株式会社マネーパートナーズ
マネーパートナーズ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社マネーパートナーズ

【FX・CFD・証券取引・外国為替・マネパカード】
  • OpenES
  • 正社員
業種
その他金融
証券/コンサルタント・専門コンサルタント/その他サービス/インターネット関連
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【勤務地:東京(六本木)】※転勤なし

「マネパはお客様と共に。お客様の為に。」の下

FX・CFD取引などトレーディング
外貨両替・マネパカードなど実需
証券取引など長期資産運用

を三本柱として総合的金融サービスを提供しています。

昨年9月に仮想通貨交換業者登録を完了し、金融商品取引業等とのシナジーを
今後のビジネス展開に活かし、より多くのお客様に愛される会社を目指したいと
考えております。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「外国為替ならマネーパートナーズ。」-外為を誠実に-

私たちは、マネーパートナーズグループの中核企業として「自分がお客様の立場なら嬉しいと思えることをできるだけ実現する。」との思いで、外国為替事業に取り組んでまいりました。外国為替、デリバティブ、インターネットによるサービスはまだまだ発展していきます。当社においては、それは個人投資家の皆様の健やかなる発展と歩みを共にしなければならないと思っております。お客様により喜ばれるよう、より受け入れていただけるよう、そしてよりご信頼いただけるよう、お客様と共に歩んでまいります。また、昨年9月には仮想通貨交換業者登録をし、今後、金融業ライセンスとのシナジーをビジネス展開し、社会の公器として努力してまいります。

事業優位性

「2018年オリコン顧客満足度調査 FX取引 第1位」

「投資家の為に。投資家目線で。結果としてそれが自分たちの為にもなる。」そう思い続けて、取り組みを続けています。その結果として、マネーパートナーズは、、oricon MEが発表した「2018年オリコン顧客満足度調査」の「FX取引」において、前回に続き、第1位の評価をいただきました。お客様目線でサービスを積み上げ、改善に取り組み続けてきたことに対しての評価をいただきました。引き続きお客様により満足いただけるよう第1位の名に恥じぬよう取り組みを継続してまいります。(プレスリリース平成30年1月4日)

事業優位性

日本最安コストで外貨を使えるプリペイドカードはマネパカード。

人気アイドルグループの「マネパカード宣伝部」でおなじみの「マネパカード」は、ネット上でFX会社のスキームを活かした大変お得なレートで両替ができ、おさいふ感覚で利用いただけます。昨年も、「外貨が使えるプリペイドカードにおける海外ショッピング利用時コスト比較」において日本最安でサービスを提供しているという結果を獲得しました。(プレスリリース平成29年7月3日)

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【デスクワークの事務総合職で、FXなどの外国為替業務に従事します。】
※各部の仕事については採用情報画面をご覧ください。

当社にはリアル店舗はなく、インターネットによるWEB上でお客様と接しています。
いつもお客様を目の前にしている気持ちを持って仕事に取り組んでいただきます。

既存概念にはとらわれない「カスタマーファースト」の視点で、柔軟な発想のもと
チャレンジ精神を発揮できる方を求めています。

会社データ

事業内容 <東証一部上場「(株)マネーパートナーズグループ」の100%子会社>
インターネットを通じてのFX・CFD・証券取引・外国為替・マネパカードなどの金融サービス事業

◆金融商品取引法に基づく外国為替証拠金取引及び有価証券関連業務
◆外国通貨の売買、売買の媒介、取次ぎもしくは代理業務
◆金融商品取引業
◆商品先物取引業、資金移動業

【加入協会等】
・日本証券業取引協会
・金融先物取引業協会
・日本商品先物取引協会
・日本資金決済業協会
・日本仮想通貨事業者協会
・プライバシーマーク取得企業

※金融商品取引業の登録番号  関東財務局長(金商)第2028号
  資金移動業の登録番号      関東財務局長第00022号
  仮想通貨業の登録番号      関東財務局長第00001号

【顧客口座数】 311,645口座
【預り証拠金】  627億8,900万円
※共に2018年1月現在

~プロフィール~

2005年6月 会社設立し、FX(外国為替証拠金取引)サービスを開始

2006年9月 株式会社マネーパートナーズソリューションズを設立

2007年6月 大証ヘラクレス(現JASDAQ)市場に
      FX専業会社として初めて上場

2008年4月 「代用有価証券取扱いサービス」のサービス開始

2008年9月 「パートナーズFXnano」のサービス開始

2008年10月 持株会社体制への移行
       株式会社マネーパートナーズグループ、
       株式会社マネーパートナーズ、
       株式会社マネーパートナーズソリューションズの3社体制

2009年6月 「パートナーズFX」開設口座数10万件突破

2010年11月 「Hyper Speed NEXT」取引ツールのサービス開始

2011年3月 「外貨両替・受取サービス」を成田空港にてサービス開始

2011年8月 「CFD-metals」のサービス開始

2012年5月 持株会社「株式会社マネーパートナーズグループ」が
       東証第2部に上場

2012年7月 「外貨両替・受取サービス」を関西国際空港にてサービス開始

2012年8月 「パートナーズFX」開設口座数20万件突破

2013年5月 持株会社「株式会社マネーパートナーズグループ」が
       東証第1部に上場

2013年7月 「外貨両替・受取サービス」を羽田空港・中部国際空港にて
       サービス開始

2014年4月 「かんたんトレナビ」のサービス開始

2014年6月 「外貨引受けサービス」を浅草商店連合会にて開始

2014年9月 「マネパカード(海外専用のトラベルプリペイドカード)」の
       サービス開始

2014年12月 「パートナーズFX」が6年連続約定力No.1を達成

2015年6月 「外貨両替・受取サービス」が「ANAショッピング+」と
       提携開始

2016年2月 ホームページにBitcoinの参考レート表示(提供:Kraken)

2016年3月 大和ネクスト銀行と提携カード「DAIWA SMART DEPOSIT」スタート

2016年6月 マネパカードの国内利用サービス開始

2016年12月 2016年オリコン 日本顧客満足度調査 FX取引  第1位を獲得

2017年4月 ビットコイン取引所「Zaif」とマネパカード連動サービス開始
       株式会社日本旅行との提携カード「日本旅行マネパカード」開始

2017年5月 「パートナーズFX」開設口座数30万件突破

2017年9月 仮想通貨交換業者として登録
      マネパカード口座数10万口座突破

2018年1月 2018年オリコン顧客満足度調査 FX取引 第1位を獲得
      「パートナーズFX」が9年連続約定力No.1を達成(矢野経済研究所調べ)
「FX(外国為替証拠金取引)」とは… 簡単に言うと、外国為替の売買を通じて、その差額を利益として狙う取引のことです。

◆「円安ドル高」とか聞きませんか?

アメリカに旅行に行く際には、日本円をアメリカドルに両替すると思います。
例えば出発時に、「100円=1ドル」の為替レートで「1万円」両替したら、「100ドル」ですよね。
数日滞在後、帰国する際に残っていた「100ドル」を日本円に変えようとしたら、
「105円=1ドル」になっていたとしましょう。
すると、両替によって「1万500円」を手にすることになり、「500円」の利益が出たことになります。

よくニュースなどで耳にする「円安ドル高」が、これです。
外貨に対して円の価値が高い状態を「円高」、低い状態を「円安」といいます。

FXとは、ドル、ユーロ、ポンドなど外国の通貨を売買して、その差額を利用する
資産形成または資産運用取引の一つになります。

為替レートは常に変動しているため、
為替の動きを見極めて投資することで、利益を得ることができるのです。

◆「てこの原理」も使います。

差額で利益を出すことはできますが、運用資金が少額では利益も少額です。
そこで出てくるのがレバレッジ(てこ)。
てこの原理のように、証拠金として小さな資金を預け入れることで、
大きな金額を動かせるのです。
これを使えば、資金効率を最大25倍まで高めることが可能。
1万円の証拠金で25万円分の運用ができるということです。

他にも、金利差で利益を得られる「スワップポイント」という仕組みを利用して、外貨預金
のようにコツコツと利息を貯めていく方法もあります。

もちろん現時点で分からなくてもまったく問題ありません。
入社後には丁寧に説明しますので、まずは興味を持っていただけたら、うれしいです。

もう少し詳しく知りたい方は、こちらのURLを見てください。
「FXのキホン」
https://www.moneypartners.co.jp/beginner/aboutfx
マネパカードとは… マネパカードは「日本」でも「海外」でも使えるマルチカレンシー・プリペイドカードです。
マルチカレンシーとは、複数の通貨のこと。

マネパカードは、1枚で6つの通貨(米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドル・日本円)
をチャージしてご利用いただけます。

使い方は、日本国内と海外のマスターカード加盟店で、日本国内ではお買い物、
海外ではお買い物とATM引き出しにご利用いただけます。
マスターカード加盟店で使用できるからといってもクレジットカードではありませんので、
使いすぎることはありません。

もう少し詳しく知りたい方は、こちらのURLを見てください。
「マネパカードとは?」
https://card.manepa.jp/about/
設立 2008年5月9日
※持ち株会社体制に伴う子会社化
資本金 31億円(2017年3月現在)
従業員数 単体67名、グループ全体98名(2017年3月31日現在)
営業収益 58億6,200万円(2017年3月期実績)

◆経常利益
10億4,400万円(2017年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 奥山 泰全

◆日本仮想通貨事業者協会の会長も兼務しています。
しかし、実は気軽に誰でも話しかけやすい気さくな人ですよ。

~社長の想い~
ここで実現できないことは、どこでも実現できない。
そんな会社に、そんなそれぞれになろう。
事業所 ◆本社
東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー33階
関連会社 株式会社マネーパートナーズグループ(東証一部上場)
株式会社マネーパートナーズソリューションズ
CSR活動 私たちマネーパートナーズは「子供の森」計画を応援します。

私たち株式会社マネーパートナーズは、企業として社会・環境・経済に対してバランス
の取れた経営を実践し、企業の社会的責任を果たしていくことを常に意識しております。

私共にできることは何かと考えた結果、より良い社会と住みよい環境作りを目指し、
未来をつくる子どもたちのために、できる限り「子供の森」計画を支援させていただく
ことを決定いたしました。

当社は、平成17年9月1日より、新規口座開設数に応じて、月末に一括でオイスカに
寄付することで支援を致しております。 送られた寄付は世界中の学校での「植林活動」
「環境教育」「教育用文具・学校施設の充実」 のために活用されます。

この取り組みが世界の自然を広げ、子どもたちの笑顔につながることを確信しております。

※公益財団法人オイスカ
 「子供の森」計画(CFP:Children’s Forest Program)の目的は、子どもたち自身が、
 学校の敷地や隣接地で苗木を植えて育てていく実践活動を通じて「自然を愛する心」
 「緑を大切にする気持ち」を養いながら、地球の緑化を進めていこうというプログラム

連絡先

〒 106-6233
東京都港区六本木 3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 33階
TEL:03-4540-3966/採用担当

■マネーパートナーズホームページ
https://www.moneypartners.co.jp/
掲載開始:2018/03/01

株式会社マネーパートナーズに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社マネーパートナーズに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)