九鬼産業株式会社
クキサンギョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
食品
農林/医薬品
本社
三重

私たちはこんな事業をしています

九鬼産業のごま油は、創業以来「圧搾法」で製造しています。
圧搾法とは圧力をかけて油を搾り出し、和紙で時間をかけて濾過をする手間隙のかかる製法です。
化学処理を用いれば大量生産できる中、お客様に香り高く、おいしいごま油を楽しんで頂く為、この製法を頑なに守り続けています。
一方で、最新の衛生管理手法を導入し、生産設備自動化など新技術も柔軟に取入れ、常に一歩先を行く会社でありたいと取り組み続けています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

【戦略は自分次第】

現在の当社の主力製品はごま油などの「ごま製品」。しかし、決まった販売戦略はありません。お取引を頂いているお客様も含め、全ての業界がお客様です。「この業界なら、ごまの用途は広がっていきそうだ」とあなた自身で戦略を立てて、実践してほしい思っています。常にそういった戦略を立てることが出来るのも、「メーカーでありながら、サプライヤーでもある」という当社の強みがあるからこそです。自らの裁量次第で仕事ができるので、正解は無限大。あなたの感性を存分に発揮する場所があります。会社の成長や発展に繋がっていくのであれば、あなたの立てた戦略に会社は「ノー」とは言いません。

戦略・ビジョン

【常にチャレンジ】

九鬼産業の創業は明治19年。歴史ある老舗ごまメーカーだからこそ、より多くのお客様と直にふれあい、美味しさを伝えたい。そんな想いから、新事業として世界一濃厚なごまアイスを目指した、超濃厚ごまアイス専門店「GOMAYA KUKI」を東京にOPENしました。当社こだわりのねりごまを使用した濃厚なごまアイスに、「ごま油をかけて楽しむ」という新しい味わい方を提案し、話題となっています。おかげさまで多くのお客様にご来店頂き、各種メディアやSNSを通じて九鬼のブランドを広めていただいています。ごまが持つ素材としての魅力を様々な形で発信し続け、より多くのお客様へご提案できるよう、チャレンジしていきます。

戦略・ビジョン

【世界中で注目されているごま!】

国内の人口が減る中で食品業界ってどうなの?そう思う学生さんが多いかもしれません。しかし当社においては心配無用。なぜなら私達のごま油は空前の和食ブームに伴って海外での需要が高まっています。そこで海外営業のポジションも必要になってきました。北米やヨーロッパ、アジア諸国の地元スーパーマーケットチェーンに対して、ごま油片手に提案営業。海外の方々からは「なんて香ばしいごま油なんだ」と感動して頂いています。風味も色合いもどの国のメーカーに負けない程クオリティが高く、取引先はどんどん拡大しています。しかし、まだ世界には当社を知らない会社は多いです。私達と一緒に「九鬼のごま製品」を世界中に広めましょう!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

「常に自分自身で戦略を考えていく総合職」
※営業、海外営業、開発、品質保証、生産管理、生産技術などの仕事を担当していただく予定です。

※新しいことに挑戦できる風土がありますので、自分で考え、自分で仕事を作り、
  自発的に行動していって下さい!

会社データ

事業内容 「ごま」の総合メーカー

○ごま油・食品ごま・ねりごま(ごまペースト)などの製造・販売
家庭用・業務用の各種ごま製品を製造・販売しています。昔ながらの製法でつくるごま油をはじめ、安全で高品質、そしておいしい製品を提供しています。
○有機肥料の製造・販売
自社のごま油の搾り粕を使用した有機肥料を製造・販売しています。

<代表的な製品>
■業務用
・純正ごま油
・調合油
・ラー油
・ねりごま
・食品ごま(いりごま、すりごま、きりごまなど)

■家庭用
・ごま油
・ラー油
・ねりごま
・食品ごま(いりごま、すりごま、きりごま、ごましお、ごまふりかけなど)
・ごまラテ
・ごまドレッシング
設立 昭和26(1951)年1月
※創業 明治19(1886)年
資本金 6000万円
従業員数 185名(2017年10月現在)
※平均年齢37.4歳!
 20代・30代の若手社員が中心になって活躍しています!
売上高 108億円(2017年10月実績)
代表者 代表取締役社長 渡辺伸祐
事業所 ■本社事務所
 三重県四日市市中納屋町8-18
■本社工場
■イノベーションセンター(開発部・品質保証部)
 三重県四日市市尾上町11
■竹成工場
 三重県三重郡菰野町大字竹成字出口2232-3

■東京支店
 東京都中央区日本橋大伝馬町6-8 PMO日本橋大伝馬町8F
■名古屋営業所
 愛知県名古屋市西区牛島町2-5 TOMITA BLD. 7F
■大阪営業所・海外事業
 大阪市中央区今橋4-3-22 淀屋橋山本ビル11F
■福岡営業所
 福岡市博多区博多駅東2-15-19 K・S駅東ビル4F
■札幌オフィス
■金沢オフィス

■紀州林業場・マニュアー工場
 三重県度会郡大紀町錦タドラ530

■国内ごま試験栽培
 大紀町錦 三重県度会郡大紀町錦

■海外契約栽培
 グアテマラ(中南米)

※協力会社
 青島豊和食品有限公司(中国)
経営理念 1.安全・安心で美味しい胡麻製品を常に責任を持って提供し続け、人々の生活に貢献します。
2.物事に対して正々堂々と対処し、常に取組みを見直して改善し続ける
  人間集団を目指します。
3.顧客に提供する製品の品質保証、管理体制を確立し法遵守いたします。
4.コミュニケーションを大切にし、顧客や取引先の繁栄、社員や我々をとりまく
  人々の幸福に貢献します。
「九鬼産業がわかるエピソード」その1 【お客様のニーズをつかむ!】

ごまを使用したアイスクリーム・プリン・ケーキやパンなどを
食べたことはありませんか?

近年のバターの価格高騰や供給不足の情報を聞き、
当社の営業はバターのかわりに色や香りのないごま油を使うことをお客様に提案。
最近の洋菓子には、当社のごま油が使われていることがあるんです。

これ以外の用途でも、お客様のニーズがあるのに、
製品が無ければ、「必要であれば作ってしまおう」というのが、当社の考え。

だから、お客様のニーズをつかむ営業も、
それに合った開発も、重要な役割を果たしています。
営業と開発、そしてそれを支える品質保証や生産管理のチームプレーで、
新しい商品が生まれてくるのです。
「九鬼産業がわかるエピソード」その2 【数千万円を若手が決めてしまう!?】

「ごま油」も、様々な種類があります。
ほとんど透明に近い商品から、皆さんに馴染みのあるブラウンのごま油、
さらに色も濃く、香りも強い商品まで様々。
もちろん、品質にもこだわっています。
お客様の用途に合わせて、最適なごま油を創り上げていくのが当社の強み。

「お客様に安心していただくために、残留農薬を検査する検査機を購入して欲しい」
という若手品質保証スタッフの希望を受けて、約480種類の農薬を分析できる数千万円の
最新検査機を購入!

お客様に安心していただき、喜んでいただける良い商品を作るため、
社員が必要だと考えたものにお金を惜しまず投資するのが、当社の社風。

あなたも積極的に提案してください!
「九鬼産業がわかるエピソード」その3 【常に挑戦していくために必要なこと】

当社では、1999年に品質基準に関する国際規格であるISO9001の認証を取得しました。

さらに、「安全性」を追求している当社では、HACCPの考え方を取り入れた
食品安全に特化したマネジメント規格であるISO22000の認証を2008年に取得。
2012年には、新しいグローバルな食品安全システム認証規格であるFSSC22000の
認証を、三重県内及びごま加工メーカーでは初めて取得しました。

FSSC22000とは、オランダにある食品安全認証財団(FFSC)が開発した、
食品製造組織に向けた新しい食品安全システムの規格。
業界で非常に注目を集めている認証規格です。

製品の安全や品質管理に常に重点を置いている当社の理念や、
ISO22000やFSSC22000の認証取得のバックボーンやがあるからこそ、
積極的に当社は様々な提案を自信を持ってお客様に行っていくことができるのです。
「九鬼産業がわかるエピソード」その4 【当社が世界を席巻していく!?】

世界各地には、チャイナタウンや日本人街があります。
また、欧米ではヘルシーな日本食が注目を集めています。
つまり、ごま製品を使う場所や提案先は、世界中にあるのです。

そこで、当社も更なる海外展開を考えていきます。
海外に営業所を構えて、
営業スタッフが海外赴任する日も、そんなに遠くないかもしれません。
「九鬼産業がわかるエピソード」その5 【国産ごま栽培の活性化を目指して】

現在、日本に流通するごま製品のほとんどは輸入ごまを使用しています。当社では輸入に頼っているこの状況を打破し、国産ごま栽培の活性化を目指すため、2014年から福祉事業所と農家の方、そして当社の農福連携で国産ごま栽培を開始しました。現在では三重県を中心に徐々にではありますが、国産ごま栽培が拡大しています。
これらの「三重県国産ごま栽培プロジェクト」の取り組みが評価され、農林水産省主催の
「フード・アクション・ニッポン・アワード2015」において優秀賞を受賞しました。

九鬼産業はごまを「消費する」だけではなく、「生産する」企業としてこれからも「ごま」を作り続けていきます。
「九鬼産業がわかるエピソード」その6 【活躍し続けられる会社を目指して】

当社の想いとして、社員には長く活躍していてほしい。
そんな「ずっと活躍し続けられる会社」を目指して、働き方や風土づくりへの取り組みも積極的に行っています。

例えば、毎週水曜・金曜を「定時の日」と定め、仕事と育児や趣味、学習、地域活動など、“仕事以外の生活”との調和をとり、両方を充実させる生き方を推進しています。また、社内コミュニケーションをより大事にするために、スポーツイベントの実施や新年会、創立記念祭、慰安会など、社員が一同に会し、コミュニケーションを深められる機会も作っています。

オンもオフも充実できるからこそ、長く活躍し続けられる。これからもそんな組織づくりを行っていきます。
会社説明会 ◆◆各大学 学内セミナーのご案内◆◆

3月、4月に会社説明会を実施します。
東京、名古屋、四日市、大阪にて開催する予定ですので、
エントリー後、各説明会開催日程をご確認頂き、予約をお願いいたします。

また、各大学開催の学内セミナーにも参加予定です。
下記日程をご確認いただき、是非御参加ください。

【愛知県内】
・3/1 名古屋大学 学内説明会   
・3/4 名城大学 薬学部 企業説明会
・3/5 名古屋大学 合同企業説明会
・3/8 名古屋女子大学 合同企業説明会
・3/8 名城大学 学内企業研究セミナー
・3/11 愛知学院大学 薬学部学内合同企業説明会
・3/15 名古屋工業大学 キャリアサポート交流会
・3/16 名城大学(日本農芸化学会) 企業展
・3/16 名古屋学芸大学 合同企業説明会
・3/20 中部大学・愛知学院大学 合同企業説明会
・4/6 中部大学 個別説明会


【三重県内】
・3/5  三重大学 学内企業説明会
・3/11 鈴鹿医療科学大学 合同企業説明会
・3/16 皇學館大学 合同企業説明会


【東京都内】
・3/9 大妻女子大学 合同企業説明会
・4/7 東京農業大学 合同企業セミナー


【京都府内】
・3/2 京都大学 個別説明会
・3/2 同志社女子大学 合同企業説明会
・3/6 京都女子大学 合同企業説明会
・3/14 同志社大学 合同企業説明会

連絡先

〒510-0048 三重県四日市中納屋町8-18
総務部 伊藤
TEL:059-352-7541
URL http://www.kuki-info.co.jp
掲載開始:2018/03/01

九鬼産業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

九鬼産業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)