株式会社ハマダ
ハマダ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社ハマダ

自動車部品メーカー・医療機器メーカー
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
輸送機器
自動車/医療機器/金属製品/非鉄金属
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

●広島勤務限定;理系が活躍中●

エンジン・ブレーキ・ミッション・車軸など自動車の重要な部分を構成する部品の精密加工に携わっています。
特に球体加工技術を得意技とし、この技術を応用し人工関節の開発を行ってしています。

切削加工のラインナップとしては、鋳物・鍛造・鋼材・アルミ・ステンレス・セラミックス等あらゆる素材。
セラミックスや耐熱合金など加工が難しいとされる素材の球面加工を得意としています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

球面加工から人工関節、広がり続ける展開の可能性

当社では以前、自動車分野での需要に合わせて「球削り専用機」を製造・販売していました。そのノウハウを展開して何かに活かせないかと考え、行き着いたのが「人工関節の製造」という新事業です。人体の代替を果たす人工関節には1/1000mm単位の精度が要求され、また真球ではなく微妙な歪みを再現するという技術的にも高いハードルが存在していました。しかし試行錯誤と試作を繰り返し、長い時間を掛けて製品化に成功。自動車部品製造で培った品質管理・生産効率化のノウハウを武器に、今後は国内のみならず、海外市場に向けても積極的な展開を狙います。また航空機部品の製造にもチャレンジしようとしています。新たな可能性のタネは尽きません。

事業・商品の特徴

生産性の追求から展開した、全方位への自社技術蓄積

自動車部品を中心とする、切削・研磨などの機械加工。当社の手掛けるこの事業領域には、精度とともにスピード・生産量への対応力が求められます。いかに効率的に、高品質の製品を作り出していくか。生産性の追求は、ハマダにとっての生命線でもあるのです。私たちはこのテーマに「先端技術の導入」という方法で応えました。工程内の搬送にはロボットを導入。品質チェックにはカメラの画像処理による判定システムを採用。可能な限り自社内で自動化設備を構築するとともに、細かな製品仕様の変更に対応するため「治具」の社内製作体制まで確立。加工・機械・システムと様々な分野に及ぶ社内技術の蓄積は、当社の大きな「強み」になっています。

社風・風土

恩返しの連鎖が生んだ「奇跡的な」アットホームで「離職率0%」

ハマダの人材育成は実践型。新入社員はまず、現場研修として一ヶ月ずつ社内の全部署の実務を経験し、自分の適性に応じて各部署への配属が行われます。20代~30代のメンバーが多い当社では、ほとんどの場合この現場研修の間に、新人が自然と周囲に溶け込んでしまいます。先輩たちも皆「入社時には周囲の人に支えられた」経験者。今度は俺が支える番!とばかりに、あらゆる面でサポートしてくれます。この恩返しの連鎖が当社の社風のバックボーン。部署もキャリアも問わず、みんなが顔なじみ。とことん面倒見が良く、誇張ではなく会話と笑い声の絶えないアットホームさ。「直近5年間で離職率0%」を誇るこのムードは、私たちの財産でもあります。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

入社後、約半年は各部署にて体験を兼ねた研修を受けて頂きます。

研修修了後、適性に応じて各部署に配属となります。
募集職種は、【技術職】として生産技術・設計、品質保証があります。

会社データ

事業内容 当社は、自動車部品を中心に鋳物、鍛造、鋼材、アルミ、ステンレス、セラミックスの切削加工、パイプ材の成型加工を行っています。

エンジン・ブレーキ・ミッション・車軸など自動車の重要な部分を構成する部品の精密加工に携わっています。
特に球体加工技術を得意とし、現在はその技術を応用して人工関節の開発にもチャレンジしています。
設立 1953年 4月
資本金 3,000万円
売上高 21億2300万円(15年4月期実績)
代表者 代表取締役社長 濱田忠彦
従業員数 178名(16年11月1日現在)
事業所 ●本社・府中工場(広島県安芸郡府中町)
●八本松工場(広島県東広島市)
沿革    1946年
   株式会社日本製鋼所広島製作所の協力工場として初代社長濱田義明が浜田鉄工所を創立
   1953年
   浜田鉄工所を資本金100万円の株式会社に組織変更
   1961年
   広島県賀茂郡八本松町(現東広島市八本松町)に八本松工場を建設に着手、同年11月に完
   全操業する
   1961年
   専用工作機械の製作販売を開始する
   1966年
   株式会社田中精機を吸収合併し拡充増強を計る
   1966年
   11月 新社屋設立
   1969年
   当社資本金1,500万円に増資
   1979年
   第2代目社長に濱田博三就任
   1989年
   マレーシアに合弁会社TRIMを設立
   1990年
   八本松工場増設
   1991年
   株式会社ハマダに社名変更
   2001年
   ISO 9001 2000/JIS Q 9001:2000 取得
   2002年
   ISO 14001 1996/JIS Q 14001:1996 取得
   2005年
   第3代目社長に濱田忠彦就任
   2008年
   当社資本金3,000万円に増資
   2009年
   平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援事業にて、『人工股関節の耐摩耗性に優れ
   た形状の創出』が採択
   2011年
      医療部品の製造を開始
   平成23年度民間企業の研究開発強化及び実用化支援事業にて、『金属製人工股関節の耐
   磨耗性向上のための窒化処理技術と表面加工技術の開発』が採択
   2012年
   平成24年度広島県生産技術革新支援補助金にて、
   『人口股関節部品の研磨・磨き工程での設備導入及び生産ラインの見直し』が採択
   2012年
   平成24年度国内立地推進事業費補助金にて、
   『エコカーに搭載される変速機用部品の生産ライン構築』が採択
      2014年
   医療機器製造業許可、第二種医療機器製造販売業許可を取得
認定資格 ISO 9001 2000/JIS Q 9001:2000 取得
ISO 14001 1996/JIS Q 14001:1996 取得
医療機器製造業許可
第二種医療機器製造販売業許可
主な取引先 株式会社音戸工作所
倉敷化工株式会社
トーヨーエイテック株式会社
ナカシマメディカル株式会社
広島アルミニウム工業株式会社
マツダ株式会社
ヨシワ工業株式会社

(50音順)
平均年齢 37.76歳(2015年11月1日現在)
有資格者 ●技能検定(2015年11月1日現在)
   機械加工(普通旋盤作業)
      2級:6名
   機械加工(マシニングセンタ作業)
      1級:4名
  機械加工(マシニングセンタ作業)
      2級:1名
   機械加工(数値制御フライス盤作業)
      1級:1名
   機械加工(数値制御施盤)
    2級:2名
   機械加工(数値制御施盤)
    1級:2名
   機械検査
      2級:8名
   機械保全
    2級:3名

●電気工事士(2015年10月現在)
      第1種:4名
      第2種:4名

今後、これらの資格等の取得に力を入れていく考えです。
経営理念 ●使命     「世界を発振させる 者創り、物創り」

●行動指針  「繊細な感性で、大胆な行動力」
社是(3T-SPRITS) ●THANK(感謝する)
  皆様のおかげであるという感謝の気持ちを忘れない

●THINK(考える)
  物事について深く掘り下げて考える
  人間の考え方が進歩すれば、問題解決は容易である

●TRANSFORM(変化させる)
  社会の変化に応じて自らを変化させる
  改善は、現状を変化させることから始まる
使命は「世界を発振させる者創り、物創り」です。 当社は、自動車部品を中心に鋳物、鍛造、鋼材、アルミニウム、ステンレス、セラミックスの精密機械加工を主とし、パイプ材の成型加工を行っている会社です。

「世界を発振させる者創り、物創り」を使命として、また「繊細な感性で、大胆な行動力」をもって、つねに世界で通用するものづくりを心がけています。

そのために、感謝の気持ちを忘れないこと(THANK)。物事については、深く掘り下げて考えること(THINK)。そして、社会の変化に応じて自らを変化させること(TRANSFORM)。これら「3T-SPIRITS(3T-精神)」を行動規範に定めています。こうした姿勢が、私たちのエネルギー源になっているのです。
独自の技術力と開発力でオンリーワン企業を目指しています。 自動車業界では、戦後の「作れば売れる時代」から、消費者の好みに合わせたサービスを提供しなければ生き残れない時代となりました。

当社も、独自の技術力でオンリーワン企業となるべく尽力しています。
また、自社製品の開発にも注力。当社の技術力を結集した球面技術の再開発は、医療関係や、IT関係など自動車以外での試作の依頼を受けており、世界No.1技術へと挑戦する領域です。

これからも自動車産業に主軸を置き、地域社会から親しまれる企業を目指していきます。
社長メッセージ 1953年の設立以来、当社は自動車部品の加工を中心に事業を展開してまいりました。

自動車業界も今やハイブリッド・電気自動車をはじめとした、次世代自動車の開発が進み変化している中、将来ビジョンを3つ掲げ、目標に向かって努力をしております。

1.50億円企業へ(現21億円)
2.自社製品の構築
3.海外事業展開

当社は社会・環境の変化に対応し、絶えず変革・革新を続けながら、ものづくりを通して社会に貢献し、企業として成長することを目標としており、その為には人づくりが大切だと考えております。

当社の経営理念は、『 世界を発振させる 者創り、物創り 』としており、教育に力を入れながら、働く喜びや楽しさを肌身で感じる社風をつくるように取り組んでおります。

一方、自動車分野以外としては、人類の高年齢化に伴い人工股関節の長寿命化が求められている為、この分野を大学と連携しながら研究開発に、取り組んでおります。

社会で信頼される企業であると伴に、従業員が夢と希望を持ち活き活きと働く企業であり続けたいと思っております。
業績が良いからこそ、着実に次の一手を。 15~20年の中期計画で今後の戦略推進として具体的に以下を決め、推進しています。

(1)売上高50億円、(2)開発中の腸の手術時に使う医療機器「タバコ縫合器」=試作品=の実用化、(3)東南アジア地域への海外展開を目指します

【具体的活動】



(1)年々増加する生産拡大需要に応え、自動車部品の主力である八本松工場は、増産でラインを増設。テント倉庫に代え、工場転用可能な倉庫棟を新築します。

(2)タバコ縫合機※を病院で実証試験を経て実用化を目指します
※ステンレス製で、長い針の先端に手術糸を付け、ワイヤーで先端の開閉・曲げを行い、腸をはさんで縫合する仕組み※

既に九州大の教授の協力で原型製造を完了し、動物実験も行いました。

本社工場内に医療機器を製造するための製造所を設け、医療機器製造業許可と第2種医療機器製造販売業許可を取得。
ハマダブランド1号製品として、手術時に骨を削るステンレス製医療用ヤスリ「ラスプ」の販売を開始。16年には医療機器や自動車関連部品の研究開発を行う開発部(10人)も設けました。

(3)海外展開は、5年以内に東南アジアの現地企業と合弁企業を設立し、技術供与を予定しています。60歳定年後のベテラン社員を技術指導役として海外派遣も検討。現地の技術伝承を急ぎ、現地生産を強化していきます。
ホームページ http://www.kk-hamada.co.jp/index.html
Facebook 株式会社ハマダの様々な情報をお届けするために、Facebook始めました。

https://www.facebook.com/hamada1953.pr/

連絡先

管理部  総務・人事課
松村

〒735-0029
広島県安芸郡府中町茂陰1-9-41

 TEL:082-281-6341
 FAX:082-285-0531
 E-mail:soumu@kk-hamada.co.jp

 ※受付時間8時~17時(土・日は休み)
掲載開始:2018/03/01

株式会社ハマダ に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ハマダ に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)