新田ゼラチン株式会社
ニッタゼラチン
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
食品
化学/その他製造
本社
大阪
エントリーはこちらから!エントリーはこちらから!
  • 文系向け
  • 理系向け

私たちはこんな事業をしています

当社はゼラチンを中心に関連商品の製造販売をおこなっている企業です。
ゼラチンの国内のシェアは約60%と、国内トップメーカーでもあります。

お客様や時代のニーズに応えることで食用としてだけではなく、幅広い分野における製品の開発をおこなっています。

近年では医療の分野でも応用開発を進め、ゼラチンの可能性を見出しながら未来を拓き社会に貢献している企業です。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

国内シェア1位のゼラチンを基軸に、多彩な製品を製造・販売!

ゼラチンって食用だけではないって知っていますか?ゼリーやプリンなどの食品はもちろん、写真フィルムや薬のカプセル、サプリメントや化粧品、接着剤など実に様々な製品に使用されているんです。ゼラチンの国内トップシェア60%を誇る私たちは、それらの原料調達から研究開発、製造、販売まで一貫して自社で手がけています。さらに、ゼラチン製造で培った独自技術を活用し、コラーゲンや健康食品向けコラーゲンペプチド、ソーセージの皮「ケーシング」などの製品開発にも積極的に取り組んできました。また、iPS細胞を用いた網膜再生で私たちの開発した細胞培養用コラーゲンが使われるなど、再生医療分野でもその存在感を高めています。

仕事内容

高い技術力で獲得した実績と信頼で、新たなニーズを形にする。

最前線でニーズを掴み、お客様の売上拡大に貢献する。それこそが営業が担う重要な役割です。品質改良や新製品開発などそのニーズは多岐に渡りますが、何よりも大切なのは「お客様が何を実現したいのか」をしっかりと捉えること。私たちの営業の強みは、社内の開発部隊と連携し、要望以上の付加価値を伴った提案を自信を持って実現できる点にあります。難易度の高いオーダーに対しても高い技術力によってソリューションを積み重ねてきた実績、そこで獲得した信頼がお客様に選ばれる大きな理由となっているのです。さらに、国内外の開発・生産設備のエンジニアリングを一手に担う設備設計も大きな役割を果たしています。

社風・風土

既成概念を疑い、まだ見ぬ顧客へアプローチしていきたい。

現在力を入れているのは、既存のお客様の潜在ニーズ掘り起こし。しかし、本当に目指す姿とは正直まだまだギャップがあります。成し遂げたいのは、例えばこれまでにまったく縁の無かった業界のお客様にゼラチンやコラーゲンが活躍する場を見い出し、積極的にアプローチを図っていく新規開拓。私たちの製品と技術はより多くの分野で展開可能なポテンシャルを秘めているはずです。海外売上比率50%以上のグローバル企業である強みも含め、活用できるリソースは潤沢にあります。新しい分野への果敢な挑戦こそ、新田ゼラチンの歴史でありDNA。既成概念を疑い、自ら道を切り拓く面白さを感じられる営業スタイルをこれからさらに推進していきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■営業(国内・海外)
 日本国内および海外のお客様に対する企画・提案・営業活動など
■設備設計・エンジニアリング(国内・海外)
 日本国内および海外の製造工場の効率化や自動化のための新設備の企画・立案
 各種設備の導入・メンテナンス・保守点検 など

会社データ

事業内容 食用、医薬用、写真用ゼラチンの製造・販売。
コラーゲンペプチドの製造・販売。
コラーゲンケーシングの製造・販売。
化粧品用、生体材料用、生化学用コラーゲンの製造販売。
ゲル化剤、安定剤等の食品用製剤の製造・販売。
包装用、製本用、建材用、衛材用接着剤、高機能樹脂シーリング材の製造・販売。
設立 1945年2月1日
資本金 3,144,929,440円
従業員数 単体:250名 (2017年3月末現在)
売上高 単体:229億円 (2017年3月期)
代表者 代表取締役社長 尾形 浩一
事業所 【本社・大阪工場】
〒581-0024 大阪府八尾市二俣2丁目22
【東京支店】
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2丁目8-12
【大阪支店】
〒556-0022 大阪市浪速区桜川4丁目4-26
沿革 1918年(大正7年)1月 日本で初めて欧米式の新しい工業的手法を導入し、ゼラチン・にかわの製造を開始
1945年(昭和20年)2月  新田膠質工業株式会社を設立
1960年(昭和35年)4月 商号を新田ゼラチン株式会社に変更
1968年(昭和43年)2月  彦根ゼラチン株式会社を設立(現 連結子会社)
1975年(昭和50年)4月  Nitta Gelatin India Ltd.(インド)を設立(現 連結子会社)
1979年(昭和54年)7月  Nittta Gelatin NA Inc.(米国)を設立(現 連結子会社)
1982年(昭和57年)4月  ボスティック・ニッタ株式会社を設立(現 関連会社)
1990年(平成2年)5月  Nitta Gelatin Canada, Inc.(現 連結子会社)
1996年(平成8年)8月  Nitta Casings Inc.(米国を設立(現 連結子会社)
1998年(平成10年)5月 Bamni Proteins Ltd.(インド)を設立(現 連結子会社)
2004年(平成16年)4月  新田ゼラチンフーズ株式会社を設立(現 連結子会社)
2004年(平成16年)9月  株式会社ニッタバイオラボを設立(現 連結子会社)
2004年(平成16年)12月 Nitta Gelatin Holdings Inc.(米国)を設立(現 連結子会社)
2009年(平成21年)7月 Reva Proteins Ltd.(インド)を設立(現 連結子会社)
2010年(平成22年)12月 広東百維生物科技有限公司(中国)を設立(現 関連会社)
2011年(平成23年)9月 上海新田明膠有限公司(中国)を設立(現 連結子会社)
2012年(平成24年)3月 Nitta Hong Kong Ltd.(中国)を設立(現 連結子会社)
2012年(平成24年)9月 北京秋実膠原腸衣有限公司(中国)を設立(現 関連会社)
2013年(平成25年)1月  Nitta Gelatin Vietnam Co., Ltd.(ベトナム)を設立
2016年(平成28年)8月 Vyse Gelatin, LLC(米国)を設立(現 連結子会社)
ホームページ http://www.nitta-gelatin.co.jp/

連絡先

大阪府八尾市二俣2-22
新田ゼラチン株式会社
総務部
TEL072-949-5386
掲載開始:2018/03/01

新田ゼラチン株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

新田ゼラチン株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)