株式会社アドテックス
アドテックス
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
医療機器
重電・産業用電気機器/ソフトウェア/機械/機械設計
本社
群馬

私たちはこんな事業をしています

私達は、人に優しいME(医療)機器やハイテクFA機器を開発する研究開発型企業です。中核となる技術(コア技術)は自動制御と微小信号処理、そしてパワーエレクトロニクス-。
この3つのコア技術にハード、ソフト、メカ技術で、ニッチトップの製品や新しい医療機器を開発しています。
こうしたエレクトロニクス技術に人工知能AIを結びつけ、第四次産業革命、そして来たるべき人間中心の社会「Society5.0」の担い手を目指します。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

人に優しい医療機器や先端エレクトロニクス機器を開発

アドテックスが開発する医療器は、ヒトの命に一番近いところで使うクラス3、4という先端医療機器。こうした考えはFA機器でも半導体関連機器でも同様です。「新技術は現在の延長線上にない、新しい発想から生まれる」を合言葉に、IoT(モノのインターネット)や人工知能AIにも積極的に取り込み、イノベーションを起こしています。国が目指す近未来の人間社会『Society5.0』に貢献すべくコア技術の自動制御、微小信号処理、パワーエレクトロニクス技術を研ぎ澄まします。

戦略・ビジョン

最先端の、その先へ!

中小企業白書で「全員研究者体制で世界初の技術を確立」と題して取り上げられた当社の自動制御技術「NACS」は、中小企業研究センターから群馬県で2社目となるグッドカンパニー賞「技術開発奨励賞」を受賞しました。また、第一回群馬イノベーションアワード『一般部門』で入賞。さらには群馬県優良企業表彰(ものづくり部門)で『大賞』を受賞しました。そして、昨年は経済産業省から地域の経済成長を力強く牽引する企業として『地域未来牽引企業』に選定されました。当社が目指すのは最先端のその先-。人口減少や少子高齢化等の様々な課題を解決するイノベーションに挑み、その先にある人間中心の社会実現づくりに貢献します。

採用方針

あなたの成長を応援します(やりたい職種で採用します)!

当社の採用方針は、皆さんが希望する職種で採用することです。なぜならば「好きなことはやっていて楽しいし自分の能力も伸びる―。社員が伸びれば会社も伸びる」と考えているからです。面接は、「やりたいことをお聞きする場」と考え皆さんの話に耳を傾け、「電子回路を設計したい」、「医療機器の組込ソフトをやりたい」と言った具体的な希望をお聞きします。また会社説明会では若い先輩から本音を聞く時間をたっぷり設けます。採用基準は「自分の目標に向かって前向きに、積極的に努力する人―」です。入社後は何でも相談出来る先輩とOJTを通じて指導してくれる先輩の2人がお世話します。安心して入社して下さい。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

1)研究開発(医療機器、産業用機器の自社製品開発・企画)
2)電子回路設計(回路設計、機器設計の関連業務)
3)ソフトウェア設計(組込ソフト、アプリケーションソフト)
4)機械設計(装置設計、機械設計の関連業務)
5)技術営業
6)生産管理

会社データ

事業内容 ■ME(メディカル・エレクトロニクス(医療))機器の開発・設計・生産
■FA(ファクトリー・オートメーション)機器の開発・設計・生産
■半導体関連機器の開発・設計・生産
■ソフト(組込ソフト・アプリケーション)の開発
事業方針 アドテックスは、群馬県から「創造的中小企業創出支援事業」の適用第1号を受けた研究開発型企業です。当社のコア技術は特許4件を取得した自動制御技術「NACS」-。
「自動制御」は、あらゆる分野に利用できる産業界のコメにような技術。この技術を『ME(医療)機器』、『FA(ファクトリーオートメーション)機器、』『半導体分野』に展開し、競争のないニッチトップの製品を開発し、いわゆる戦いのないブルーオーシャン戦略をとっています。
この自動制御技術を駆使し、全く新しい医療機器開発に力を入れています。例えば「未熟児用人工呼吸器」や痛みの大きさを定量化する装置、福島医療福祉機器開発補助事業で取り組んだ新発想の「眼圧計」、さらには群馬県「群馬がん医療技術総合特区」のメンバーとして、血液一滴でたくさんのガンマーカーを検出する「がんセンサー」の開発も進め、医療分野に新たな一石を投じています。またFA機器や半導体関連機器においても多数のニッチトップ機器を開発しています。
これから始まる第四次産業革命(インダストリアル4.0)。その中核となるのは、高速のインターネットと人工知能AIを駆使したIOT-。
来たるべき時代を見据えて、新たな技術開発に力を入れます。
設立 昭和63年10月
資本金 7860万円
従業員数 62名(男性:51名 女性:11名)
売上高 7億5670万円(平成29年)
6億1927万円(平成28年)
代表者 代表取締役 佐藤弘男
事業所 本社(群馬県高崎市)
装置工場(群馬県高崎市)

主な特許  特許第3352699号:制御方法とその装置
 特許第3352700号:制御方法とその装置
 特許第3352701号:制御方法とその装置
 特許第3309142号:制御方法とその装置
 特許第5147265号:基板検査装置
 特許第5399053号:インクジェット塗布装置のノズルヘッド洗浄装置、
                                これを備えたインクジェット塗布装置のノズルワイピング装置
 特許第5512147号:USBメモリ
 特許第6164573号:無人飛翔体及びそのための制御システム
 特許第6144842号:節電装置

  European patent No.2292142:血液流動性の評価方法および評価装置
 台湾特許第I598542:節電装置
沿革 昭和63年10月 高崎市大橋町にて当社前身「システムリンク株式会社」を設立。
          主力業務は、計測制御ソフトの開発。
平成02年05月 業容拡大に伴い高崎市緑町に移転する。
          CIを導入し、ADVANCED TECHNOLOGY(先端技術)の頭文字をとって
          ADTEX(アドテックス)とする。
         ハードウエア開発部門に本格参入。文部科学省国立極地研究所が行った
         「ドーム計画」の一翼を担う。
平成05年01月 韓国ソウル特別市に合併会社「ADTEX KOREA INC.」を設立。
      03月 韓国4大コンピュータ・ディスプレイメーカ「KOREA DATA SYSTEM CO,LTD.」
          (略称:KDS)の日本総販売権を獲得。
平成07年02月 当社主力開発技術[温度制御]を応用したNC制御工作機械用温度制御コント 
          ローラを開発。
平成08年05月 世界のビジネスプロフェッショナルを掲載するINTERNATIONAL「WHO'S WHO」 
          OF PROFESSIONALSに選ばれる。
平成09年03月 国のベンチャー法ともいえる「中小企業創造活動促進法」の認定企業となる。
      04月 香港に当社(出資80%)と加賀電子株式会社(東証一部上場:出資10%)、
          香港東英電子工業有限公司(出資10%)で「ADTEX HONGKONG CO.LTD.」
          を設立。
          業容拡大を目指して現住所に移転する。
平成10年10月 民間ベンチャーキャピタルJAFCOから投資。
平成12年07月 チラー用NACS制御コントローラ開発開始。
平成13年02月 LINUX用ソフトウエア開発会社「ODYSYS Inc.」(本社:米国)の
          中国法人Beijing ODYSYS Science&Technology Ltd.(本社:北京)と業務提携。
平成14年08月 関東経済産業局より「平成14年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業」の
          委託を受け次世代の顆粒球・単球除去装置(アダカラムシステム)の開発を行う。
      09月 新しい自動制御方法「NACS」で、4件の特許を取得。
      11月 資本金を4,980万円とする。
平成17年05月 資本金を7,860万円とする。
平成19年10月 ISO9001取得
平成22年05月 ISO13485取得。
      05月 群馬県医療機器製造業許可認定取得。
平成23年09月 福島県立医科大学リエゾン支援拠点内に「福島研究室」を開設。
平成24年02月 農商工等連携事業計画で「高級シイタケや各種キノコが増産できる
           周年栽培方法の確立とシステム販売およびそのシステムで栽培した
               きのこ類の販売、ブランド化」が認定。
      05月 中小企業海外展開支援体制整備事業が採択。
      05月 福島県「ふくしま医療福祉機器開発事業費補助金」の交付決定。
平成25年11月 群馬がん治療技術地域活性化総合特区地域協議会に参画。
平成26年06月 医療機器等法「第1種医療機器製造販売業許可」取得。
平成27年07月 特定研究開発等計画認定(中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律)
平成28年12月 経営力向上計画に係る認定(中小企業等経営強化法)
平成29年12月「地域未来牽引企業」選定(経済産業省)

産学官連携(主なもの) 平成14年 8月
関東経済産業局より「平成14年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業」の委託を受け、次世代の顆粒球・単球除去装置(アダカラムシステム)の開発 :群馬大学医学部・工学部、慶応大学

平成18年 7月
異分野連携新事業分野開拓計画(関東経済産業局)「医療用『痛み』・『知覚』数値化分析システムの開発、事業化」に連携企業として参画 :信州大学、杏林大学、医療機器商社

平成21年 8月
経済産業省「ものづくり中小企業製品開発等支援補助(試作開発等支援事業)」(血液流動性測定器の開発) :自治医科大、群大工学部

平成22年 4月
福島県立医科大と産学官連携プロジェクト「医療工学講座」をスタート(遠隔医療機器の開発・商品化) :福島県立医科大

平成24年 5月
福島県「ふくしま医療福祉機器開発事業補助事業」の採択 :福島県立医科大、眼圧計メーカー 

平成25年 8月
経済産業省「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助事業」 (特殊インバータの開発) :前橋工科大学

平成25年 11月
群馬がん治療技術地域活性化総合特区地域協議会に参画

平成27年 2月
群馬県優良企業表彰『ものづくり部門』大賞

平成27年 7月
前橋市公募型共同研究開発費補助事業(自己学習機能をもつ、予測制御を用いた汎用自動制御装置の開発) :前橋工科大学

平成28年 1月
「加圧光センサー技術による抹消血管血液流動性測定器の開発」 :自治医大、群馬大学
公的支援、表彰等 ・平成 9年
 「群馬県創造的中小企業創出支援事業」適用第1号(群馬県)

・平成11年  
 「技術開発奨励賞(現:グッドカンパニー賞「新技術事業化推進賞」)」を受賞((社)中小企業研究センター)

・平成25年  
 群馬イノベーションアワード2013「ビジネスプラン一般部門」入賞

・平成27年  
 群馬県優良企業表彰「ものづくり部門」大賞受賞(群馬県)

・平成29年
 「地域未来牽引企業」選定(経済産業省)

連絡先

〒370-1201
群馬県高崎市倉賀野町2454番地1

TEL:027-320-2800
FAX:027-320-2353
人事担当:日下部・伊能

ホームページ:http://www.adtex.com/
メールアドレス:info@adtex.com
掲載開始:2018/03/01

株式会社アドテックスに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社アドテックスに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)