株式会社呉竹
クレタケ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社呉竹

文具、アート&クラフト製品、産業用途開発、化学、化粧品
  • OpenES
  • 正社員
業種
文具・事務機器・インテリア
化学/化粧品
本社
奈良

私たちはこんな事業をしています

書道用品、絵てがみ・水彩スケッチ用品、
筆ぺん、マーキングペン、ホビークラフト用品の
開発、製造、販売、輸出入を行っています。

事業領域を「アート&クラフト」とし、
世界のアート&クラフト市場の発展を担うリーディングカンパニーを目指します。

現在では、墨やペンの製造で培った技術(超微粒子高分散技術)をパソコン、
携帯電話等のコンデンサの一部に応用するなど、
産業用途開発にも取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

デジタル時代だからこそ アナログ商品を

IT化につれ「書く」ことが極端に減り、スピード優先な風潮が漂う一方、自身の感情を表現しやすい”手書き”の大切さが認識され始めているのも事実です。「美文字」や文具ブームなど、世界的にもアナログ回帰の動きが顕れています。呉竹は事業領域を「アート&クラフト」と定め、手書きの温かさを通じて人々の生活に潤いを与え、教育・文化・芸術の発展に貢献する企業を目指しています。更に、「文具」だけでなく、長年の技術を様々な分野に応用しています。また、これらビジネスの継続的な発展のため、グループ企業全体でBPR(Business Process Reengineering)の取り組みを進め、効率的な業務を追求し、さらなる企業価値の向上を図っています。

魅力的な人材

文化の垣根を超え世界を舞台に活躍する仲間たち

「滑らかで書きやすい!」「こんな使い方があったのか!」、呉竹の製品は、海外のお客様からも、高い評価を獲得し、現在80か国以上の国々と取引しています。その反面、その国の文化に応じた使い心地や使用方法など、それぞれに応じた製品づくりが求められます。もっと喜んでもらえる製品を提供したい。その最前線で活躍しているのが国際部のスタッフたちです。「使い方を理解してもらうためにワークショップや展示会を開催しよう」、「パッケージを工夫したら売上向上につながるのでは」など、社内では常にそんなディスカッションが行われています。世界マーケットを視野に、クレタケブランドを発信する。その手応えは、想像以上の面白さです。

技術力・開発力

試行錯誤を繰り返し、今までにない書き心地を追求する

「もっと滑らかな書き心地を実現するインクとは」「新たな原料を配合してみよう」「持ちやすく疲れにくいペンの形状とは」。そんな仲間たちのこだわりが、呉竹を世界ブランドへと導きました。情報を共有し、もっと良いもの、今までに無いものを世に送り出す。試行錯誤を繰り返し、新たなマーケットの開拓に貢献する。それが当社の技術開発部で活躍する研究開発スタッフたちです。また、近年は「文具」にとどまらず、工業用途製品(BtoB商品)の開発にも力を入れています。「墨」の原料であるカーボンブラックを主成分とした液体融雪剤や、コンデンサ向け導電性塗料、更には化粧品の容器など、自由な新しい発想で研究開発に取り組んでいます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆海外営業・海外マーケティング職
代理店訪問商談、海外見本市での商談やデモンストレーション、営業業務、貿易事務 等

◆企画マーケティング職
アート&クラフト商品(国内・海外)の起案、開発、販促物(チラシ・POP・パッケージ等)の作成、
市場調査、見本市やイベントの運営/販促活動 等

◆研究開発職
一般ユーザー向け新商品の研究・開発、既存商品の改良・改善、分散技術の向上、各種規制調査 等

会社データ

事業内容 ◆墨、書道液、書道用品、書道セット、水墨画用品、
絵てがみ・水彩スケッチ用品、筆ぺん、マーキングペン、カリグラフィーマーカー、
店頭サイン用品、ホビークラフト用品の製造、販売および輸出入

◆産業用途開発(導電性塗料、融雪剤、芝生着色剤、化粧品等)の開発及び販売
設立 1932年8月16日(昭和7年)
資本金 7053万円
従業員数 256名(2017年10月1日時点)
売上高 56億7746万円(2017年5月期)
代表者 代表取締役社長 綿谷 昌訓
事業所 ■本社    
奈良市南京終町
■ペン工場    
奈良市南京終町
■東京支店     
東京都中央区
■福岡営業所  
福岡県博多市
■東山工場  
奈良県山辺郡
■三ヶ谷工場
奈良県山辺郡山添村三ヶ谷1075
■海外拠点(Kuretake ZIG Corperation)
アメリカ合衆国 カリフォルニア州
沿革 1902年  創業。綿谷奈良吉翁がくれ竹製墨の商号で製墨業をはじめる。

1924年  合名会社精昇堂商会をおこす。

1932年  株式会社精昇堂商会を設立。

1940年  社名を株式会社呉竹精昇堂とする。

1994年  株式会社呉竹精昇堂とクレタケ工業株式会社が合併し、
      新体制で株式会社呉竹精昇堂としてスタートする。

2012年 平成24年度「均等・両立推進企業表彰」において、
      ファミリー・フレンドリー企業部門奈良労働局長 奨励賞を受賞。

2013年 越前和紙を使用したちょっとエコな付箋「越前和紙のふせん」が
      「第13回 ホビー産業大賞【日本ホビー協会賞】」を受賞。
      「ZIG ブラッシュハイライトサッと」が「第48回インターナショナル
      プレミアム・インセンティブショー 秋 2013【ベタ付け商品コンテスト部門大賞】」を受賞。

2014年  米国カリフォルニア州サクラメントに現地法人「Kuretake ZIG Corporation」を設立。
           「くれ竹万年毛筆 蒔絵物語」が「第49回プレミアム・インセンティブショー
      【プレミアム・インセンティブツールコンテスト大賞】」を受賞。
           「ZIG メモリーシステム ウインク オブ ルナ ブラッシュ」が
      「第23回 日本文具大賞2014 デザイン部門【グランプリ】」を受賞。

2017年  美しい金色ベースの顔彩絵の具「顔彩耽美 スターリーカラーズ」が
      「第17回 ホビー産業大賞 経済産業省 製造産業局長賞」を受賞。
ホームページ http://www.kuretake.co.jp

連絡先

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■〒630-8670
■奈良県奈良市南京終町7-576
■TEL 0742-50-2052
■採用担当
■http://www.kuretake.co.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
掲載開始:2018/03/01

株式会社呉竹に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社呉竹に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)