株式会社照沼勝一商店
テルヌマカツイチショウテン
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社照沼勝一商店

ほしいも自然栽培・生産・販売
  • 正社員
業種
食品
農林/商社(食料品)
本社
茨城
残り採用予定数
2名(更新日:2018/06/06)

私たちはこんな事業をしています

◆無農薬による有機栽培にこだわった農業と商品開発◆

サツマイモをはじめとする無農薬にこだわった農作物を栽培するほか、
ほしいもなどの“いも菓子”を企画、製造、販売しています。

◆事業の特徴◆
・農作物の栽培…土壌からこだわった有機栽培の農作物を生産
・自社ブランド商品…当社産の農作物を使用した商品を企画・加工・販売
・自然食ショップ運営…素材本来の美味しさを堪能できるお店「ひなた畑」を運営

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

ほしいもでタンザニアの農業を豊かに!

当社は高い技術力とノウハウを活かして、発展途上国をはじめとする諸国で働く農民の所得向上に貢献したいと考え、タンザニアでのほしいも栽培プロジェクトを進めています。2012年から調査を開始し、JICA支援のもと2015年に(株)オーガニック・ソリューションズ・ジャパン、(株)イースクエアと共同で現地法人を設立。2016年には工場を立ち上げ、商品化も果たしました。過酷な環境下で育ったほしいもは抗酸化力が通常の2倍近く、ビタミンも豊富。高機能食材としての注目を集めています。プロジェクトはまだ始動したばかり。現地の研究所とも協議しながら、栽培品種の統一や品質の高い茨城固有品種の栽培拡大等に向け、今後も実験を重ねていきます。

戦略・ビジョン

日本の農業を元気にする取り組み

地域と共に農業を盛り上げていきたいと考え、地域支援型農業“CSA”に着目。CSAは地域の消費者が農作物の生産コストを負担することで農業者の安定的な収入を確保し、その代わりに新鮮な農作物を直接受け取れるというもの。その一歩としてカフェ併設の直売所をつくったり、より美味しくて健康にいい農作物づくりにも注力。「奇跡のりんご」として有名な無農薬りんごの栽培における第一人者の木村さんにも自然栽培のご指導をいただいています。農作物の美味しさに魅了された人が農業に興味を持ち、自分でも栽培を始め、それを見た子や孫が受け継いでいく…。そうして、日本の農業がより豊かになることを願っています。

魅力的な人材

実現したい目標に向かって進める人材

私は父からこの会社を継いでから、農業に関するあらゆる知識を身に付けようと尽力してきました。農業をクローズアップしたTV番組が放送されていれば、すかさず録画し、様々な文献を参考にしながら自分の経験と照らし合わせて知識を深めてきました。その他にも大学と共同で研究を進めたり、無農薬栽培に挑んだり…。こうした取り組みを積極的に行うのは、やはりこの会社で「やりたいこと」が明確にあるから。みなさんもぜひ当社で実現したいことを見付けてください。その目標に対して少しでも結果を出せれば、きちんと評価します。大切なのは「何を目的に仕事をするか」。明確な目標のもと、成長していってくれることを期待しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【総合職】
■研究・解析
■商品企画・開発
■栽培管理

※仕事内容の詳細は「採用情報」ページをご覧ください。

会社データ

事業内容 農業を事業としてとらえ、土壌研究や品質改良、
戦略的な商品開発・販売を行っています。

■ほしいも製造・ほしいも販売
■さつまいも・じゃがいもの栽培
■いも菓子等関連商品の販売
■水稲栽培・精米販売
■ハウス葉物・その他の栽培
■自然食ショップ運営

■╂───────────
 照沼勝一商店の取り組み
────────────╂■

1.「ほしいも学校」プロジェクト参加
 茨城県、ひたちなか市および東海地域で生産されるほしいもを
 あらゆる角度から分析・研究し、ほしいもを通して人の営みと環境を考え、
 未来へと繋ぐプロジェクトに参加しています。

2. ELF加盟
 『茨城県最高品質農産物研究会(ELF)』を発足し、
 企業及び大学と連携し、化学的なデータ解析により
 世界トップの農産物の開発を目指しています。

3.自然食のお店「ひなた畑」
 当社がこだわり抜いて育てた農作物をより多くの方に味わっていただくため
 自然食を使ったランチが楽しめるお店、「ひなた畑」をオープン。
 自社生産のほしいもやサツマイモチップスなど
 素材本来の美味しさを味わえる商品も販売しています。

4.「ほしいも農家の白ぷりん」「ほしいも農家のみるくアイス」
 ものづくり推進プロジェクトの一環で誕生した
 「ほしいも農家の白ぷりん」と「ほしいも農家のみるくアイス」。
 茨城固有種でもある当社産の「玉豊(たまゆたか)」を贅沢に使用した、
 食品添加物不使用の商品です。

5.タンザニア「ほしいもプロジェクト」
 食品加工メーカーや乾燥機メーカーと共にタンザニア産のサツマイモで
 ほしいもを作るプロジェクトを発足。
 農薬・化学肥料不使用の質の高いサツマイモを使って
 現地でほしいもづくりの新たなビジネスモデルを構築しています。

6.無農薬栽培への取り組み
 農薬を使わずに農作物を育てるのは、とても大変なこと。
 農作物のちょっとした変化にも対応するなど時間も労力もかかります。
 それでも私たちの育てた安全で健康な野菜が、人々の農業への関心を生み、
 日本の農業発展に繋がると考え、大切に栽培しています。
設立 1977年4月
資本金 2000万円
従業員数 32名(男9名・女23名)
売上高 2億2500万円(2016年5月実績)
代表者 代表取締役 照沼 勝浩
――――――――――――――――
株式会社 照沼勝一商店の代表取締役の他に、

・茨城県最高品質農産物研究会 会長
・株式会社 農業法人 ELF 代表取締役
・茨城中央ほしいも協同組合 理事長
・一般社団法人 ほしいも学校 理事

なども勤め、茨城県の農業推進に貢献している。
事業所 【本社】茨城県那珂郡東海村照沼600

連絡先

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

株式会社照沼勝一商店
〒319-1113
茨城県那珂郡東海村照沼600
TEL: 029-282-0062
HP: http://www.hoshiimo.co.jp/

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
掲載開始:2018/03/01

株式会社照沼勝一商店に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社照沼勝一商店に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)