ジャトー株式会社
ジャトー
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
家電・AV機器
放送/コンサルタント・専門コンサルタント/ソフトウェア/商社(電機・電子・半導体)
本社
大阪、東京

私たちはこんな事業をしています

JATOは、デジタルテクノロジーを用い、音響・映像・情報・セキュリティの分野で新たな価値を次々と創造してきた会社です。野球スタジアム、コンサートホール、テーマパーク、大劇場、国際空港施設をはじめ、大学など教育機関にも、JATOの多彩なテクノロジーが導入されています。音響・映像といったクリエイティブな仕事と、情報伝達という正確性が問われる仕事。いずれの仕事においても、JATOは高い評価を獲得しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

天空から音が降り注ぐ。五感をふるわすJATOのテクノロジー。

高い操作性を保証しながら、ハイクオリティな音響・映像をつくりだすのがJATOの仕事。すでに数多くのホール、ホテル、スタジアムなどに導入され、人々の五感をふるわしています。天空から音が降り注ぐ、圧巻のシステムもJATOがつくりだす世界観の一つ。活躍の舞台は日本全国に広がっています。★日本万国博覧会、沖縄海洋博覧会など、日本で開催される大規模な博覧会でも、JATOのテクノロジーが利用されてきました。★「沿革」の欄を参照ください。

戦略・ビジョン

若いメンバーに、実力発揮のチャンスを提供するのがJATOの流儀。

JATOが開発した音響、また映像、情報、セキュリティなどのシステムは、すでにお話したように数多くの施設で導入されています。アナログを主流にした従来のシステムをデジタル化にする改築・改良も、現在、急ピッチで進められています。機器やシステムを開発する開発型企業であるとともに、大きな施設の施工までを自社で行う施工力ある企業として、様々なケースでのニーズに対応しています。採用した人材の育成に注力する一方で、若いメンバーにも実力発揮のチャンスを提供。開発、施工の現場で数多くのスタッフがイキイキと仕事に取り組んでいます。

事業・商品の特徴

まだまだある。ジャトーのテクノロジーは世界をかえる。

社会の便利さの隣に、JATOのテクノロジーは生きつづけています。たとえば列車の発着にあわせて構内に流れる自動放送のシステムや、管理センターから運行に合わせた放送を集中制御するシステムもその一つ。また、フロアに入場するためのチケット購入システムや、非接触型カード式入退出管理システムなどのセキュリティーの分野でもJATOのテクノロジーが活かされ、安全で快適な社会を生み出しています。テクノロジーで世界をかえる。これ、JATOの仕事です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

募集職種は【営業】【設計】【製造(ハードウェア)】【製造(ソフトウェア)】【施工管理】【メンテナンス】の6職種です。【営業】クライアントの課題解決のための企画・提案【設計】は、クライアントのご要望にあわせたシステムの設計。【製造(ソフトウェア)】は、設計したシステムの開発、【製造(ハードウェア)】は主に自社ブランド製品の開発。【施工管理】は工事全般の管理。【メンテナンス】が点検・メンテナンス。

会社データ

事業内容 ■音響、映像、情報、セキュリティーシステムの設計、施工、メンテナンスおよび関連機器の開発、製造、販売
■ネットワーク構築、コンテンツ制作、ネット配信およびソフトウェアの開発、販売
■住宅用設備、照明器具、生産材の販売
創業 1946年10月
設立 1960年8月
資本金 8000万円
従業員数 200名
売上高 72億円(2017年度)79億円(2016年度)、82億円(2015年度)、68億円(2014年度)
代表者 代表取締役社長 小野謙治
事業所 ■大阪本社/大阪市北区末広町1-22
■東京本社/東京都港区浜松町2-7-19 KDX浜松町ビル7階

■東北営業所/仙台市青葉区二日町3-10  グラン・シャリオビル7階
■中部営業所/名古屋市西区名駅3-6-20 福田ビル1階
■京滋営業所/京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町79 ヤサカ四条烏丸ビル9階
■和歌山営業所/田辺市東陽22-32
■中国営業所/広島市西区天満町9-1
■四国営業所/高松市築地町16-14
■徳島営業所/徳島市西船場町3-11-1
■九州営業所/福岡市博多区豊1-4-25
有名なホールや博覧会でも利用されているジャトーのテクノロジー ■昭和45年(1970)/日本万国博覧会(大阪)にて多数のパピリオンの特殊音響設備を納入
■昭和50年(1975)/海洋博覧会(沖縄)にてイルカと会話するシステムを納入
■昭和58年(1983)/大阪城ホールに特殊音響設備を納入施工
■昭和60年(1985)/宝塚大劇場にコンピューター式特殊音響設備を納入
■平成2年(1990)/ 国際花と緑の博覧会(大阪)に音響・映像設備を納入
■平成13年(2001)/大阪シティードームに音響設備を納入
■平成15年(2003)/ 六本木ヒルズにセキュリティー、音響・映像設備を納入
■平成22年(2010)/東京宝塚劇場に音響設備を納入
■平成24年(2012)/フェスティバルホールに音響設備を納入
■平成25年(2013)/東京国際フォーラムに音響設備を納入
■平成27年(2015)/市立吹田サッカースタジアムに音響設備を納入
音が天空から降り注ぐ~舞台音響装置 オープンから何十年もの間、
数多くの音楽家、アーティストたちに愛されてきた
コンサートホールの建替えが行われたのは、2012年のこと。
ジャトーは、「舞台音響設備全般」を担当。

1)デジタル化への対応
2)スピーカーシステムの構築
3)スピーカー選定試験の実施
4)連絡システムの構成
5)最高の音響を追求するためのさまざまなテクノロジーの提供

以上を行い、まるで天空から音が降り注ぐ音響システムに多くの方から
賞賛の声が寄せられました。
沿革(創業~1999年) ■昭和21年(1946)
創業者小野楠曠、独立して大阪市北区梅田に「小野電業社」を創業
松下電器産業(現パナソニック株式会社)のナショナルモートル代理店として
重電機関係機器の販売に主力をおく

■昭和24年(1949)
「日本電工株式会社」に改組
社屋を大阪市北区曽根崎上に移転

■昭和32年(1957)
大阪市北区末広町に本社屋を移転
弱電部門に進出、松下電器産業、松下電工の全製品を取り扱う

■昭和35年(1960)
通信機器、AV機器の販売および工事部門を「日本通信工業株式会社」(資本金200万円)として分離独立

■昭和38年(1963)
日本電工の特機部門を「小野ナショナル特機販売株式会社」(資本金2,000万円)として分離独立

■昭和42年(1967)
製造部門を強化するため、日本通信工業守口工場(敷地面積1,600m2、延床面積400m2)を新設
“商品を売る”会社から“システム技術を売る”会社へ

■昭和45年(1970)
日本万国博覧会(大阪)にて多数のパピリオンの特殊音響設備を納入

■昭和47年(1972)
ホテル用LED式ルームインジケーターを開発

■昭和48年(1973)
日本通信工業広島営業所を開設

■昭和50年(1975)
日本通信工業東京営業所を開設
本社社屋新築完成、守口工場を新社屋に移転
オーディオモニター設備(超高感度集音装置)を開発
8CHデジタルタイマーを開発
海洋博覧会(沖縄)にてイルカと会話するシステムを納入

■昭和53年(1978)
非接触カード式入退管理システムを開発

■昭和54年(1979)
宴会場用ワンマンオペレーションミキザーを開発
エレベーターマイク自動コントロールシステムを開発

■昭和57年(1982)
日本通信工業、小野ナショナル特機販売、日本電工の3社を統合合併
新会社「日本通信小野特機株式会社」(資本金8,000万円)を設立
代表取締役社長に小野剛が就任
自動掃除機「クリーンロボ」を開発

■昭和58年(1983)
大阪城ホールに特殊音響設備を納入施工

■昭和60年(1985)
劇場の音像移動システムを開発
宝塚大劇場にコンピューター式特殊音響設備を納入

■昭和62年(1987)
駅構内案内自動放送システムを開発

■昭和63年(1988)
四国営業所を開設
スリットスピーカーを開発

■平成元年(1989)
IHI・松下電器とウォータービジョンを開発

■平成2年(1990)
経営理念“Link & Harmony”を制定
九州営業所を開設
パソコン式宴会場看板制作システム「かんばんくん」を開発
国際花と緑の博覧会(大阪)に音響・映像設備を納入

■平成8年(1996)
創業50周年
商品・技術開発コンセプト“LIVEWARE”を発表

■平成10年(1998)
新型非接触カード式入退管理システム「J-Gate」を開発
介護施設向けナーシングサポートシステム「PCナース」を開発

■平成11年(1999)
資本金を1億円に増資
カード式電源コントローラー「J-pocket」を開発

沿革(2000年以降) ■平成13年(2001)
品質管理・保証の国際規格ISO9001:2000の認証を取得(※1)
台湾支店を開設
日本通信小野特機株式会社から「ジャトー株式会社」に社名を変更
大阪シティードームに音響設備を納入

■平成15年(2003)
代表取締役社長に荒川和男が就任
代表取締役会長に小野剛が就任
病室インターネットシステム「テガミール」を開発
デジタルマトリックスミキサーを開発
クア・リゾート支援システム「湯名店」を開発
六本木ヒルズにセキュリティー、音響・映像設備を納入

■平成16年(2004)
薬袋搬送システム「Jリフター」を開発
車両ナンバー認識システムを開発

■平成17年(2005)
ネットワークに対応した最新の駅構内放送システムを納入

■平成18年(2006)
創業60周年
東京支店から東京支社へ体制強化

■平成19年(2007)
学校情報掲示板システム「Campus Viewer」を開発

■平成20年(2008)
スタイリッシュルームコントローラー「BELEGA」を開発
デジタルサイネージシステム「Info Viewer」を開発
プレゼンテーションVCAミキサー「デジタルマルチミキサー」を開発

■平成21年(2009)
代表取締役社長に小野謙治が就任
品質管理・保証の国際規格ISO9001:2008の認証を取得(※2)

■平成22年(2010)
東京宝塚劇場に音響設備を納入

■平成23年(2011)
京滋営業所を開設
タッチパネル化ユニット「Air Touch Sensor」を開発
クラウド対応デジタルサイネージサービス「Info Viewer SaaS」を開発

■平成24年(2012)
東北営業所を開設
フェスティバルホールに音響設備を納入

■平成25年(2013)
資本金を8,000万円に減資
東京国際フォーラムに音響設備を納入

■平成26年(2014)
中部営業所を開設

■平成27年(2015)
市立吹田サッカースタジアムに音響設備を納入

■平成28年(2016)
創業70周年
本社社屋リニューアル

■平成29年(2017)
品質管理・保証の国際規格ISO9001:2015の認証を取得(※)
デジタルサイネージシステム「Info Viewer 3」を開発
AVコントロールソフトウェア
「Audio Visual Control System」を開発

(※)本社、東京本社、東北営業所、中部営業所、
京滋営業所、中国営業所、四国営業所、九州営業所

連絡先

ジャトー株式会社人事・総務部
〒530-0053 大阪市北区末広町1-22
tel:06-6313-1351
掲載開始:2018/03/01

ジャトー株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ジャトー株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)