日本電産株式会社
ニホンデンサン
2019
  • 株式公開
業種
精密機器
半導体・電子部品・その他/自動車/家電・AV機器/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

日本電産は、精密小型から超大型まで「世界No.1の総合モータメーカー」です。数多くの世界No.1シェア製品を誇るモータ事業を中心に、その周辺機器へと製品領域を拡大。「回るもの、動くもの」に特化した「総合モータメーカー」から、モータ応用製品・ソリューションまでを提供する「総合電装メーカー」を目指しています。活躍フィールドはIT・AV機器、自動車、家電、産業分野など幅広く、生活や社会を支える力になっています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

世界No.1総合モーターメーカー

1973年、4人のエンジニアが集まりスタートした日本電産は常に「世界一」を追求し続け、わずか40数年の間に連結売上高1兆円を超える企業に成長しました(2015年3月期決算)。世界シェア約80%のHDDモータに加え、自動車、IT・家電、携帯電話、ロボットなど、幅広い分野で高いシェアをもつ、世界トップクラスの技術力を誇っています。自律成長と積極的なM&A戦略で、国内・海外を合わせグループ会社約300社、全世界の従業員数約10万人のグローバル企業へと発展しました。「世界No.1総合モーターメーカー」として、堅固な事業基盤を築いています。

施設・職場環境

中央モーター基礎技術研究所(神奈川県川崎市)

Nidecは、「モータを中心とする『回るもの、動くもの』に特化した『総合駆動技術の世界No.1メーカー』を目指す」というビジョンをより早く、確実に達成するため、各種モータをはじめとした駆動技術全般の基礎研究から応用研究まで幅広い視点でとらえ、世界に広がる当社グループの研究開発拠点のハブ機関として、世界トップレベルのモータ研究・開発拠点「中央モーター基礎技術研究所」を神奈川県川崎市に建設しました。多くの外国人研究者も迎え、国境の壁・言葉の壁を越えて世界に通じるトップレベルの技術者を養成する機関としての役割を担っています。

仕事内容

入社3ヵ月で海外赴任の例も。徹底的に若手に仕事を任せる!

世界市場とのやりとりを続ける日本電産では、若いうちからの海外赴任はよくある風景。若手でも、手を挙げればどんどん重要な仕事を任されます。入社1年目から海外出張というのも決して珍しくありません。「情熱、熱意、執念」「知的ハードワーキング」「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」という三つの精神のもと、責任ある仕事を任される社風を実現しています。「伸びる力は伸ばし、出来る人には任せる」という年齢・性別を問わない徹底した実力主義の考えがモットーの同社。世界を舞台に、個々人の能力を最大限に活かすフィールドがここにはあります。

会社データ

事業内容 精密小型モータ、車載及び家電・商業・産業用モータ、機器装置、電子・光学部品、その他の開発・製造・販売

●精密小型モータ
日本電産の精密小型モータは、サーバーやパソコン、ゲーム機、HDDレコーダーなどのIT・AV機器、複写機やプロジェクターなどのOA機器、冷蔵庫や電子レンジなどの家電といった幅広い製品に搭載されています。省エネ、高効率、軽薄短小といった特長をもつ日本電産のモータは世界中で求められており、その用途はますます広がっています。

●車載用モータ
安全性や快適性の追求、低燃費、低公害などの市場の要請を受け、自動車のエレクトロニクス化が進展する中、自動車に搭載されるモータの数は、ガソリン車でも50-150個、電気自動車ならば300個以上が必要になると言われています。日本電産は、車載用モータを重要戦略として位置づけ、電動パワーステアリング用モータを始め、エンジン冷却用、バッテリー冷却用、ブレーキ・ミラー・ワイパー用等のモータを手掛け、現在車載用モータ分野で世界トップレベルのシェアを誇っています。今後も国内外の開発・生産体制を強化し、圧倒的な世界トップシェアを目指します。
プロフィール 今年、日本電産(Nidec)は創業45年を迎えます。わずか4人の技術者でプレハブ小屋からスタートした会社は、京都で最も高いビルを建てるまで成長しました。創業以来変わらぬ三つの精神、「情熱・熱意・執念」「知的ハードワーキング」「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」によって数々の困難を乗り越え、世界シェアNo.1製品を38品目有し、グループ全体で世界約40ヶ国約300社を展開する「世界No.1のモータメーカー」として、成長を続けています。
 また、世界最高レベルの研究開発体制をひき、「世界初」「世界最小」といった他社には真似の出来ない製品を次々と生み続けています。2009年には100億円を投資した技術開発センターの新社屋を長野・滋賀に開設。そして、2010年の米エマソン社モータ事業など、M&Aは50社を数え、更なるグローバル化を進めています。さらに、2014年1月には当社の基礎研究のさらなる高度化と強化、ならびに応用研究分野の拡大を目的とする高度でグローバルな研究機関の新拠点を神奈川県川崎市に開設、2018年1月にも生産技術研究所をけいはんな地区に開設予定と、これからも決して現状に甘んじることなく、「世界No.1の総合モーターメーカー」として積極果敢にチャレンジしていきます。
事業所 本社/京都
研究所・技術開発センター/京都、滋賀、長野、神奈川
営業所/京都、東京、海外
海外拠点 アメリカ、メキシコ、カナダ、ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、オランダ、スペイン、ハンガリー、ポーランド、中国、タイ、ベトナム、シンガポール、フィリピン、インドネシア、韓国、台湾、マレーシア、インドなど
グループ会社 日本電産グループ 国内・海外含めて約300社
従業員数 単独 2,392名(2016年3月末現在) 連結 107,062名(2017年3月末現在)
業績(連結) 1兆1,993億11百万円(2017年3月期)
資本金 877億84百万円(2017年3月末現在)
代表者 代表取締役会長兼社長 永守 重信
株式 東証1部
設立 1973年7月23日
コーポレートサイト http://www.nidec.com/ja-JP/
ブランドサイト http://www.nidec.com/brand/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)