一沢コンクリート工業株式会社
イチサワコンクリートコウギョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
建材・エクステリア
建設/セメント
本社
岩手
残り採用予定数
2名(更新日:2019/02/08)

私たちはこんな事業をしています

【プレエントリー・説明会予約受付中!!!】
私たちは、多種多様なコンクリートニ次製品の製造・販売を行う会社です。久慈市に本社・工場を置き、盛岡、八戸、宮古に営業所を設置。インフラ整備に欠かせない道路用各種コンクリート製品やコンクリート積みブロックのほか、法面・護岸用ブロック、環境対応型擬石ブロック、水路側溝など、人々の安全・安心を守り、快適な居住環境を構成するさまざまな製品を手掛けています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

常に新しいコンクリート製品づくりを目指す、未来志向の会社です

構造物をつくる際、形成が自在、寿命が長いなどの特徴を持つコンクリートは理想的な建材として、さまざまな場面で古くから利用されています。当社はプレキャストコンクリート製品を中心に、身の回りのあらゆる場所で使用される二次コンクリート製品を製造。ブロックや擁壁、側溝、基礎建材、型枠、法面・護岸用ブロックなど、耐震性、耐火性、遮音性、耐熱性、耐久性に優れた製品を、量産品から特注品に至るまで、幅広く手掛けています。80年以上にわたりコンクリート一筋に培ってきた技術力を活かし、新製品開発や新市場開拓など新しい分野へもチャレンジ。特許や意匠登録の登録も積極的に進めており、オンリーワンのモノづくりが特徴です。

技術力・開発力

大学や研究機関と共同で、業界の先端を走る工法と建材を独自開発

当社も参画している「トップベースエ法」は、コンクリート製コマ型ブロック本体の特殊な形状を活かし、軟弱な地盤でも強固な建造物を可能とする、画期的な基礎工法。独自開発の「マイ独楽」は古くから伝わる玉石工法の原理を応用し、応力集中を防いで荷重を分散させ沈下抑制に効力を発揮。吸振・防振効果による耐震性が期待でき、杭工法より経済的、特別な機械を必要とせず施工が簡単、廃材も最小限に抑えることができ環境にやさしいなど、たくさんのメリットがあります。このエ法は京都大学などの研究機関で約7年にわたって実験が繰り返され、さらに(財)土木研究センターによる2年の調査・研究より設計・施工のマニュアル化が行われました。

仕事内容

製造現場を経験したあとは営業や管理などへのキャリアチェンジも

入社後は、社会人としてのマナーや当社の概要などを学ぶ基礎研修からスタート。その後は希望や適性により、工場の各部署へ配属します。工場内では製品製造に関するさまざまな工程を経験していただき、一人前の技術者を目指して研修を実施。生コン打設や形成作業、型枠の清掃・組立てなどのほか、フォークリフトやクレーンなど機械の操作も行います。一定の期間を経て本人の成熟度を判断したのち、希望により営業や管理業務へのキャリアチェンジも可能。もちろん、製造現場で技術を極める道もあります。当社の製品は消費財ではないためあまり目立ちませんが、人々の安全・安心を守り、豊かで快適な生活環境をつくるというやりがいに満ちています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆製造工
工場内でのコンクリート製品(側溝やブロックなど)の製造

会社データ

事業内容 ◆コンクリートニ次製品の製造及び販売
◆土木工事業
設立 1969年3月
資本金 1000万円
従業員数 135名(平成29年4月現在)
売上高 220,000万円
代表者 代表取締役 一沢 健治
事業所 【本社・本社工場】
岩手県久慈市長内町第37地割6番地1

【第二工場】
岩手県久慈市長内町第37地割6番地1

【宇部工場】
岩手県久慈市宇部町第3地割121番地53

【盛岡営業所】
岩手県盛岡市長橋町34番7号

【八戸営業所】
青森県八戸市大字市川町字下田堺4-3(おいらせTIK内)

【宮古営業所】
岩手県宮古市黒森町2-3 ラディッシュ1階102号室

【関連会社】
有限会社一沢鉄鋼
沿革 昭和9年 一沢コンクリート工業所を設立し、セメント瓦の製造販売、施工を開始
昭和29年 空洞コンクリートブロックの製造販売を開始
昭和30年 鉄筋コンクリート管の製造販売を開始
昭和37年 護岸ブロックの製造を開始
昭和39年 道路用コンクリート製品の製造販売を開始
昭和44年 一沢コンクリート工業有限会社を設立
昭和47年 日本工業規格表示許可工場となる
昭和51年 第二工場を建設、道路用製品の製造を開始
昭和53年 第二工場に即時脱型製品部門建設、各種ブロックの製造を開始
昭和54年 鉄筋網加工部門と営繕部門を合併し、有限会社一沢鉄鋼を設立
昭和57年 第二工場が日本工業規格表示許可工場となる
昭和59年 日本消防設備安全センター二次製品防火水槽認定工場となる
昭和62年 盛岡営業所を開設、本社工場・第二工場が日本テールアルメ協会認定工場となる
昭和63年 本社工場が全国宅地擁壁認定工場となる
平成2年 第二工場が日本下水道協会下水道用資器材製造認定工場となる
平成3年 有限会社の組織を株式会社に変更、第二工場が日本工業規格表示許可工場となる
平成5年 岩手県コンクリート製品協会認定工場となる、大型積みブロックの製造を開始
平成7年 建設業登録許可、大型擬石擁壁ブロックの製造を開始
平成8年 第二工場がザ・ウォール、ザ・ウォール及びハイタッチウォールの建設大臣認定擁壁製造工場となる、円型側溝の製造を開始
平成9年 第二工場が日本工業規格表示許可工場となる、マンホールの管取付けブロック工法について特許取得、アイロックの擬石部分の意匠登録
平成10年 第二工場が二次製品耐震性貯水槽の型式認定工場となる
平成11年 フロテロックメーク(残存化粧型枠)、プロテロックピアス(残存型枠)の製造を開始
平成12年 第二工場がテールアルメ擁壁の建設大臣認定擁壁製造工場となる、FX側溝(防音側溝)の製造を開始、カゴボックス(環境保全型ブロック)の製造を開始、岩手県型集水桝の製造を開始
平成13年 アイグリーン(環境保全型張ブロック)の製造を開始
平成14年 第二工場が二次製品耐震性貯水槽の型式認定工場となる
平成15年 八戸営業所を開設、宇部工場がJIS表示認定工場となる
平成16年 プレキャストL型擁壁「アイ・ウォール」製造販売開始
平成18年 岩手県再生資源利用認定取得
平成19年 宮古営業所を開設、宇部工場が新JIS表示認定工場となる
平成20年 第二工場がJIS表示認定工場となる
ホームページ https://www.ichisawa-con.net/

連絡先

一沢コンクリート工業株式会社
〒028-0041 岩手県久慈市長内町第37地割6番地1
採用担当 砂子 正志
TEL:0194-52-1811
E-mail:m.sunako@ichisawa.co.jp
掲載開始:2018/03/01

一沢コンクリート工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

一沢コンクリート工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)