株式会社東海パウデックス
トウカイパウデックス
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社東海パウデックス

全国・大手食品メーカーの工場の設計
  • 正社員
業種
プラント・エンジニアリング
機械/機械設計/食品/商社(機械)
本社
岐阜
残り採用予定数
1名(更新日:2018/07/23)

私たちはこんな事業をしています

【説明会募集中!!】

当社が開発・製造・販売する「粉体機器」は
小麦粉・チョコレートパウダー・調味料
粉薬・医薬品、セメント等の建築資材など
粉に関する生産設備です。

私たちはクライアントからの依頼を受けて
工場や製造品目に合わせて粉体機器とプラントシステムを
フルオーダーメイドで設計・開発・製造。
全国の大手製造メーカーから声のかかる専門性の高い会社です。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

全国でも稀少な“食”に携わる機器の製造メーカー

当社は、1960年設立。全国の大手食品メーカーの工場等に生産設備を納めている会社。当社が携わっているのは、小麦粉、チョコレートパウダー、調味料、医薬品等を作り出す際に必要な「粉体機器」。みなさんが毎日のように口にしている、ラーメンやパスタ等の麺類、パン、お菓子類は、粉体機器を使って製造されています。機器単品の製造に携わる会社は、全国に何社かありますが、プラント全体から単品機器までトータルで携わり、設計から製作、施工、メンテナンスに携わっている会社となると、全国的に見ても稀少。当社はその中の1社。技術力には定評があり、大手食品メーカー、大手製粉メーカーからも一目置かれている存在です。

事業・商品の特徴

大手メーカーの仕事が売上の7、8割。売上は安定しています。

麺類、お菓子等の食品のニーズは、海外情勢や景気の影響を受けにくいので安定。同様に食品メーカーに携わる当社は、景気の影響を受けにくく売上も安定しています。当社の場合、会社設立時から、大手食品会社、大手製粉会社と直接取引。長い歴史の中で、積み重ねてきた信頼と実績は大きなものとなっています。現在では、大手メーカーの仕事が売上の7、8割。この業界は、大手から見ると市場が小さく、一方でノウハウを要するため、中小企業の新規参入がしにくいという業界。この先、競合会社が激増する可能性は極めて低いため、これからも安定して仕事を続けていくことができます。

技術力・開発力

他に類を見ない専門的なノウハウを蓄積。最前線の技術習得も

前身「東海製粉機製作所」時代から蓄積してきた実績が残っています。経験工学に基づくパラメーターやステータスのストック、取引実績500社の中で描いてきた図面のストックは、当社の財産。こうしたノウハウを活かした「粉体ハンドリング」では、全国的に見てもトップクラスの技術を誇ります。こうしたノウハウを最大限に活用し、質の高い機器を提供。大手メーカーからも高く評価されています。先輩の補佐からスタートして、設計、工事のチェック、試運転、立ち上がリまでの一連の作業に携わりながら、こうした技術を身に着けることができます。職場は20代の若手から、40代のベテランまで様々なキャリアのメンバーが活躍しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

粉体機器とプラントシステムを開発する『開発設計職』として、
大手製造メーカーからの依頼に応える仕事をしていきます。

粉体機器のジャンルは製造品目によって多種多様。
ナノ単位の精度で粉体の品質が求められる粉体機器や、
空気で粉体を数百メートル以上搬送させる装置など、
お客様のオーダーに合わせた一品ものが多く、
技術者としてチャレンジしていく楽しさがあります。

会社データ

事業内容 ■粉粒体機器・プラントの設計、製作、施工、メンテナンス

当社は粉体に関わる製造機械の設計から製造・施工までを行う、トータル・システム・プラントエンジニアリング企業です。創業当時は「東海製粉機製作所」として製粉機の開発・製造からスタート。その後領域を広げて、あらゆる粉体のトータル・システム・エンジニアリングを目指して、 専門知識と技術の蓄積・開発に努めてきました。 その経験を活かして現在では、粉体製造技術の専門企業として、粉体にかかわる総合的なプロデュースを展開しています。また開発・販売だけでなく、各種機器・プラントの設計、製作、据付工事、電気工事、試運転調整、アフターサービスまで、一気通貫して手掛けています。
設立 1960年(昭和35年)6月1日
資本金 4000万円
従業員数 50名
売上高 20億円(2015年実績)
代表者 代表取締役社長 西田俊一
事業所 〒504-0014 岐阜県各務原市那加山崎町87-5
沿革 1959年1月
前会長 西田千代一が岐阜市にて個人創業する。

1960年6月
有限会社 東海製粉機製作所 設立。

1963年10月
各務原市岐阜県金属工業団地内に工場新設、移転する。

1971年5月
株式会社に組織変更。

1983年3月
敷地内に粉体研究所を建設。

1991年4月
西田俊一が代表取締役社長に就任、
社名を株式会社 東海パウデックスに変更する。

2006年3月
ベトナムにVINA TOKAI POWDEX Co.,Ltd.設立。

2007年1月
各務原市那加山崎町に新社屋竣工、移転する。
粉体は第4の物性!? 麺類、菓子類、飲料などの製品は、
貯槽、輸送、粉砕、精選、計量、乾燥、排出、集塵など、
さまざまな粉体技術が集約されて製造されています。

粉体は、個体、液体、気体に次ぐ第4の物性。
その技術の応用は多岐にわたり、
食品を中心にケミカル・建築・アグリカルチャーの分野まで、
幅広い分野から注目を浴びています。
伸びしろのある分野です。 粉体技術はまだまだ未開拓の分野。
昔は食品や化学品などが中心でしたが、
地球環境が社会問題になってからは、
リサイクル分野でも必要とされるなど、
現在の産業・生活から切っても切り離せないニーズがあります。
今なお未開拓で発展性に溢れた分野なのです。
国内屈指の粉体研究室! 粉に関する生産設備なら東海パウデックス。
当社には国内最大級の粉体研究室があり、
大手企業から粉体技術を活かした製造技術の開発など、
様々な依頼が寄せられています。

機械の製造だけでなく、
技術開拓にもお客様と二人三脚で取り組むことで、
トータルシステムエンジニアリング企業としての使命を果たしています。
ITも積極的に取り入れています! この規模では珍しく、自社内でサーバーを運用管理しており、IT専任社員も在籍しています。基幹ソフトも自社開発で効率化を積極的に進めています。また、3Dプリンタを4台、AI搭載ロボットのPepper(ペッパー)を導入するなど、IT、FA、AIの時流に乗れるよう最先端の設備で研究開発をしています。

連絡先

株式会社東海パウデックス
〒504-0014
岐阜県各務原市那加山崎町87-5
058-389-2021
採用担当まで
掲載開始:2018/03/01

株式会社東海パウデックスに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社東海パウデックスに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)