三菱製鋼株式会社
ミツビシセイコウ
2019

三菱製鋼株式会社

三菱グループの鉄鋼部門を担っている特殊鋼メーカー
  • 株式公開
業種
鉄鋼
自動車/機械/精密機器/重電・産業用電気機器
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

純度の高い特殊鋼を用いて素材から製品まで一貫した生産体制を軸とし、自動車業界・建設機械業界を中心に様々な技術分野において、
鋼材・ばね材・素形材を中心に付加価値の高い製品を提供することで、社会インフラを支えています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

“付加価値を素材から創る企業へ”

中長期的な変革テーマとして、「国内事業基盤の強化」「海外展開の加速」「事業のシナジー発揮」に取り組んでいます。具体的には、事業(特殊鋼鋼材、ばね、素形材)それぞれの生産拠点に置いていた研究開発機能を集約した技術開発センターを立ち上げ、事業の横断的な開発を可能とし、「特殊鋼をつくり加工する」という当社の強みを「付加価値を素材から創る」に発展させ、なお一層グローバルにも展開していきます。

技術力・開発力

“素材から製品まで一貫した生産体制”

三菱製鋼は「素材から製品まで」をつくり上げるメーカーとして、日本のものづくりを支える技術の研究開発でも一貫した取り組みを行っています。事業部門から独立した技術開発センターが、鋼材・ばね・素形材各事業間のシナジー効果を最大限追求し、中長期的視点で横断的な研究開発を進め、素材から付加価値を吹き込み、グローバルに競争力のある製品を創ります。

社風・風土

“若手社員への期待が高く、フォローアップ体制も充実”

新入社員研修の工場実習で、各工場のたくさんの先輩たちとコミュニケーションがとれるだけでなく、入社3年間は年齢の近い先輩社員に公私ともに相談できるエルダー制度もあり若手をバックアップしてくれます。その後は、ローテーション制度により、様々な業務や職場を経験し、幅広い知識を身に付けることができます。また当社では、海外展開が加速していますが、若手社員はその重要な役割を担っています。

会社データ

事業内容 特殊鋼圧延鋼材,ばね,建設機械部品,自動車部品用品,精密部品,精密鋳造品,鋳鋼品,鍛造品,磁性材料,粉末製品,機器装置などの研究・開発・製造・販売
設立 1949年12月(創業:1917年4月)
資本金 99億2400万円(平成29年3月31日現在)
代表者 取締役社長 佐藤 基行
従業員数 3,655人(連結)748人(単独)/平成29年3月末現在
事業所 本社/東京
工場/千葉(市原市)、福島(会津若松市)、北海道(室蘭市)
支社/名古屋,大阪
営業所/福岡,広島
サービスセンター/全国に16ヶ所
海外拠点 カナダ、アメリカ、メキシコ、中国、フィリピン、タイ、インド、インドネシア、ドイツ
売上高 1,037億円(連結) 580億円(単独) /平成29年3月期
株式上場 東証1部上場
検索用キーワード 自動車関連:ターボチャージャー、エンジン部品、トランスミッション部品、CVT、サスペンション、ばね
携帯機器関係:携帯電話、ケータイ、内蔵アンテナ、携帯音楽機器、携帯ゲーム機、ヒンジ、HDD、デジタルビデオカメラ、デジカメ
車両関連:建設機械、建機、鉄道、新幹線、地下鉄
製造技術:製鋼、圧延、熱間成形、冷間成形、鋳造、鍛造、精密鋳造、ロストワックス、精密鍛造、冷間鍛造、プレス成形、機械加工、精密機械加工、金型加工、磁石、超合金、粉末、微粉末、放電加工
加工ツール:NC加工、レース加工、旋盤、ボール盤、フライス、マシニングセンタ、インジェクションマシーン、射出成形機、ワイヤー放電加工機、研磨機、研削盤、油圧プレス
設計ツール:CAD,3D-CAD,Auto CAD,CATIA,CAM,CAE,CADCEUS,FEM,IDEAS,Pro/Engineer,Pro-E,Solid Works,Marc
検査ツール:蛍光X線、3次元測定機、SEM、ネットワークアナライザー、電波暗室
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)