一般財団法人 化学及血清療法研究所
カガクオヨビケッセイリョウホウケンキュウジョ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
医薬品
本社
熊本

私たちはこんな事業をしています

化血研はバイオテクノロジーを基盤としたワクチンや血漿分画製剤などの生物学的医薬品の開発と供給を行っています。感染症を予防することで人々の健康と食の安全を守るワクチンや、患者さんの治療に欠かすことのできない血漿分画製剤を、安定的に供給することで、保健衛生向上への貢献を目指しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

子供達の健康、希少疾病の治療、食の安全に貢献出来る企業です

化血研は人体用ワクチン、動物用ワクチン、血漿分画製剤の3つの分野を1社で手掛ける国内唯一の企業です。「人体用ワクチン」は予防接種等を通して子供の感染症の予防に、「血漿分画製剤」は先天性の疾患や重篤な疾病の治療に、動物用ワクチンは鶏・豚・牛といった畜産物の安定供給と衛生向上に貢献しています。子供達の健康、希少疾病の治療、食の安全、という極めて広く、多彩な場面での貢献を1つの会社の中で実感できることは大きな魅力です。また、3分野の全てにおいて研究・開発・製造・販売を一貫して手掛けるという点も大きな特徴です。3分野によって「人々の“健康”を守ること」が私たちの大きな役割であり、責任でもあります。

事業・商品の特徴

化血研だからできること

化血研では希少疾病に苦しむ患者さんを救うという社会的使命から、オーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)も手掛けています。患者数が少なく、市場性は乏しい分野ですが、「命」に関わる事業に携わり、貢献できることが私たちの誇りでもあります。また、国家安全保障の観点から、新型インフルエンザ発生時等の非常時に備えたワクチンの製造・備蓄も行っています。また、自治体からの委託により新生児を対象とした先天性代謝異常の検査も実施しており、新生児の一生を左右する疾患の早期発見・早期治療にも寄与しています。このような「化血研だからできること」で人々の健康への貢献を目指します。

社風・風土

若手が果敢に挑戦し、成長できる環境があります

入所5年目以内の若手職員が約30%を占めており、チームの中で果敢に挑戦し、成長できる環境があります。職員は薬学や生物学系だけでなく、理工学系・機電系・法学系・経済系等、大学時代の専攻が様々であり、皆、自身のベースとなる専攻分野・強みを活かして異分野の知識を吸収しながら日々の業務に励んでいます。様々な強みを持つ若手職員が多くいるからこそ、分からないことは一から教えてもらえますし、自分の専攻を活かし、若手ながら所内ではその分野の第一人者となっている職員も多くいます。向上心・知的好奇心を持つ若手が改革を起こしていける企業です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

専攻分野に関わらず、幅広い仕事のフィールドが待っています。就職活動期間で、自身が一生をかける職種を見つけるのは難しいと考える人も多いでしょう。化血研(カケツケン)ではコース別の採用を行い、総合職所員コースでは本人の希望や専攻分野・適性等に基づいて部署を異動し、スキルを高めていくという人材育成を行っています。製薬という分野の中で様々な仕事に挑戦することができます。

会社データ

事業内容 ワクチン・血漿分画製剤など生物学的医薬品の研究・開発・製造・供給
創立 1945年12月26日 
売上高 458億円 (2016年3月期)
475億円 (2015年3月期)
470 億円 (2014年3月期)
従業員数 1,968名 (2016年4月1日付 パートタイマー869名含む)
代表者 理事長・所長 木下 統晴
事業所 本所/熊本県熊本市 研究所/熊本県菊池市 支所/熊本県阿蘇市 事業所/東京、長崎
財務指標 経常利益 112億円 自己資本比率  83.7% (ともに2016年3月期)
経常利益 146億円 自己資本比率  90.8% (ともに2015年3月期)
経常利益 133億円 自己資本比率 90.7 % (ともに2014年3月期)
主な製品 主に3分野の生物学的医薬品を製造しています。

<人体用ワクチン>
インフルエンザワクチン、日本脳炎ワクチン、4種混合ワクチン(DPT-IPV)、A型肝炎ワクチン、B型肝炎ワクチン、狂犬病ワクチン など

<血漿分画製剤>
免疫グロブリン製剤、アルブミン製剤、血液凝固因子製剤、生体組織接着剤 など

<動物用ワクチン>
鶏用ワクチン、豚用ワクチン、牛用ワクチン、馬用ワクチン など
沿革 1945年12月 戦前熊本医科大学に設置されていた実験医学研究所を母体として設立
1950年10月 動物用医薬品の製造開始
1962年10月 阿蘇支所を開設 
1966年 8月 血漿分画製剤の製造を開始
1969年 9月 清水研究所を開設
1980年 2月 静注用ヒト免疫グロブリン製剤「ベニロン」を発売
1985年11月 菊池研究所を開設
1988年 3月 遺伝子組換えB型肝炎ワクチン「ビームゲン」の製造開始
1991年11月 国産初の生体組織接着剤「ボルヒール」を発売
1993年10月 鶏用オイルアジュバントワクチン「オイルバックス」を発売
1995年 6月 A型肝炎ワクチン「エイムゲン」を発売
1996年 5月 成人T細胞白血病(ATL)治療薬「コホリン」を発売
2001年 1月 世界初の先天性プロテインC欠乏症治療薬「アナクトC」を発売
2002年 7月 千葉県血清研究所の閉鎖に伴い、痘瘡ワクチン等6製剤を承継
2005年 4月 鶏用オイルアジュバントワクチン「オイルバックスSET」を発売
2010年 4月 公益法人制度改革に伴い、一般財団法人へ移行
2011年 4月 細胞培養日本脳炎ワクチン「エンセバック」を発売
2012年10月 百日せき ジフテリア 破傷風 不活化ポリオ 混合ワクチン「クアトロバック」を発売
2014年 3月 「乳濁細胞培養インフルエンザHAワクチン筋注用 化血研 」の製造販売承認を取得
2014年11月 国産初の血友病インヒビター止血治療用製剤「バイクロット配合静注用」を発売  
2015年 6月 血漿分画製剤において承認書と異なる製法で製造していたことに起因する問題が発生
2016 年 1月 厚生労働省より110日間、農林水産省より30日間の業務停止命令
2016 年 6月 新理事就任による新体制発足
2016 年 10月 組織改編の実施(事業部門制から機能本部制へ)
信頼回復への取組 2015年に化血研が引き起こした不整合問題を二度と繰り返さないという強い決意のもと、所内体制を刷新し、再発防止に向けた改革を進めています。信頼性保証体制の改善、医薬品品質システムの再構築、所内教育の改善など、私たちは医薬品の製造販売業者として信頼に足る企業となるべく努力を続けています。
詳しくは当所ホームページ(http://www.kaketsuken.or.jp/)をご覧ください。

連絡先

一般財団法人 化学及血清療法研究所 総務人事部 人材開発課
    【住所】 〒860-8568 熊本市北区大窪一丁目6番1号
    【TEL 】  096-344-2088 (人事部直通)   
    【Mail 】  recruit_info@kaketsuken.or.jp     
           *受付時間:9:00~17:30(土日祝除く)
掲載開始:2018/03/01

一般財団法人 化学及血清療法研究所に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

一般財団法人 化学及血清療法研究所に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)