公益財団法人北海道農業公社
ホッカイドウノウギョウコウシャ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
公社・官庁
農林/コンサルタント・専門コンサルタント/団体・連合会/その他サービス
本社
北海道
残り採用予定数
6名(更新日:2018/09/10)

私たちはこんな事業をしています

北海道農業公社は、北海道の農業の経営規模拡大や生産性向上に資する
各種事業を総合的に実施する公益法人として、
国や北海道の農業施策に沿い農業・農村の活性化を目指す地域の取り組みを支援しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

「農業をやりたい、経営規模を拡大したい」農業者を応援

北海道では、農業就業者の高齢化・担い手不足等の問題が深刻化しており、最近の農畜産物の価格変動や、生産資材価格の高止まり等もあって、農家経済をめぐる環境が厳しさを増しています。こうした中、本道農業は、国民の食料に対する安全・安心志向や食料自給率向上への期待に応え、生産性の向上を図りつつ、我が国最大級の食料供給地域としての役割を果たしていくことが重要となっています。当公社は、人と農地に関わる6つの事業を大きな柱とし、農業・農村の活性化を目指す地域の取り組みを支援しています。今後も、地域のニーズを反映した事業を実施し、本道農業・農村の振興と発展に貢献していきます。

仕事内容

農業・農村地域の発展と活性化を支える「やりがいのある仕事」

当公社の職員は、農家や地域の多様なニーズに応えていくため、「農家のために」を基本姿勢とし、地元農協や関係行政機関と連携を図りながら各種事業に取り組んでいます。具体的には農家の経営規模拡大を支援する事業や生産性向上を図る事業、意欲ある人材の確保や育成を行う事業を行っています。公社が行う各般の事業は、食糧の安定供給に貢献し農村地域の活力を生むことにもつながる社会的意義の大きい業務です。自らが農業・農村地域の発展に関わる一員であることを深く認識でき、かつやりがいを感じることのできる重要な仕事に取り組んでいます。

待遇・制度

「借上公宅制度」など、安心して長期に働ける環境

当公社は福利厚生が充実しており、安心して業務に取り組むことができ、長期的にキャリアを築ける環境が整っています。家族手当・住宅手当・燃料手当等の各種手当や、退職金制度・定年退職者再雇用制度等を整備しているだけでなく、独自の「借上公宅制度」も設けています。この制度は、家賃から自己負担額を引いた差額(例えば、支所勤務で夫婦2人と子ども2人の4人世帯の月家賃が7万3000円の場合、自己負担額2万3000円を引いた差額5万円)を会社が負担し現物支給として扱うもので、職員は少ない負担で居住場所を確保でき、生活費の負担軽減を図ることができます。もちろん収入面も安定しており、2016年度の賞与は計4.4ヶ月分を支給しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■技術職:農業土木・土木・建築 1~2名程度 (前年度採用実績 2名)
 1. 農用地開発整備事業に係る現場代理人業務
 2. 牧場施設設置事業に係る監督員業務

■事務職 1~2名程度 (前年度採用実績 2名)
 1. 総務・人事・労務管理に係る業務
 2. 経理・財務・会計に係る業務
 3. 農業者確保対策・経営支援・農地の賃貸及び売買に係る業務

会社データ

事業内容 ■農業担い手育成確保事業

■農地中間管理事業

■農地保有合理化等事業

■農村施設整備事業
 
■農用地開発整備事業

■畜産振興事業
設立 1970年6月
資本金 基本財産 2億5399万円
従業員数 264名(2018年4月1日現在)
売上高 事業取扱高 265億8900万円(2018年度)
代表者 理事長 竹林 孝
事業所 【本所】札幌市中央区北5条西6丁目1番地23 北海道通信ビル
【道央支所】岩見沢市5条西5丁目2番地1 空知農業会館
【上川支所】旭川市宮下通14丁目右1号 上川農業会館
【道南支所】函館市宮前町33番13号 道南農業会館
【日胆支所】苫小牧市若草町5丁目5番3号 日胆農業会館
【十勝支所】帯広市西3条南7丁目14番地 農協連ビル
【釧路支所】釧路市黒金町12丁目10番地 釧路農業会館
【根室支所】標津郡中標津町東6条南1丁目2番地 根室農業会館
【北見支所】北見市とん田東町617番地 農業管理センター
【道北支所】稚内市末広4丁目2番31号 宗谷農業会館
【十勝育成牧場】広尾郡大樹町字尾田708番地
先輩からのメッセージ 道央支所 農地中間管理課 坂上 万由子〈2015年入社〉北星学園大学 経済学部卒業 この会社に決めた理由 
私は、大学に入学した時から決めていたことがありました。それは、大学卒業後に就職するなら私が生まれ育った北海道のために働くという事でした。そして就職活動の時期には、北海道に関わる仕事を中心に探しており、その時に北海道農業公社を知りました。今まで農業について経験したこともなければ、勉強したこともなかったので、新しいことにチャレンジしてみようと思い北海道農業公社に入社を決めました。

現在の仕事 
私は現在、道央支所の農地中間管理課に所属し、農地の賃貸借を主な業務としています。日々の業務では市町村や関係機関の担当者と打合せ行うことや、現地へ出向いて農地の調査を実施しています。事務所で書類を作成するだけではなく、外へ出て仕事をする機会がたくさんあり、刺激的な社会人生活を送ることが出来ています。

後輩へのアドバイス 
これから「何でもチャレンジしてみる」という気持ちを持って過ごしてほしいと思います。社会に出ると楽しいことだけではなく、嫌だと思うことも経験していかなければなりません。嫌だと思うことほど失敗したらどうしようとマイナス思考が働いてしまうと思います。そのような時でもとりあえずやってみる、そんな気持ちを持って臨めば意外と何でもないことだと感じるかと思います。学校生活や普段の生活の中で、少しでも興味を持ったことには積極的に何でもチャレンジしてみるといいかもしれません。就職活動をする中で、もし北海道農業公社に興味を持った方がいましたら積極的にエントリーしてみてください!
先輩からのメッセージ 根室支所 事業課 本間 哲倒〈2015年入社)北海道岩見沢農業高校 農業土木工学科卒業 この会社に決めた理由
私は学校で農業土木工学を専攻していたため、農業生産の基礎となる土地基盤整備の仕事を通して北海道農業に関わりたいと思い北海道農業公社の入社を決めました。

現在の業務内容
現場代理人として、重機で牧草地の更新を行う工事の監理業務に従事しています。具体的には、重機オペレーターや他の現場代理人、農業者の方々などと連絡をとり、現場を巡回し作業工程の写真を撮り、工事の成果品を作成しています。
また、工事完了後は次年度に行う工事予定地の牧草地を回り、農業者の方々との打ち合わせや現地の測量を上司や先輩の指導のもと行っています。

公社に就職したい(新規職員を目指す・後輩になる)人に対してのメッセージ
ここまでで私が経験したことから言えることは、地図を見ながら点在する現場へ出向き場所を覚えるのことが大変だったことや、農業と同様に天気に左右される仕事であることから、台風などで大雨が続いたりすると工事が思うように進まず悪戦苦闘することがありました。しかし、計画どおり工事を終えたときの達成感はこれまでの学生生活では得たことのないものでした。工事完了後、農業者の方々から感謝されるたびにやりがいを感じています。
今の職場は年齢が近い先輩や後輩が多数おり、みんなで問題を解決できる「チームワーク」があるため、自分自身も一人で悩みを抱えることなく、毎日明るく仕事に向き合えているのだと思います。公社に入社して私達と一緒に北海道農業に貢献できるよう頑張っていきましょう。
先輩からのメッセージ 本所 農場整備部 農場計画課 野川 大〈2009年入社〉北海道工業大学(現:北海道科学大学)工学部卒業 この会社に決めた理由
私は北海道工業大学(現:北海道科学大学)の建築学科を卒業し、もともと公社の存在は知らなかったのですが、大学において公社のことを知りました。そこで農業の仕事でも建築の知識を活かせるということを知り、興味を持ったことからこの会社に決めました。

現在の業務内容
私は昨年まで道北支所の施設課に所属していました。施設課では、農家の草地整備や施設建設のお手伝いをします。内容としては、農家からの要望の聞き取りから始まり、設計、積算、実施までの業務を行っています。
今年の4月から、本所の農場計画課に異動となり、施設課での経験を活かして日々業務に取り組んでいます。農場計画課では施設課で行っていた実施業務に至るまでの計画業務を行っています。内容としては、農家や地元からの要望の聞き取り等を行い、計画書を作成し、事業実施へと繋ぐ業務を行っています。

入社時から心境の変化
入社時は、農業に関しての知識はあまりありませんでしたが、今では農家と接し会話を重ねたことで農業に関する知識も身に付き、日々楽しく業務に取り組めるようになりました。今後も入社当時の新鮮な気持ちを忘れずに農業の発展に貢献できるよう取り組んでいきたいと考えています。

公社に就職したい(新規職員を目指す・後輩になる)人に対してのメッセージ
これから公社に入社して私たちと一緒に働いてみたいと考えている方へのメッセージとしては、農業に関する知識のない方でも何も心配ありません。私の場合も農業に関する知識はなかったのですが、現場を経験することで知識は自然と身に付きます。少しでも農業の仕事に興味がある方は是非入社して北海道の農業のために一緒に働きましょう。

連絡先

公益財団法人 北海道農業公社 
採用担当 島田
住所 札幌市中央区北5条西6丁目1番地23
TEL 011-241-7551
掲載開始:2018/04/19

公益財団法人北海道農業公社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

公益財団法人北海道農業公社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)