RESERVATION イベント予約

大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 
素粒子原子核研究所 副所長
J-PARCセンター 素粒子原子核ディビジョン長
教授 小林 隆

原子力のための先端技術を活かし
“宇宙に物質が存在する謎”を解き明かす

「私たちはなぜ宇宙に存在しているのか」という未知なる謎を解き明かす鍵と考えられている“ニュートリノにおける粒子と反粒子の性質の違い(CP対称性の破れ)”を解明できる可能性を示し、素粒子物理や宇宙物理の研究に多大な影響を与え得ると世界的に評価を受けました。行った実験は、東海村の大強度陽子加速器J-PARCで生成したミューニュートリノビームを295km離れた岐阜県にあるスーパーカミオカンデで観測し、飛行中に電子ニュートリノに変わることを明らかにしたもの。現在はミュー型ニュートリノの反粒子である「反ミュー型ニュートリノ」を使って同様の実験を行い、ニュートリノのCP対称性を分析しています。

原子力のために開発された先端技術は、このような宇宙の根源的な謎を解明するといった基礎科学を進歩させるためにも大変役立っています。