仙台農業協同組合
センダイノウギョウキョウドウクミアイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
団体・連合会
その他金融/共済/農林/その他サービス
本社
宮城
残り採用予定数
10名(更新日:2018/06/06)

私たちはこんな事業をしています

私たちは「地域とともにJA仙台~食と農で素敵な笑顔に~」をキャッチフレーズに、
農業と生活に密着したネットワークを通じ組合員の農業と生活を守り、よりよい地域社会づくりに貢献しています。
~主な事業内容~
○信用事業  貯金やローンを扱う、金融機関の業務。
○共済事業  「ひと・いえ・くるま」を基本とした保障提供業務。
○指導事業  農家の営農を指導する業務。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

組合員の安定した豊かな生活のために

私たちの仕事は、農家組合員の農業経営のお手伝いと、その生活を応援することです。そのために私たちは、貯金・融資等を扱う信用事業、ひと・いえ・くるま等の保障を扱う共済事業、組合員が生産した農産物を販売する販売事業、農業経営を支援する指導事業など、多岐にわたる事業を展開しています。仕事は様々ですが、日々の仕事を通じた来客応対や訪問活動の中で、組合員の要望や課題を把握し、それぞれの組合員に最適な提案を行っていくことが私たちの仕事です。仕事を通じて積み重ねられた信頼関係によって、私たちは組合員に「頼られる存在」となり、仕事を通して組合員の喜びを”創り続ける”ことが、私たちの喜びでもあります。

社風・風土

JA仙台設立20周年キャッチフレーズ『感謝、未来へ一歩ずつ』

JA仙台は2018年3月に合併20周年を迎えます。20周年から一歩、また一歩と歩みつづけていくJAをイメージしたロゴデザイン。ロゴデザインを取り囲む三色のラインは、JA仙台の基本理念である「奉仕」「信頼」「安全・安心」をそれぞれ青色・緑色・オレンジ色で表しています。組合員と地域の人々とともに支え歩んで20年、これからもみなさまの明るい未来への懸け橋としてJA仙台はあり続けます。

待遇・制度

教育研修制度・資格取得支援制度が充実

新入職員時には、農産物がどのように生産、流通されるのかを学ぶための農業体験学習があります。組合員の立場で農業の大変さや悩み、課題、そして何より喜びを体験してもらうことで、その後の仕事に役立ててもらいたいと考えています。事業は多岐にわたるため資格取得が必要となる仕事も数多くありますが、職員が仕事をしながら資格取得に挑戦できるよう支援制度やスキルアップの研修制度が準備されています。入組して間もない頃は、様々な研修の受講があり勉強の機会が多くなりますが、私たちは、こつこつ努力する職員を全面的にサポートしています。資格を取得し、仕事の幅を広げていくことで、組合員の信頼と自身の喜びを得ることができます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

総合職として様々な仕事をお任せします。

例えば・・・
○窓口業務やお客様宅へ訪問活動。
○営農センターにて栽培技術や農業経営の指導、生産資材の販売、
 組合員が生産したお米などの販売など。

上記以外にも幅広い業務があります。詳しくは事業内容説明会にてご説明します!

※県外への転勤はありません。

会社データ

事業内容 1.信用事業
  ・貯金のご案内・・・組合員、地域の皆さまからの貯金のお預かり。
  ・融資のご案内・・・営農と暮らしに必要な資金の融資の取り扱い等。
  ・為替業務・・・振込・送金や手形・小切手などの内国為替の取り扱い等。
  ・その他・・・年金などの各種自動受取や公共料金などの各種自動支払の申込の受付け等。

2.共済事業
  「ひと」「いえ」「くるま」の3つの保障を大きな柱に、医療共済、終身共済、建物更生共済、
  年金共済、自動車・自賠責共済など、いわゆる生命保険、損害保険といわれる業務。

3.購買事業
  営農センター資材館にて肥料、農薬等農業生産に必要な資材を中心に供給する業務。
    
4.販売事業
  米や野菜などの組合員が生産した農産物を販売する業務。
  販売先は全農、市場、卸・小売業者等。

5.指導事業等
  組合員の営農を支援するための営農指導事業、農業倉庫、カントリーエレベーター、
  育苗センター、堆肥センターなどの共同利用施設の運営。
設立 平成10年3月1日
資本金 出資金34億6千万円(平成29年3月末残高)
従業員数 642人(男性399名・女性243名)
売上高 貯金残高 2,890億9千万円、 販売事業取扱高 40億9千万円
貸出金残高 985億4千万円、 直販事業取扱高 11億1千万円
長期共済保有高 8,851億8千万円、 宅地等供給事業取扱高 114億7千万円
購買事業供給高 39億6千万円
(平成29年3月末実績)
代表者 代表理事組合長  菅野 育男
事業所 本店1、支店20、営農センター3、生産資材課1
第6次中期経営計画       基本目標 1 農業者の所得増大
2 農業生産の拡大
3 地域の活性化
4 経営基盤の強化

連絡先

仙台市宮城野区新田東2丁目15-2
担当:樋渡・可沼・乳井
Tel:022-236-2433
URL:http://www.jasendai.or.jp/index.html
E-mail:jajinjik@jasendai.or.jp
掲載開始:2018/03/01

仙台農業協同組合に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

仙台農業協同組合に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)