株式会社システナ
システナ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社システナ

東証一部/スマホ/web/金融/クラウド/人工知能(AI)/商社
  • 会員制ページ
  • 株式公開
  • 正社員
業種
インターネット関連
ソフトウェア/商社(事務機器・OA関連)/コンサルタント・専門コンサルタント/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社
東京
残り採用予定数
20名(更新日:2018/07/13)
  • 文系向け
  • 理系向け

私たちはこんな事業をしています

★夏採用実施中★
■ 創立36年、グループ総勢3000名超え、売上高500億円へ。
いかなる時代の流れも予見し、成長を続けた当社は、モバイル・Web・クラウドなどのITフィールドを越え、自動車・航空・宇宙といった主要インフラ領域まで展開。「あらゆるモノがネット化する」未来を見据え、ITトータルソリューションを提供、幾多もの成功実績を誇ります。

システナTVチャンネル↓
https://www.youtube.com/user/SystenaOfficial

当社の魅力はここ!!

企業理念

デジタル社会を、幸せな社会へ。

ITはもっと人に優しくなれるはず。私達はそんな想いを持ってIT社会の進化と浸透を推進する、ベンチャースピリットあふれる東証一部上場企業です。社会がITにより急速に利便化し多くの常識が覆されていく一方で、不適切に使用されるケースも絶えません。便利なはずのIT社会もまだまだ不安定ですが、IoT・スマートシティへの変革を期に「ITを通じた人と人との触れ合い」がよりシームレスに進化し、顔を合わせるようにお互いを気遣えるようになれば、ITは時空を超えた素晴らしいツールとなるはずです。そんな社会を実現することがシステナの使命。もっと楽しく、優しく、温かいIT社会の実現を目指し、常に社会から必要とされる企業であり続けます。

魅力的な人材

お客様からの「圧倒的な信頼」、それがシステナの真の強さ。

国内最大手メーカーと共に行うハイエンドなモノづくりも当社の特徴の一つ。常に時代の最先端の開発を行う為、当然事例や資料もなく日々トライ&エラーの繰り返しです。それでもチャレンジ精神を貫きお客様と向き合い続けた結果、私たちは日本を代表する大手企業と信頼関係を築くことができました。この仕事において大切なのは皆さんがどんな夢を持ち、自分はどうなりたいのかヴィジョンを持っていること。そしてそれを素直に発信できる「まっすぐな姿勢」です。要領を得なくても、つたなくても構いません。借り物ではなく自分自身の言葉で、あなたの事を教えてください。失敗や挫折に躊躇する必要はありません。それがあなたの強さなのですから。

技術力・開発力

システナが歩むのは、数歩先の未来。

果敢な挑戦と先見性を評価され、日本を代表する主要メーカーや大手通信キャリアとのパートナーシップを通じ、国内屈指の技術力を有する当社。現在はアメリカとベトナムの子会社を経て世界へ進出しています。主軸のスマホ・モバイル制御技術を活かして自動車・ロボット・IoT・宇宙開発等の領域へシフト、自動運転システムやIoT・ドローンのビジネス活用など、常に先を見据えた開発に注力。またアメリカ現地のアライアンスによるIoTプラットホームの独占契約や、ロボティクスオートメーションによるAI導入、果ては人工衛星システムまで、グローバルデジタル化する日本経済を基礎から支えています。私達は常に10年先を見据え、時代の先を歩みます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■システムエンジニア
身近なITシステムの開発に携わって頂きます。全てのモノがネットに繋がるIoT・クラウド社会への貢献を通じ、将来はスペシャリスト・プロジェクトマネージャなど様々な分野で活躍可能です。

■法人営業
4000社を超えるお客様とのコミュニケーションを軸に、ビジネスに不可欠となったITソリューションを社会に広めていく仕事です。その多くは誰もが知る大手企業、日々がやりがいに満ちた環境です。

会社データ

私たちが目指しているもの グループ総勢3000名以上の東証一部上場企業。
しかし私たちが目指しているものは、「大手企業」ではありません。

海外にも事業を伸ばし、国内の主要大手企業を含む直接取引が9割以上。事業の広さや売り上げ実績など、企業の概要だけ見ると、堅実で安定した会社に見えるかもしれません。
しかし実際には、新しいことへの挑戦を続ける、ベンチャースピリットを大切にするシステナ。個々の意見を尊重し、上司・部下関係なく誰もが自分の夢や目標を語り合えるIT企業です。
システナが大切にしていることは、「現場の声を、ありのまま経営陣に伝える」こと。
現場の声と企業のTOPが持つ経営知識や経済情報を組み合わせて、経営方針を決めているのです。
また、今後の事業展開や決まった方針は、経営陣からもすぐに社員へ伝える仕組みを形成。社員一同が同じ目標に向かって進める組織を作っています。

そのため、「仕事で培った知識を後輩に伝えたい」「将来は自分もシステナの経営に携わりたい」「お客様に喜んでもらえるよう、もっと技術を磨きたい」と、多くの社員が自らの成長を望み、その能力を使って社会へ貢献したいという熱意を持って活躍しています。
システナが見つめる未来の姿。 IoTの技術において、アメリカは日本の5年~10年先を歩んでいると言われています。
そのため、現在、私たちはアメリカの子会社を通じ、現状を調査・確認し、技術を吸収。
日本の本格的なIoT時代到来の際、最先端で切り開く準備を進めています。

―――◆道路が車を動かす時代へ
A地点からB地点まで自動車が道を選び、完全な自動運転を実現させるには、自動車と地図情報の連動が不可欠。しかし、地図情報は工事や事故による車線数減少・通行止めなど、急な道路状況の変化に対応できません。
そのため、自動車が自動で道を選び、目的地まで到着することは難しいと考えられています。
しかし、もし道路そのものが交通情報を発信できるとしたらどうでしょう。
エリアに入った自動車に道路が交通情報を伝えれば、道路が車をコントロールして目的地へ到着させることができます。
このように発想の転換がなければ、日本のように国土が狭い国で安全に自動車を走らせるのは難しいでしょう。自動運転は今後、交通システムの一部になると予測されます。
我々は、次世代交通システムの開発の最先端に立つため、現在、エンジンの制御や、運転支援システム等の開発を積極的に行い、自動車制御のノウハウを収集。着実に技術力を高めています。

―――◆世界の大手企業が認めた認証技術をスマートフォンに
近年注目を集めているのがパスワードに依存しない次世代認証「FIDO」。
サーバーに一切の個人情報を送らないこの技術は、安全性の高さから世界の中央銀行、大手金融機関など世界の大手企業で注目されています。
我々はこの認証技術を持ったアメリカの企業と事業提携し、日本独占販売契約を締結。今後、FIDO認証をスマートフォンに導入することで簡単・安全なアプリケーションを利用できる環境を作ります。

技術とは常に更新されていくもの。その中で我々が成長するためには、一つの技術にこだわるのではなく、時代のニーズにこだわる必要があります。
未来を見つめ、事業の方針・方向性を決め、時代のニーズに合った企業と提携し、システナは幸せなデジタル社会を築いていきます。
戦略的な事業成長 一つの事業を集中的に伸ばすIT企業が多い中、当社は全く逆の戦略をとっています。

当社の柱となるのは「組込み・制御系(自動車制御、IoTデバイス、ロボットなど)」
「Web・インターネットシステム」「移動体通信システム」「金融・Fintech」の4事業。売上比率はすべて20%前後。これには戦略的な理由があります。
この4事業はITが社会に浸透していく上で必要な技術。先行して技術・ノウハウを蓄積することでこれからの世の中をリードできるのです。

たとえば、電子マネー、仮想通貨のシステム開発を行う際は「Web・インターネットシステム」と「金融・Fintech」のノウハウを融合させることが必要です。
これは一つの例ですが、組み合わせ次第でこれからの時代のニーズにいち早く応えられます。

私たちは企業、人々、日本、そして世界中に必要とされる存在であり続けるために、意義のある事業成長バランスを取り続けます。
事業内容 システムインテグレーターとして私達の身近にある最先端のITシステム開発や、法人向けPCソリューションに関わる機器販売から、お客様のIT運用サポートを行うサービス事業まで、幅広く展開しています。

◆システム開発事業◆
スマートフォンのキャリア標準アプリやコンテンツの開発、メーカー向け新規技術提案を中心としたコンサルティングに加え、自動車における自動運転技術や、ロボットなど様々な組込み系ソフトウェア開発、そして業務系・Web系システムや金融系システム開発まで...。
私達の生活に欠かせない社会基盤とも言うべきシステムを支え、その技術革新を担うコアとなるポジションを事業としています

◆ソリューション営業◆
企業向け各種IT製品(PC、サーバー、ネットワーク・周辺機器、ソフトウェア等)の販売や、
ITソリューションの企画・提案など、あらゆる「システム」「サービス」「商品」を提供します。
顧客は日本を代表する有名大手企業や外資系企業、優良ベンチャー企業など、延べ4000社以上と取引をしており、お客様のITライフサイクルに合わせてIT環境の企画・マネジメント、様々な業界の企業の収益向上、コスト削減などを実現する仕事です。

◆ITサービス事業◆
国内大手企業や外資系企業を中心にヘルプデスクやITインストラクションといった各種ITサポート業務、IT事務・システム保守・運用など、お客様のIT、そしてビジネスを様々な形で支えています。
外資系のお客様の場合などは、英語を活用できるチャンスも有り、様々なスキルを活かせる業務です。

◆クラウド事業◆
ビジネス向けクラウドアプリ『cloudstep』に加え、データを蓄積・分析し事業拡大の実現に繋げるクラウドデータベース『Canbus.』もシステナ独自サービスとして提供しており、クラウドサービスである『GSuite』や『Microsoft Office 365』を組み合わせて、お客様の社内システムをクラウド化するコンサルテーションを行うと共に、パブリッククラウドでは実現できないサービスをプライベートクラウドで提供しています。

当社は「IT」や「IoT」という言葉が使われる前から、通信による情報技術の発展と普及の時代の到来を予見。事業分野をこれらIT関連のシステムに集中させ、技術者を育成してきました。

その豊富な経験を通して蓄積した技術とノウハウを強みとし、今後も大きな成長を見込める「高速データ通信」と「インターネットソリューション」の分野で情報化社会を支えていきます。
システナの経営理念 ~デジタル社会を、幸せな社会へ~
心に残る仕事を通じて、
  お客様に愛され、
   社会に親しまれ、
    日本のあしたにエナジーを!

システナは本当の意味でお客様や社会に必要とされる存在となり、お客様の事業の成功と社会インフラの整備をIT技術で支えていくことで、日本経済発展のために貢献したいと考えています。
システナ成長の“カギ” 当社では、企業が成長し発展するためには、以下の3つの要素が必要と考えています。

●成長するマーケット(市場)を選択すること
マクロ的に大きな成長が見込める分野を選択し、その中で核となる技術やノウハウを集中的に持つと共に、次世代のマーケットを常に検討しながら業務展開する先見性が必要です。
●シェアを伸ばす戦略を立て、実行すること
技術革新が早いIT業界においては、月次・週次で事業戦略を練り直し、常に効果的な手段・方法で事業を進めていくことが必要です。
また、その戦略を直ちに実行するだけのスピードが必要です。

●優秀な人材を採用し、育成すること
企業が成長していくうえで最も重要な要素は社員の力です。
「優秀な人材」とは、単に「能力や知識、経験がある人」を指すのではなく、当社では、たとえ困難な目標にも立ち向かう意欲を持った「ポジティブな社員」を言います。
当社は、社員が自分自身の成長の喜びと共に、顧客や社会に対して貢献する達成感や満足感を得ることができる企業を目指しています。
そのため、社員の育成に力を入れ、技術やノウハウを社内に蓄積してきました。

また、人事評価や給与システムも、年齢・性別・学歴・入社年数など業務に関係の無い要素は一切排除し、全ての社員を公平・平等に職域や職責、業務プロセスで評価。
評価結果も本人に公開された上で面接を行うなど、透明性を高めてきました。

評価のポイントは、「スキル・成果・プロセス」の大きく分けて3つ。それぞれの役割やスキル・経験に合わせて比重を変えて評価しています。
特に最初の2~3年はプロセス重視の評価を実施し、長所、得意分野に合わせて仕事を任せるようにしています。

年に2回行う人事評価面談では、毎回半年後の目標を立てるようにしています。
そして更に、その目標を月毎にブレイクダウンした月報システムでは、上司全員がそれを見ることができるシステムを採用。
また、仕事上での意見・要望にも、改善するにはどうすべきか、などの意見を上司が必ずコメントし、成長を促進しています。
これからシステナ全体が一丸となって一人ひとりの成長に伴走し、日々技術者の育成、そして働きやすい職場環境の醸成に努めて参ります。
Welcome Claim Project! ■クレームは財産
お客様の夢を共有し、それを実現するのがシステナの目指すところ。
そのためにはプロジェクトでも「ここからここまで」と自分の業務に枠を設けるのではなく、お客様のことを誰よりも理解し、お客様の立場に立って考える姿勢を大切にしています。

その代表例が「Welcome claim project」と言う名称のプロジェクト。これは名前の通り、クレームを心から歓迎して受け止めること。
通常、"クレーム"というと、耳が痛いもの。しかしシステナでは、クレームは「改善していくためのチャンス」と考えています。

当社の営業が、積極的にお客様からクレームや要望がないかをヒアリングし、取締役を筆頭にその情報を社内で共有し、内容を詳しく分析・改善に向けての計画を立てます。
お客様からの改善点や要望を、あえてこちらから聞き出すことで、「お客様は何を求めているのか」「自分達に足りないものは何か」を常に考え、そして、その事実に自ら積極的に向き合い、私達システナの成長へと繋げていきます。

例えクレームがなかったとしても、細かな要望を聞き出すことで、これまで以上のサービスをお客様に提供することができます。「お客様はどうすれば喜んでくれるか」の視点を忘れずに取り組むことで、信頼関係を深めているのです。

「システナなら、頼んだ仕事をやるだけではなく、こちらの細かい要望にも応えてくれる」
という声をいただくことは非常に多く、この姿勢が評価され、更なる受注拡大を生み出しています。
キャリアアップは、チャレンジから ■キャリアはガンバリ次第です

初めにお伝えしますが、システナでのキャリアアップは入社後のガンバリ次第です。
30代前半にして大規模プロジェクトの責任者を任され、200人もの部下を率いている社員、
新しい技術の研究チームに抜擢された新人、年齢・学歴に関係なく、その方の能力と努力に見合ったポジション・役割を積極的に任せてきました。入社して6年以内で、経営に携わるようになった実績もあります。

挑戦には失敗がつきものですが、やる前からそれを恐れることはありません。
一度や二度失敗したからといって、キャリアアップの道が閉ざされる事もありません。

失敗は、成長している証拠。
「一度も失敗したことがない」というのは、「できる範囲のことしかやっていない」ということ。失敗を経験しなければ、いつまで経っても大きな成長はできません。
成長には、挑戦することが不可欠です。

しかし私たちは、いきなりあなたに、一人では背負いきれないほどの業務や責任を負わせることはしません。
失敗しても、先輩や上司、周りにいる仲間があなたを必ずサポートします。システナでは、挑戦しようとする人には何度でもチャンスを与えていきます。
目標とする先輩達と同じように、果敢にチャレンジして下さい!
仕事の厳しさ ――― ▼システムエンジニア
エンジニアという仕事は、“終わりよければすべて良し”ではありません。
スタートしてから、結果に結びつくまでのプロセスすべてが重要になってきます。
プロジェクトの中には、設計~納品まで2~3年かかるものもあります。
ですからまず、大前提として“モノづくり”が好きであることが大切。結果だけではなく、仕事の工程も楽しめる人であれば、常にモチベーションを高く持って取り組むことができます。

また、各プロジェクトはチーム一丸となって行います。エンジニア一人では決して成り立ちません。一人ひとりが自分の仕事と役割に責任を持ち、メンバーが互いに協力し、全員がその役割を全うできた時、初めてプロジェクトを成功させることができるのです。
その時にはきっと、大きな感動と成長を味わうことができるでしょう。

――― ▼法人営業
お客様とシステナとの架け橋となる営業職にとって、一番大切なことは、「どれだけ真剣にお客様と向き合い続けられるか」ということ。

お客様と共に、業界の一歩先を常に目指しながら、オピニオンリーダーとして、どれだけ自発的に行動できるか。ITライフサイクルのマネジメントを通して、日々お客様のビジネスを理解し、学び続けながら、「どうしたら喜んで貰えるか」を考え、お客様の想像を超える満足度を生み出すこと。
こうした積み重ねが、強固な信頼関係に繋がっていくのです。
システナのお客様は、ほとんどが大手企業。いずれあなたの仕事が何百万・何千万の人々に及んでいきます。

お客様と共に成長を続け、やがて日本のIT業界の一翼を担う存在となることを、期待しています。
創立 1981年2月
設立 1983年3月
資本金 15億1,375万円
従業員数 単体:2,416名/連結:3,210名(2018年4月1日現在)
売上高(連結) 543億2,000万円(2018年3月期実績)※対前年比117.4%
462億5,500万円(2017年3月期実績)
営業利益(連結) 51億7,000万円(2018年3月期実績)※対前年比140.0%
36億9,200万円(2017年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 三浦 賢治
自己資本比率(個別) 61.9%(2018年3月期)
事業所 本社  : 汐留ビルディング14F (東京都港区)
大阪支社: アプローズタワー18F (大阪市北区)
横浜事業所: 横浜ランドマークタワー23F (横浜市西区)
名古屋営業所(名古屋市中区)
札幌開発センター(札幌市中央区)
福岡開発センター(福岡市博多区)
広島開発センター(広島市中区)
子会社 株式会社ProVision
東京都ビジネスサービス株式会社
株式会社GaYa
株式会社IDY
株式会社インターネットオブシングス
Systena America Inc.
Systena Vietnam. Co., Ltd
システナの歩み ■2016年
4月:IoT、ロボット、Fintech、ソーシャルメディア関連の企画・開発・販売などのサービス提供を事業内容とする子会社「株式会社ストーン(現 株式会社インターネットオブシングス)」を設立

■2014年
9月:Systena Vietnam Co.,Ltd.をハノイ市に設立(連結子会社化)

■2013年
11月:Systena America Inc.をカリフォルニア州に設立(連結子会社化)
10月:名古屋営業所を設置
6月:日本初の『TIZEN(TM)』を搭載した10.1インチ タブレットの開発に成功
4月:福岡開発センターを設置
3月:札幌開発センターを設置

■2012年
2月:広島営業所(現 広島開発センター)を設置

■2011年
4月:株式会社IDYの株式を取得(連結子会社化)

■2010年
11月:スマートフォン向けアバターゲームポータルの企画・運営を事業内容とする子会社「株式会社GaYa」を設立
7月:本社を東京都港区に移転、商号を株式会社システナに変更
4月:カテナ株式会社を合併し商号をシスプロカテナ株式会社とする

■2009年
4月:Androidの組込み機器への活用・普及を目指す「OESF」に参加

■2007年
2月:カテナ株式会社と資本・業務提携(持分法適用関連会社化)

■2006年
9月:北洋情報システム株式会社の株式取得(持分法適用関連会社化)

■2005年
10月:東京証券取引所市場第一部に指定
6月:北洋情報システム株式会社の子会社ProVisionの株式を取得し、連結子会社化

■2004年
11月:東京証券取引所市場第二部に上場
6月:関西支社(現 大阪支社)を設置
2月:本社を横浜ランドマークタワーへ移転

■2002年
8月:大阪証券取引所ナスダックジャパン市場に上場
2月:東京事業所を開設

■2001年
2月:品質管理および品質保証のための国際標準であるISO9001認証取得

■1997年
6月:インターネット上でのオンラインゲームサイトを構築、サービスを開始

■1988年
2月:日本初の対戦型オンラインゲーム「麻雀クラブ」の開発に成功

■1984年
2月:株式会社システムプロに商号変更

■1983年
3月:ヘンミエンジニアリング株式会社を設立
海外展開への取り組み Systena America

日本大手通信キャリアやメーカーの米国ビジネス拡大に伴い、
私たちも Systena Americaとして進出。
米国でのモバイル・通信関連開発や検証事業を実施するとともに、
米国のベンチャー企業と事業提携して、システナから日本への展開も行っています。

連絡先

株式会社システナ 採用担当
fresh@systena.co.jp

【本社】
〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング14F
TEL:03-6367-3845

【大阪支社】
〒530-0013
大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー18F
TEL:06-6376-3537

【名古屋営業所】
〒460-0008
名古屋市中区栄一丁目2-7 名古屋東宝ビル4F
TEL:052-209-5462

●新卒採用ページ
https://recruit.systena.co.jp/
●システナホームページ
https://www.systena.co.jp/
掲載開始:2018/03/01

株式会社システナに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社システナに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)