株式会社武田コーポレーション
タケダコーポレーション
2019

株式会社武田コーポレーション

商社/輸入/卸/日用品/インテリア/住宅
業種
商社(インテリア)
商社(建材・エクステリア)/商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)/商社(化学製品)/その他商社
本社
愛知、東京

私たちはこんな事業をしています

インテリア、収納、テントやバーベキューコンロなどのアウトドア用品、自転車のカギ、椅子、陶器など、世の中のありとあらゆるものを商材にしている私たち。1年間で取り扱うアイテム数は4000個以上。世界中から「これは売れる!」という商品を仕入れて流通・小売店に提案しています。明治40年の創業以来、実績にあぐらをかくことなく、常に攻めの姿勢で事業を展開。現在はグローバル企業としても勢力を拡大しています。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

入社1年目から、プロデューサー。

2015年入社の山本が手がけた、切り株柄のプリント商品。「いい商材がないだろうか…?」と探し回っている時に発見したもので「これはいけるかもしれない…」と大きな手応えを感じたそうです。流通・小売店のバイヤーに提案したところ「いいね!」と好感触。もう少しで店頭に商品が並びます。入社1年目から、自分で探し、提案した商品が世の中に出回る。それをたくさんの人が買う。そんな喜びを得られるのが武田コーポレーションです。山本は「新人でも与えられる裁量が広いのが刺激的です。最近も中国への出張も経験できました。学生時代に『楽しく働けたらいいな』と思っていましたが、今はまさに、その通りです」と話します。

社風・風土

商品企画、バイヤー、貿易管理…あらゆる仕事の醍醐味を一度に。

出張するだけでなく、貿易も自身で手がけられるのが武田コーポレーションの特徴です。どのコンテナに、どれだけの商品を入れて、どこまで運ぶか。物流ルートの企画・運用まで、営業は首を突っ込んでいます。他にも、取引先のバイヤーと相談しながら既存の製品をカスタマイズしたり、バイヤーと一緒に海外で商品を探したり。「こんなことをしたい!」というものがあれば、どれだけでもチャレンジできるのが私たちの社風です。仕事内容に制限はありません。商品企画、バイヤー、物流管理…あらゆる仕事の醍醐味が凝縮された私たちの営業を通じて、想像以上のスピードで成長していただけると嬉しいです。自身の新たな可能性を発見できますよ。

施設・職場環境

攻めの失敗、大歓迎!上司と先輩が守ります。

仕事の覚え方は、座学で商品企画や品質管理などのポイントを学んだり。また、先輩の商談に同行したり、実際に教えてもらったり。先輩の一挙手一投足を間近で見られるので、実践的な技術とノウハウを得られるでしょう。周りのフォローはそれだけに限りません。仕事なので失敗は付き物です。山本自身、とある納品物のデザインにチェック漏れがあり、一つひとつ修正する経験を最近したとか。彼にとって、チェック漏れの怖さを痛感すると同時に、自分を助けてくれた先輩のあたたかさを感じた案件になりました。誰かが困っていれば、周りの人が手を差し伸べてくれる環境が武田コーポレーションにはあります。攻めた結果の失敗は大歓迎ですよ。

会社データ

事業内容 【輸入卸業】
アジアをはじめとする世界各国からありとあらゆる日用品を輸入しています。ただ、既製品を輸入するのではなく、お客様のご要望に合わせた商品の企画・開発から携わっており、年間のべ4000ものアイテムを手がけています。豊富な経験と実績を持つ現地の協力工場と商品のスペックやコストを直接商談することで、いい品質のモノをリーズナブルに販売することができています。また、幅広い商品を取り扱う私たちだからこそ、複数メーカー様の商品を小ロットでたくさんコンテナに載せることができるため、輸送を効率化し、コスト削減につなげることができます。

【輸入代行事業(OEM生産)】
小売業様(依頼者)、当社、現地工場の『3社契約』による輸入代行も行っています。お客様からの開発依頼を受け、製造者である海外協力工場に製造を委託するとともに、複雑でわずらわしい輸入手続きなどを代行することで喜ばれています。
設立 1979年11月 ※創業:明治40年
資本金 2000万円
企業理念 すべての社員が人間性と能力を存分に発揮し、組織を十分に機能させ、商品開発、調達、物流の新しいモデルを開拓できる「開発型商社」を目指す
経営理念 グローバル社会の中で海外企業と良好な関係を築き
先様の利益を優先することで真の顧客満足を実現する。
コーポレートスローガン 次の人の利益を守る
行動規範 お客様に関する方針 お客様の信頼と期待に応える

お客様の利益を第一と考え、一人ひとりが会社の代表であるとの自覚を持ち、誠実、正確、そして迅速を心がけ謙虚な姿勢と感謝の念を持って行動します。
沿革 1907年 武田すだれ本店として創業

1965年 天然素材の葦を主原料として「すだれ」の製造に携わる

1974年 「すだれ」の輸入を開始

1975年 中国貿易の強化(取扱商品群の拡充)

1979年 タケダ産業株式会社に改称

1982年 武田貿易株式会社設立

1986年 現所在地に本社及び商品センターを竣工

1993年 輸出入免許の取得

1995年 上海事務所の開設

2001年 タケダ産業株式会社と武田貿易株式会社の業務統合。
      株式会社武田コーポレーションを設立
      新本社ビルを竣工

2010年 弥富商品センターを竣工

2012年 弥富第2商品センターを竣工

2013年 弥富商品センター太陽光発電開始

2014年 弥富商品センター太陽光発電増設
      ドイツ展示会に初参加
      ガーデンExpo初参加

2015年 本社展示室を竣工
      シカゴ展示会参加
      ドバイ展示会参加
従業員数 84名
売上高 74億7,100万円(2012年度実績/決算期2月)
84億3,600万円(2013年度実績/決算期2月)
84億3,600万円(2014年度実績/決算期2月)
93億2,000万円(2015年度実績/決算期2月)
47億3,600万円(2015年度実績/決算期7月)
107億6,000万円(2016年度実績/決算期7月)
代表者 代表取締役社長 武田秀春
事業所 ■名古屋本社/愛知県名古屋市港区藤前四丁目809番地
■東京支店/東京都千代田区神田西福田町4番地3
■中四国営業所/岡山県都窪郡早島町大字矢尾823番地
■西日本支店/福岡県北九州市小倉南区南方5丁目6-5
■仙台営業所/仙台市宮城野区中野字出花西45山慶ビル 102
■広島営業所/広島県広島市安佐南区長楽寺1-4-15
主要取引先 ホームセンター、均一ショップ、ディスカウントショップ、総合スーパー、ドラッグストア、アウトドア専門店
主要仕入先 中国、台湾、タイ、インドネシア、マレーシア、バングラディシュ
その他アジア各国
「輸入のプロ」を育てる研修 ■新入社員研修
社会人としての自覚・行動、ビジネスマナー
会社理解、論理的思考

■業務理解
製品知識研修、物流研修
※商品知識を増やし、国内の物流を理解する研修です。将来、中国メーカーと輸入商談するときに、国内取引先に企画提案をするときに役立ちます。

■専門知識
品質管理研修
マーケティング研修
貿易実務研修

■高度専門知識
海外研修
※世界各国の商品が集まる中国展示会に参加。膨大な数の商品の中から、これはと思う商品を発掘する力を養います。現地工場などへも訪問し異文化にも触れていただきます。
海外市場の大きさが、私たちの伸びしろです。 仕入れの100%を輸入に頼っている私たち。意外に思われるかもしれませんが、現状、その販売先はすべて日本国内。これまで、海外への販売に注力してきませんでした。しかし、今後は海外の販売を伸ばしていく予定。実際に今、販路を拡大すべくアメリカやドイツなどへ営業が足を運んでいるところ。また、ネット通販会社からお声がけいただくなど、ネットを通じた販売にも乗り出します。これまで、手付かずだった海外市場。言わば、その大きさがイコール、私たちの伸びしろ。武田コーポレーションの成長は、いよいよこれからです。
扱える商品は無限大! 私たちが輸入しているのは、インテリアやレジャー、収納などにまつわる日用品全般。扇子、綿棒、キッチンスツール、ワイヤーロック、座椅子、ストール、乾電池、洗濯ネット、スープマグ、家具、ウォールステッカー、マスキングテープ、不織布…など挙げればキリがありませんが、いずれも「この価格でこの品質はお得!」と感じるモノばかりです。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)