株式会社フジクラ
フジクラ
2019

株式会社フジクラ

【東証一部上場/非鉄金属・製造機械・電子部品・自動車部品】
  • 株式公開
業種
非鉄金属
機械/半導体・電子部品・その他/重電・産業用電気機器/自動車
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

フジクラは、電線や光ファイバといった社会を支えるインフラ製品から、スマートフォンに使われる電子部品、自動車電装部品まで世の中に必要不可欠で貢献性の高い事業を幅広く行っています。1885年の創業以来、世界を舞台に挑戦し続けてきたBtoBメーカーです。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

世界中をめぐる光ファイバなど、世界レベルで高シェア製品が続出

常に最先端を目指して開発に取り組むフジクラの製品は世界中で認められています。光ファイバの分野では、フジクラは現在世界で3本の指に入る存在です。光ファイバケーブルの接続に使用される「光融着接続機」は、世界シェアNo.1を獲得しています。また、フジクラはエレベータケーブルの分野でも技術力を高く評価されており、高層エレベーターケーブルのシェアも世界1位!皆さんがよくご存じの高層ビルやタワーの中で、今日もフジクラのケーブルが大活躍しています。その他、携帯電話やスマートフォンに使用されているFPCや、パソコンのCPU冷却モジュールなど、いずれも高いシェアを獲得!フジクラの製品は実は身近なところに存在しています。

技術力・開発力

世界トップレベルの超電導技術など、未来をひらく研究開発を!

特定の物質において、低温で電気抵抗がゼロになる現象が「超電導」。この技術を用いた電線を作れば、電気エネルギーをロスなく送ることができ、従来の電力機器の常識を覆すような画期的な製品が実現できます。この超電導技術において、なんとフジクラは世界のトップレベルに位置しています!フジクラが研究しているのはイットリウム系の超電導体。これは強磁場な状態下でも電流密度が大きいという特性があり、モーターや変圧器など製品への応用が期待されます。作製はきわめて困難でしたが、イオンビームを照射して結晶方位を制御するIBAD法を独自に開発!この技術は日米欧で基本特許を取得しており、いまや世界のスタンダードになっています。

技術力・開発力

光ファイバ1本でハイビジョン映画 約5000本分を1秒で伝送可能に

近年、光通信ネットワークが運ぶ情報量は驚異的なスピードで増加し続けています。このため光通信ネットワークには常に変化が求められ、たゆみない技術開発が不可欠です。フジクラは、2012年にNTT、北海道大学、デンマーク工科大学と共に、12個のコア(光の通路)を持つ光ファイバ1本で毎秒1ペタビットの超大容量データを52.4km伝送することに成功しました。毎秒1ペタビットという数値は、2時間のハイビジョン映画5000本を1秒間で伝送可能な速度に相当し、中距離の中継ビルの間隔に相当する約50kmの伝送が可能になることを示しています。これまでの1本の光ファイバを用いた伝送性能として世界最高となるものです!

会社データ

事業内容 ●エネルギー・情報通信(配電線・光ファイバ・融着接続機など)
●エレクトロニクス(フレキシブルプリント基板・電子ワイヤなど)
●自動車電装(自動車関連製品など)
●研究開発(超電導・太陽電池・エコ材料など)

スマートフォンや自動車に使われる電子・電装部品から、電線・光ファイバといった社会を支える大きなインフラまで、世の中に必要不可欠で貢献性の高い事業を幅広く行っています。
光ファイバ同士をつなぐ融着接続機や高層ビルで使用されるエレベーターケーブルなど、世界シェア1位を誇る製品もあり、技術力で世界に挑戦を続けている会社です。
創業 1885年(明治18年)
設立 1910年(明治43年)
資本金 530億円
従業員数 連結 54,114名(2016年3月末現在)
売上高 連結  6,785億円(2016年3月期)
代表者 取締役社長 伊藤 雅彦
事業所 【国内拠点】
本社/東京
事業所/千葉(佐倉)、静岡(沼津)、三重(鈴鹿)
支店/関西、中部、九州、東北
研究所/千葉,、東京など

【海外拠点】アメリカ、イギリス、ロシア、中国、韓国、タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア、インド など
研究開発施設・設備 研究所/光電子技術研究所、環境・エネルギー研究所
開発センター/エレクトロニクス・自動車電装開発センター、光ケーブルシステム開発センター、ケーブル・機器開発センター
研究開発分野 ●メカトロニクス
 光ファイバ融着接続機、各種センサ・システム、生産設備設計・開発

●自動車電装
 ワイヤハーネス、電装部品・システム、乗員安全技術

●コミュニケーション
 光ファイバ、光ファイバケーブル、特殊ファイバ、イメージファイバ(医療用・産業用)、
 通信機器

●エネルギー
 メタルケーブル、風力・太陽光発電用機材、超電導線材・コイル、
 色素増感太陽電池と応センサ用システム、燃料電池

●エレクトロニクス
 モバイル機器デジタル家電向け電子部品、フレキシブルプリント基板(FPC)、
 IC内蔵基板、フィルムアンテナ、極細同軸ケーブル、シリコンナノフォトニックデバイス

●マテリアル
 導体、絶縁体、有害物質フリー環境調和材料、銅クラッドアルミニウム複合導線、
 電気回路印刷用金属ナノ粒子
新規事業 ●ファイバレーザ
●光技術やFPC技術の自動車への応用
●光・エレクトロニクス製品の医療分野への応用
●クラウドコミュニケーション向け光インターコネクション
●サーマル技術、CPU冷却用マイクロヒートパイプ
環境への取り組み 1992年3月に企業活動全体で地球環境保全を優先することを目的に、社員一人ひとりが努力し、ユーザーに対しても協力を依頼するという、「フジクラ地球環境憲章」を制定しました。
また、廃熱利用のヒートパイプや色素増感型太陽電池などに代表される環境保護・省エネ関連製品の開発を積極的に行っています。
CSR CSRの歴史は古く、90年以上前の1919年までに遡ります。
この年に創業者・藤倉善八の実弟が伊豆大島に知的障がい者施設「藤倉学園」を創設しました。
この施設は日本で4番目に古い福祉施設です。
以来、そのDNAは脈々と社員に受け継がれ、様々な社会貢献活動して結実しています。
最近のエピソードを一つご紹介します。
2011年10月に大洪水に見舞われたタイ国(フジクラの大変重要な拠点でもあります)では、日本語を学ぶ子どもたちが使う日本語の児童書が失われてしまったのですが、タイ国からの支援援要請に応えてキャンペーンを行い、バンコク商工会議所へ児童図書約400冊をお届けしました。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)