株式会社JMUアムテック
ジェイエムユウアムテック
2019
業種
輸送機器
プラント・エンジニアリング/その他製造
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

株式会社アイ・エイチ・アイアムテックは2013年1月1日、
株式会社JMUアムテックとして新たなスタートを切りました。
新造船の建造をはじめ、船舶の居住区、船殻ブロックの製作、
船舶・作業船舶などの検査および修理・改造、
海洋・陸上用構造物の製作、環境に配慮した新技術の開発など、
高度な技術力を背景に成長を続けています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

「匠の技」で、造船技術の発展に貢献しています。

私たちJMUアクテックは、商船や作業船などの新造船や居住ブロック、船殻ブロックの製作、船舶修理・改造・鋼構造物など、海洋事業のリーディングカンパニーとして、長年にわたる実績と「匠の技」とも言える、高度な技術で成長を続けています。私たちの強みは、大型商船に使用される曲面構造物の製造に関する技術です。特に世界一の生産量を誇るバルバスバウ(船舶の先端部分)の製造における卓越したノウハウは、グループ会社のみならず、数多くの船舶製造企業からも高い評価を獲得しています。私たちはこれからも、製造からコンサルタント事業にいたるまで幅広い事業を展開し、日本が誇る造船技術のさらなる発展に貢献していきます。

技術力・開発力

長年の経験で培われた高度な技術力が自慢です。

当社の経営理念は「技術をもって物造りを通して社会に貢献する」。海に関わるモノづくりを通じて、人と環境を大切にする企業であり続けたいと考えています。当社の本社所在地である相生は、昭和37年から39年の間、造船量世界一を誇り、日本が世界に誇る造船業の発展に貢献してきました。長い歴史の中で培われた製作技術、積み重ねた経験でしか得ることができない鉄の曲げ技術。そうした伝統とノウハウを背景に、多くの技術者たちがその高度な技術を伝承し、現在にいたっています。新たなテクノロジーを積極的に導入し、さらなる造船技術の向上に取り組む私たち。当社には、他では味わえないスケールの大きな仕事を体感できる環境があります。

社風・風土

船舶に関わるスケールの大きな仕事。

現在当社では、今後を支えていくエキスパートの育成に力を注いでいます。ますます発展を続けていく日本の海洋事業を支えていくのは、無限の可能性を持つ若いチカラです。当社では船舶系以外の出身者が活躍しています。そうした先輩たちが口を揃えて言うのは、「本物の船舶を目の当たりにして、造船というスケールの大きな仕事にチャレンジしたいと思った」。こうした意欲的な仲間たちが、各種構造物の設計や現場スタッフをまとめ、効率的な製造現場を実現する管理業務などに取り組んでいます。そして当社には、どんなことでも気軽に相談できる「匠の技」を持つ先輩からの指導や、自由に意見を発信できる風通しの良い風土が確立されています。

会社データ

事業内容 商船、作業船、海洋環境船、海洋構造物の建造・修理、
船舶の新造、改修に関するエンジニアリング事業など、
多彩な高品質な製品をお届けしています。
創業 1907年(明治40年)
設立 1990年4月2日
資本金 4億8000万円
従業員数 320名
売上高 120億円(2015年4月実績)
代表者 代表取締役社長  日野 賢志
事業所 ■本社・相生工場:兵庫県相生市相生5292
事業分野 新造船、陸上構造物、海洋土木、高速艇、船舶修理、ドライ工法など、
船舶海洋事業を通じて、海に関わるモノづくりに取り組んでいます。
当社の歩み 1907年 播磨船渠株式会社創立
1911年 播磨船渠合名会社創立
1912年 入渠能力 6000トンの第1ドック完成
1916年 株式会社播磨造船所と改称
1918年 帝国汽船に合併、同時に鈴木商店も当社姉妹会社の鳥羽造船
      ともに同系の帝国汽船に合併し、その造船部門として発足
1921年 株式会社神戸製鋼所に合併、神戸製鋼所の分工場になる
1929年 神戸製鋼所から分離、株式会社播磨造船所として独立
1960年 石川島重工業株式会社と合併し、
      商号を「石川島播磨重工業株式会社」として発足。
             造船、修理部門の相生第1工場、
             ディーゼルエンジン、ボイラーの原動機部門の
             相生第2工場となる事業部門制を採用
1963年 30万重量トンまで入渠可能な修理ドック新設
1975年 18万重量トンまで新造可能な建造ドック新設
1979年 工場再編成により造船、修理部門が相生第1工場、
      ディーゼルエンジン、鋳造部門が相生第2工場、
      船舶ボイラー、ボイラーパネル部門が相生第3工場となる
1990年 相生第1工場の開発工作部門と修理部門を統合して、
      株式会社アイ・エイチ・アイ・アムテックを分社設立
1991年 運輸省一般競争(船舶製造・修繕)及び指名競争参加資格取得
1994年 IHI船舶海洋事業本部横浜修理工場の事業運営を当社に移管し、
      作業船関連の造修、 海洋土木機器関連の工事等も取込み、
      生産の多角化を図る
1998年 アイ・エイチ・アイ・クラフト(株)から営業権を譲り受け、
      舟艇事業に乗り出す。 運輸省より11000トン船舶建造船台の
      設備新設 許可取得 ISO9001認定取得
2000年 横浜修理工場を分離、IHI船舶海洋事業本部へ譲渡する
2001年 新造貨物船「全建丸」(2720総トン)竣工・引渡し
      兵庫県知事「建設業」許可取得
     [特-13,般-13 第551652号]取得
     (特定)土木工事業及び鋼構造物工事業 (一般)建設業工事業
2002年 ISO9001・2000 認証取得
2003年 クラフト部及び関連生産設備を株式会社 
      アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドへ移管・譲渡する
2004年 ISO14001・2004 認証取得
2010年 ISO9001・2008 認証取得
2013年 JMUアムテックに社名変更
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)