中央自動車工業株式会社
チュウオウジドウシャコウギョウ
2019
  • 株式公開
業種
商社(自動車・輸送機器)
自動車/専門店(自動車関連)/化学
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

1946年、自動車部品を取り扱う商社として設立。
「世界のネットワークを通じて環境にやさしく、安全で豊かなカーライフを創造して、社会に貢献する。」という理念に基づき、成長を続けてきました。元々は商社ですが、ユーザーの声を聞き、より良い商品を追求した結果、オリジナル商品も展開。自動車関連用品を中心とした、卸であり、メーカーでもあるのです。国内だけでなく、海外60カ国以上とも取引のあるグローバル企業です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

新しいマーケットを創造する『開発型企業』。

私たちが目指すのは、ユーザーの期待を上回る付加価値を提供する『開発型企業』。そのために必要なのは『新しい需要を起こす』ことだと考えます。私たちの使命は、顕在化している商品を提供するのではなく、お客様自身が気付いていない潜在ニーズを探り出し、いち早く商品化することだと考えています。商品開発において最も重要なのは、『ビジネスの現場』です。新商品開発のヒントは現場にある。私たちはそのことを強く意識し、私たちにしかできない商品、サービス、システムの開発に取り組んでいます。大切なのは、お客様を深く知ることです。あなたも、新しいマーケットを開拓する仕事で、成長していきませんか。

戦略・ビジョン

世界市場を視野に、新たなビジネスモデルを開拓する。

現在世界中には、約8億5000万台の車が走っています。しかし、未だに車社会の恩恵を受けていない人口も約50億人いると推定されています。日本の自動車産業は、欧米に比べ約30年遅れてスタートしましたが、高度な技術力により『省エネ・高品質・低コスト車』を開発するなど、世界をリードする自動車大国となりました。今後はブラジル・ロシア・インド・中国など、自動車市場の発展が期待できる国での海外生産の需要が高まっていきます。創立以来、海外向け補修部品を取り扱ってきたこれまでの輸出実績と世界60ヶ国を結ぶ強大なネットワークを背景に、海外を舞台とした新たなビジネスモデルの開拓にも、積極的に取り組んでいます。

会社データ

事業内容 ■自動車関連事業
自動車部品、用品および新商品ならびに関連サービスの開発・販売、輸出入

設立 1946年5月
資本金 10億100万円
従業員数 237名(2017年3月期)
売上高 連結 186億円(2017年3月期)
経常利益 連結 34億円(2017年3月期)
代表者 代表取締役社長  坂田 信一郎
事業所 【本社】
大阪市北区

【研究開発施設】
中之島R&Dセンター

【支社】
札幌支社、仙台支社、北関東支社、東京支社、名古屋支社、大阪支社、福岡支社

【営業所】
静岡営業所、金沢営業所、広島営業所、高松営業所

【営業部】
仙台支社  盛岡営業部、北関東支社 高崎営業部、福岡支社 南九州営業部

【物流センター】
東日本物流センター、西日本物流センター、南港

【海外駐在員事務所】
デトロイト(米国)、シンガポール、広州(中国)、ドバイ(U.A.E)、ジャカルタ(インドネシア)、マニラ(フィリピン)、ヤンゴン(ミャンマー)
グループ会社 ■セントラル自動車工業(株)
■石川トヨペット(株)
■CAPCO PTE LTD(シンガポール)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ信託銀行、商工組合中央金庫
上場市場 東京証券取引所市場第二部
沿革 1946年: 中央自動車工業株式会社設立

1948年: 貿易部門新設、直輸出入貿易開始

1953年: 東京支社開設

1964年: 札幌支社・福岡支社開設

1966年: フィリピンマニラに駐在員事務所開設
      仙台支社・名古屋支社・広島営業所開設

1967年: 宇都宮営業所・高松営業所・金沢営業所開設

1968年: 日本精工株式会社と業務提携

1971年: 韓国釜山にCENTRAL CORPORATION設立
      静岡営業所開設

1972年: 関東営業所開設

1973年: 大阪南港に関西自動車部品流通センター株式会社設立、
      貿易部倉庫を移転

1976年: 大阪支社開設

1977年: 大阪証券取引所市場第二部に上場

1979年: 資本金10億100万円に増資
 
1984年: シンガポールに法人CAPCO PTE LTD設立

1990年: 移動体通信事業部を新設

1995年: CPC事業部・開発事業部新設
      東日本物流センター開設(市川物流センター移転)

1998年: ホストコンピューターのアウトソーシング実施

1999年: 大阪八尾に西日本物流センター移転、
       同時に物流アウトソーシング実施  

2000年: 国内・海外共、マーケットに対応した組織改革を実施
      本社ビル別館に大阪支社、特販部を移転

2007年: 創立60周年記念事業
      安全技術室の設置

2009年: 名古屋支社を新築、福岡支社移転
      国際規格ISO9001/ISO14001を同時認証取得

2010年: 広島営業所移転、仙台支社を新築

2011年: 静岡営業所を新築

2012年:  代表取締役社長に坂田信一郎が就任
            宇都宮営業所、高松営業所を新築
       営業開発部を新設

2013年: 東京支社と関東支社、及び大阪支社と特販部を統合
       福岡支社南九州営業部を開設
       東京証券取引所第2部に上場、CPCの全知的財産権を買収

2014年: インドネシア、ジャカルタに駐在員事務所開設
       フィリピン マニラに駐在員事務所開設
       兵庫 神戸に西日本物流センター移転

2015年: 北関東支社 高崎営業部、仙台支社 盛岡営業部 開設
       中国広州に現地法人開設

2017年: 研究開発施設 中之島R&Dセンター開設
ヒット商品開発物語 ■アルコール検知器「ソシアック」
当社の誇るオリジナル開発商品のひとつ、「ソシアック」。発売と同時に大反響を呼び、「日刊自動車新聞用品大賞2003年特別賞」を受賞。
これは一社員が考えて商品化したもの。なぜ体温計のようにアルコールが体内にどれだけ残っているか計る機械がないのか―、この疑問がきっかけでした。きちんと計測できる機械がまだ世の中になく、ないなら作るしかない!と社内の人間に声をかけ、プロジェクトを立ち上げて商品化しました。
商品化してからが当社の強み。どうやったら消費者に認知されるか、販売店が売りやすいかを考え、お客様への提案書や売り方マニュアルまで作成して徹底的にサポート。
そして、マーケットの動きやコールセンターに入る消費者の声に耳を傾けながら、どこで販売するのがよいか、販売チャネルを開拓していきました。
こうして、あの大ヒット商品は生まれたのです。
5年目社員にインタビュー!/1 ■国内営業担当(25歳)
Q:どんな仕事をしているのですか?
A:私は車のディーラーさんを担当しています。本部との交渉だけでなく、各店舗にも訪問し、商品説明や、売り方の提案や時には販売応援までも行います。こまめに訪問していると、店長さんとも仲良くなり、たとえば「コーティング剤の売れゆきがよくないんだけどどうしたらいい?」などと、相談を受けたりします。
商品を買ってくれる消費者の方だけでなく、販売してくれる取引先も売上があがるなど、双方に喜んでもらえるよう、努力しています。
Q:会社の強みは?
A:売りっぱなしじゃないことでしょうね。
自動車メーカーの純正部品だと商品を納品したら終わりですが、当社は商品の良さはもちろん、納品してからも勝負。細やかなフォローでお客様からの強い信頼を得ています。
Q:仕事を通じてうれしかったことは?
A:お客様に「中央さんに任せれば大丈夫」と言ってもらえるときですね。また、もちろん営業ですから、自分の提案で店舗の売上が伸びたりそれに比例して自分の業績も伸びるとうれしいですよ。
Q:どんな先輩がいますか?
A:車好きが多いかもしれないですね(笑)もちろん、そうじゃない人もいますが。
5年目社員にインタビュー/2 ■海外営業担当(26歳)
Q:どんな仕事をしているのですか?
A:海外営業部は商社的な部署なので、基本的に本社でe-mailや電話を使って海外の取引先と見積もりや新商品の案内などのやりとりをしています。
Q:取引先は?
A:輸入商社やバイヤーですね。アジア、米州、欧州、ロシアなど、それぞれの担当エリアが決まっていて、受注対応や新製品の案内などを行っています。
Q:語学力は必要ですか?
A:ある程度は必要だと思いますが、私自身、外国語学部卒業ですがそこまで英語は得意だったわけではないので・・・(笑)
入社してからも語学に関する研修もありますし、語学力そのものよりも海外に興味があったり、ビジネス英語を使って仕事をしたいという志向のほうが大事だと思います。
Q:新入社員として入社してから一年間、どんなサポートがありましたか?
A:新人研修としては約1ヶ月間、当社や財務について座学で学び、その後私は船積みの倉庫でモノの流れを学びました。基本的にOJTですね。3年目の今も、基本的には上司のサポートとして日々いろいろなことを教わっています。
社風『好きなことができる企業』 一言で言えば、「好きな事ができる企業」です。
当社の開発テーマは「環境・健康・安全」。
この括りで捉えると、そのフィールドは無限に拡がります。
今は自動車関連ですが、このテーマに沿っておれば基本的に何をしてもOKなのです。
今まだマーケットにない「潜在需要」を掘り起こし、ビジネスターゲットにするので、自由な発想が求められる風土があります。
また、前向きな失敗については寛大で、逆に何もしなくて失敗もしない人はあまり評価されません。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)