぶ。仲が良いって素晴らしい。

ギスギスした人間関係ってイヤですよね。ナベヤは、それとは正反対。とにかく仲睦ましい社風です。普段から、コミュニケーションは活発。部署内はもちろんのこと、部署間を越えてBBQをして親睦を深めることも。イベントも盛りだくさんで、ぶどう狩り・イチゴ狩り・みかん狩りやボウリング大会、ヤナへ鮎料理を食べに行くなど、家族参加で盛り上がります。上司に気を遣うこともなく、何でも相談できる間柄。「~課長」「~部長」ではなく「~さん」と呼ぶほど、親しみの持てる存在です。社員同士の信頼関係は厚く、それは仕事でも発揮されます。高い技術だけではなく、抜群のチームワークも、ナベヤの製品を生み出すのに欠かせない力です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

営業部門・設計開発部門・生産管理部門・機械加工・検査部門・といった職種を募集します。
当社が誇る伝統のノウハウをじっくり学んでいただきながら、
ニッポンの産業発展に欠かせないナベヤの製品を開発・製造・販売していただきます。
いずれの職種においても「若いうちから自分の裁量で仕事ができる」ことが当社の特徴。
自ら積極的に考え、行動し、ナベヤの未来を担ってください。

会社データ

事業内容 精密治具・治具材料・治具部品・精密マシンバイス・精密検査用定盤・横バイス各種・制振装置・梵鐘の製造および販売
設立 大正12年6月15日(創業:永禄3年/1560年)
資本金 9800万円
2億2000万円(岡本・ナベヤグループ)
従業員数 351名
売上高 73億3000万円(平成29年8月期実績)
代表者 代表取締役社長 岡本 知彦
事業所 ■本社工場
〒500-8433 岐阜県岐阜市若杉町25
※製造部、技術部、製品技術部、制振技術部、営業部
  素形材営業部、経理部、総務部
 
■工場
糸貫工場 岐阜県本巣市屋井字神明130-1
各務原工場 岐阜県各務原市山脇町7-131

■営業所
東京営業所、大阪営業所、中部営業所、九州営業所、仙台営業所、北関東営業所
関連会社 株式会社岡本
株式会社ナベヤ精機
株式会社ナベヤトレーディング
株式会社サンアイ岡本(リフォームナベヤ)
株式会社ミクロデント
株式会社ナベヤ製作所
ERON_TOOLING_Pre.Ltd.(シンガポール)
拓塞尓国際貿易(上海)有限公司(TOP-CEL INTERNATIONAL TRADING(SHANGHAI)
ナベヤ瓦版 其の一 ■鋳造(ちゅうぞう)って一体何なの?

鋳造とは、金属を加工する方法の一つです。

鋳造に必要なものは、「溶けた金属」と「造りたい形状の型」のみ
この二つがあれば作れてしまう、非常にシンプルな技術です。

≪作り方≫
1.金属をドロドロの液体状になるまで高温で溶かします。
2.砂で型を作り、その中に溶けた鉄を流し込みます。
3.その後、冷えた金属を型から取り出します。

この1-2の工程をまとめて「鋳造」と呼び、3の工程で取り出した金属を「鋳物(いもの)」と呼びます。

非常にシンプルな作り方だけに、メソポタミア文明の頃から使われている伝統的な技術です。
実は現代においても皆さんが普段目にしないところで、鋳造の技術は幅広くモノづくりに利用されています。
ナベヤ瓦版 其の二 ■治具(じぐ)っていったい何?

治具とは簡単にいえば、素材に穴をあけたり削ったりする加工や、
部品を組み合わせる組立の際に、素材や部品をがっちりと固定して、
同じ位置からずれないようにするための道具です。

代表的なものとして皆さんの多くが目にしたことがあるのが「万力」です。

「万力」、、、、

こう聞くとなじみがないように思いますが、
工作室や技術室などの机の端のあたりにくっついていた「アレ」と言えばわかりやすいでしょうか。
ハンドルを回すと、口が閉じたり、閉まったりする「アレ」です。

古くからモノづくりの現場においては必要とされているものですが、現代においてもその姿を変え、
ナベヤの『治具』はなくてはならないものとして、モノづくりの現場から愛されています。
ナベヤ瓦版 其の三 ■「ナベヤ」ならではの製品は?

今年で創業458年の当社ですが、最も特徴的な製品が「梵鐘(ぼんしょう)」でしょう。

長きにわたって鋳物を扱ってきた当社ですが、1560年の創業以来、唯一造り続けている製品こそが梵鐘です。
梵鐘といわれると、またなじみがないように思いますが、もっとわかりやすく言ってしまえば、お寺の鐘です。

皆さんになじみのある場所では、岐阜城の「時の鐘」や名古屋の「大須観音」の梵鐘は、
かつてのナベヤの鋳物職人によって造られたものなのです。
ナベヤ瓦版 其の四 ■創業当時、織田信長にお願いされたこと。

戦国時代、金華山のふもとで創業したナベヤ。

当時の鋳物づくりは薪を燃やして鉄を溶かす「たたら製鉄」と呼ばれる方法。
その際に立ち上る煙を見て、かの織田信長から
「鋳物の煙が敵の狼煙(のろし)発見の妨げになるため、移動せよ」と命があったようです。
その命を受け、鋳物工場を移したという逸話が残っています。
ナベヤ瓦版 其の五 ■改善サークル大活躍
品質・納期にこだわるナベヤは、各部署でサークルを設け「効率改善」に向けて取り組んでいます。
製造工程において、どんな些細なことでも改善策を見つけたら提案書にて報告。
1件につき200円が、各サークルにバックされます。
より高品質かつ短納期の生産体制を実現へ向け、積極的な改善活動を行っています。
なお、効率改善のみならず、現在は安全衛生の観点からも含めて取り組んでいます。
沿革 1560年 :金華山の麓にて創業

1567年頃:織田信長より、
       「鋳物の煙が敵の狼煙(のろし)発見の妨げになるため、移動せよ」と命があり、
       現岐阜県庁のあたりに鋳物工場を移転させる。
       以後、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康らの庇護を受けながら岐阜の地で、
       すき、くわなどの農工具の刃物や、梵鐘を製造する。

1668年 :このころ、朝廷・大名より「御鋳物師」の免状を賜り、
       選ばれた鋳物屋として献上品としての鋳物を鋳造していた。
         ※「御鋳物師」の免状とは?
           全国の鋳物屋のうち、108の鋳物屋にのみ許された特別な鋳物屋の証
           この免状がないと、朝廷や大名に鋳物を納めることが許されなかった。

1880年:濃厚銀行(某地方銀行の前身の銀行)設立

1890年:岐阜商工会(現 岐阜商工会議所)設立

1894年:岐阜電気株式会社(某中部地区電力会社の前身)設立

これ以外にも、美濃電気鉄道(某鉄道会社)、岐阜ガス(某エネルギー会社の前身)の要職を
            務めるなど岐阜地区の産業活性化のために奔走

1923年:株式会社岡本鋳造所 (現 岡本)設立

1931年:海外向けに鍋や釜などを製造販売する

1935年:軍需工場として武器の製造を行う

1945年:戦後は梵鐘の依頼が多く舞い込み、以来800口以上製作する

1947年:株式会社鍋屋鋳造所(現 ナベヤ)独立

1962年:岡本は公共用品・ナベヤは作業工具を事業の柱にしていく

1962年:日本水道協会認定取得

1970年:ナベヤ精機独立

1979年:精密マシンバイス・治具製造販売開始

1992年: (株)ナベヤ 糸貫工場設立
      精密加工工場として、稼働開始

2002年: (株)ミクロデントがグループ化

2005年: (株)サンアイ岡本がグループ化

2016年: (株)ナベヤ製作所がグループ化                    

2016年:(株)岡本 薪ストーブ AGNI がグッドデザイン賞W受賞

2017年 :(株)岡本 特殊加工工場を設立
       (株)ナベヤ 糸貫工場の大幅リニューアルに着手

連絡先

何かわからないことがあれば下記まで気軽にご連絡、ご相談くださいね!

〒500-8433 
岐阜県岐阜市若杉町25番地
株式会社ナベヤ
総務部 佐竹将昭
TEL:058-271-6301(総務部 直通)
MAIL:msatake@ons.co.jp
掲載開始:2018/03/01

株式会社ナベヤに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ナベヤに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)