鉄道情報システム株式会社
テツドウジョウホウシステム
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
情報処理
ソフトウェア
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

(1)みどりの窓口をはじめJRグループ関連情報システムおよびその他システムの開発・運営・管理
(2)ITソリューション
(3)情報システムに関するコンサルタント、その他機器の開発・製作・販売など

当社の魅力はここ!!

企業理念

ニッポンを繋ぐ、JRを繋ぐ

みなさんは、JRの「みどりの窓口」を利用したことがありますか? わたしたちJRシステムは、「みどりの窓口」で取り扱われる乗車券、特急券、定期券等のJR券をはじめ、イベント券など数十種類のチケットを、月間5,000万枚ペースで予約・発券している日本最大級のオンラインシステムを開発・運営しています。そして、私たちJRシステムが提供しているシステムの使命は、システム稼働率「99.999%」という高信頼性の実現と、時代の流れに適応した価値あるサービスをお客さまへ提供することです。JRシステムは、「安全」「安定」そして「安心」な「くらしの便利」を支える事業を行っていることが特長です。

事業・商品の特徴

JRシステムは「豊かで快適な社会」の形成に貢献します

● 「人を大切にします。」 JRシステムは、顧客、株主を大切にし、お互いの信頼により共に繁栄を図ります。社内においては、社員の人間性を尊重し、信頼と協調の精神により社員の自己実現を支援します。● 「豊かな社会の発展に貢献します。」 JRシステムは、JRグループ、運輸、物流、観光等の分野における情報通信システムの開発・運営を通して、豊かで快適な社会のネットワークの構築に貢献します。● 「信頼性の高い最良のサービスを提供します。」 JRシステムは、高度な技術の蓄積と経験をもとに、最新の情報通信技術を駆使して、信頼性の高い最良のサービスを提供します。

社風・風土

当社の社風を肌で感じてください

社員の平均年齢は、36.3歳。20歳から30歳代の若手社員がJRシステムの原動力となり、活躍しています。職場は、武蔵野の緑に囲まれて、落ち着いて仕事ができる環境です。職場では、先輩社員からしっかりと業務教育や技術指導などを受けられる充実した体制が整っていますので、安心してください。社員一人ひとりが高い使命感とモチベーションをもって仕事をしています。そこには、真の「チームワーク」と「コミュニケーション」があります。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

システムエンジニア/MARSをはじめとするJRグループの各種システムの開発や旅行会社の情報システム開発、運営、管理を行う。入社1年目から、一つのシステムを担当してもらうケースも多々見られ、開発対象となるシステムの分野も最先端で多岐にわたっている。

会社データ

企業理念 JRシステムは「豊かで快適な社会」の形成に貢献する高度情報通信
サービスを提供し、活力ある企業を目指します。

1.人を大切にします。
  JRシステムは、顧客、株主を大切にし、お互いの信頼により共に繁栄を図ります。
  社内においては、社員の人間性を尊重し、信頼と協調の精神により社員の自己実現を
  支援します。

2.豊かな社会の発展に貢献します。
  JRシステムは、JRグループ、運輸、物流、観光等の分野における情報通信システムの
  開発・運営を通して、豊かで快適な社会のネットワークの構築に貢献します。

3.信頼性の高い最良のサービスを提供します。
  JRシステムは、高度な技術の蓄積と経験をもとに、最新の情報通信技術を駆使して、
  信頼性の高 い最良のサービスを提供します。  
事業内容 (1)みどりの窓口をはじめJRグループ関連情報システムおよびその他システムの開発・運営・管理
(2)ITソリューション
(3)情報システムに関するコンサルタント、その他機器の開発・製作・販売など
設立 昭和61年12月9日
資本金 10億円
従業員数 629名
売上高 317億1700万円(2016年度)
主な沿革 ●昭和61年12月 鉄道情報システム株式会社設立
●昭和61年12月 運輸大臣より国鉄の承継法人の指定
●昭和62年03月 一般第二種電気通信事業者の届け出
●昭和62年04月 営業開始(国鉄の民営分割化)
●平成元年12月 CYBER STATIONの前身であるパソコン通信PC-STN.サービス開始
●平成03年02月 通産省よりシステムインテグレータの認可
●平成03年09月 日本オフィスオートメーション協会よりOA賞受賞
●平成05年05月 日本鉄道電気技術協会よりMR形端末装置開発で協会賞受賞
●平成07年03月 お客様の操作による切符自動発券機(顧客操作形端末)稼動
●平成09年06月 当社独自のインターネットサービスである「CYBER STATION」提供開始
●平成10年06月 業務拡大に伴い国立の中央システムセンターに2号館増設
●平成13年12月 収入清算システムにおいてISO9001取得
●平成14年02月 最新のIP技術を導入した「JR-NET IP通信サービス」の提供開始
●平成14年10月 新マルス(MARS501)が稼働開始
●平成15年04月 中期行動計画発表
●平成16年04月 中央システムセンターでESCO事業設備使用開始
●平成16年04月 新送客通知端末「らく通」の販売開始
●平成16年10月 第3回日本鉄道賞の「便利で魅力ある鉄道をめざして」の部で最高賞で
            ある日本鉄道賞を受賞
●平成18年02月 JR高速バス販売システム使用開始
●平成18年04月 中期経営構想「アクティブ2008」を発表
●平成18年04月 プライバシーマーク使用許諾証(Pマーク)取得
●平成19年12月 ISMS認証取得
●平成20年01月 「結合AGT共同システム」全面運用開始
●平成20年03月 マルス顧客操作形端末MV-35使用開始
●平成21年06月 中期経営構想「アクティブ2011」を発表
●平成23年04月 リアルタイム口座振替サービス提供開始
●平成23年04月 リモートバックアップサービス提供開始
●平成23年11月 次世代認定マーク(愛称「くるみん」)を取得
●平成24年04月 データセンターサービス提供開始
●平成24年06月 中期経営構想「ステップ・フォワード2014」を発表
●平成25年07月 マルス顧客操作形端末MV-50使用開始
代表者 代表取締役社長 藤井 和彰
本社 東京都渋谷区代々木2-2-2
事業所 本社/東京
中央システムセンター/東京
関西支社/大阪
営業所/札幌、仙台、東京、名古屋、高松、福岡
株主 東日本旅客鉄道(株)、西日本旅客鉄道(株)、東海旅客鉄道(株)、日本貨物鉄道(株)、九州旅客鉄道(株)、北海道旅客鉄道(株)、四国旅客鉄道(株)
JRグループ 国鉄が分割民営化された1987年、旧国鉄の高度情報通信システムを司る情報システム部門を中心に「マルチ・システムインテグレータ」として生まれ変わったのが鉄道情報システム。現在はJRグループ向けの情報サービスをはじめ、運輸物流業界などへの多彩な情報通信サービスを提供している。
特長 JR乗車券・指定券のみならず、イベント券などの商品の予約販売要求には、1秒間に200枚というスピードで応える旅客総合販売システム(MARS=マルス)と国内最大級のネットワークシステム(JR-NET)及び最先端技術を駆使した操作端末などの開発を行っている。

連絡先

〒151-8534
東京都渋谷区代々木2-2-2
総務部・人事課 澤田・森本
URL http://www.jrs.co.jp/
TEL 03-5334-0655
(緊急時以外電話でのお問い合わせはご遠慮下さい)
掲載開始:2018/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
情報・数学・物理系の専攻を生かせる仕事特集

鉄道情報システム株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

鉄道情報システム株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)