KTX株式会社
ケイティーエックス
  • 正社員
業種
自動車
金属製品/精密機器/重電・産業用電気機器/医療機器
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

■□■ 愛知ブランド認定企業 ■□■    

「第1回 ものづくり日本大賞 特別賞」の受賞をはじめ、グローバルニッチトップ100社への認定など多数あります。
(事業内容)自動車、航空機、医療、住宅設備生産用の各種金型製作、各種生産設備機械の製作
   
詳細はホームページにて! http://www.ktx.co.jp/

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

世界最高品質、「電鋳」という技術力が強み

高品質な自動車内装をそのままに「電鋳技術」を使った大物金型を得意とするKTX。電気鋳造の世界最高品質の複製技術と金型の早く・安く・大量にできる生産方法を利用して電鋳金型を製造しています。その内装空間は、いつまでも運転したくなるようなあたたかみが感じられます。この技術は世界水準となり、自動車内装づくりの一躍を担う技術となっています。自動車内外装用、航空機用の大型金型製造を得意としていますが、今後は医療機器などの筐体向けの金型の製造を通じて、お客様のお役にたちたいと考えております。KTXの目指すもの。それは、自動車業界で培われた技術をもって日本から世界へと発信することです。

事業優位性

国内で3社、世界でも7社しかない「電鋳」

わずか190名の社員数。しかし、その技術は、世界各国の自動車メーカー様から直接オファーが来るほどの技術を誇ります。創業当初から電鋳の研究が行われており、1982年に開発された「ポーラス電鋳」を皮切りに国内外の多くの自動車メーカー様から高い評価を得ています。最近では、軽量化のニーズにともなってカーボンファイバーの成形にも着手しており、世界各国の自動車メーカーが、車の価値をワンランク、ツーランクUPするための武器となるのが、まさに弊社の技術。そのオファーに応えるべく、日々技術向上に精進する社員たちです。

魅力的な人材

世界的にも、希少価値の高い技術。こころに届くあなたの技術。

「電鋳の技術で仕事ができるのは、少ないと思います。」と語るのは、電鋳部の研究開発担当の佐藤さん。学生時代の研究テーマに関連した分野だったことから弊社に興味を持ち始めました。研究の仕事をさせてもらえる企業は多くありません。こもりきりのイメージのある研究職ですが、他部署とも関与していたり展示会にも同行させていただいたりと、外部との関わりあいの中で多面的な考えを持てることは、新しいものを生み出すための刺激になっています。また、「上司」「部下」などの壁を感じさせないフラットな職場なので、疑問をすぐに解消できたり自分の意見を言うことができる雰囲気があり、充実した毎日を過ごしています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■営業…国内外の自動車メーカー様をはじめ、航空機、医療、住宅設備など幅広い分野の取引先に、独自開発の電鋳をはじめとした技術を提案していただきます。

■技術…電鋳金型をはじめとした設計・製作、技術開発にも携わっていただきます。ゆくゆくは、世界各地で活躍できる技術者を育成します。

会社データ

事業内容 電気鋳造という技術を利用し、早く・安く・大量に生産することができる金型を製造しています。世界最高品質といわれる電鋳技術は、職人たちの長きに渡って培ったノウハウを結集させてきたことで、国内外の多くの自動車メーカーから高い評価を頂いております。KTXでは、営業、設計、金型製作、製品試験、金型の輸出、メンテナンスまで一貫した生産工程も行っており、お客様と綿密なコミュニケーションを重んじております。そのため、金型づくりへのご要望を直接、反映させることができ、国内外のお客様から評価を得ています。
国内で3社、世界でも7社という希少価値の高い技術力から、世界有数の自動車メーカーや航空機メーカーの金型の製造を担っています。
受賞歴 ◇経済産業省 第1回「愛知ブランド企業」に認定 (平成16年)
◇第1回「ものづくり日本大賞 特別賞」を受賞(平成17年)
◇経済産業省 第1回「グローバルニッチトップ100社」に認定(平成26年)

「ものづくりブランドNAGOYA」に認定(平成16年)
「元気なものづくり中小企業300社」に認定(平成18年)
「新規事業中経連大賞 優秀賞」を受賞(平成19年)
「素形材産業技術賞 財団法人素形材センター会長賞」を受賞(平成22年)
「中小企業新技術・新製品賞 優秀賞」を受賞(平成23年)
「ニッポン新事業創出大賞・企業部門 優秀賞」を受賞(平成24年)
「愛知環境省 銀賞」を受賞(平成25年)
野田 泰義社長(現・会長)が「永井嘉吉記念賞」を受賞(平成26年)
「グッドカンパニー大賞 優良企業賞」を受賞(平成27年)
主な採用実績 ◇日本:トヨタ自動車(株)、本田技研工業(株)、日産自動車(株)、三菱自動車(株)、マツダ(株)、富士重工業(株)、スズキ(株)など
◇アメリカ GM、フォード、クライスラー
◇中国 第一汽車、東風汽車、上海汽車、吉利汽車など
◇韓国 現代自動車、起亜自動車
◇ヨーロッパ メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、ルノー、オペル
設立 昭和50年
資本金 9,390万円
従業員数 190名
売上高 52億7千万円 (平成28年4月期)
代表者 代表取締役社長 野田太一
事業所 ●本社・江南工場、MPMファクトリー
 〒483-8111
 愛知県江南市安良町地蔵51番地
 TEL:0587-54-5131 FAX:0587-54-8698

●テクニカルセンター
 〒480-0139
 愛知県丹羽郡大口町奈良子1丁目3番地
 TEL:0587-95-5231 FAX:0587-95-5232

●犬山工場  

●KTX-Mold Korea Co.,Ltd.

●日本KTX株式会社上海営業所

●KTX Thai Co.,Ltd.
  KTX Precision Thailand Co.,Ltd.

●KTX America,Inc.
会社沿革 昭和40年 愛知県江南市に江南特殊工業 創立 研究を始める
昭和50年 法人化に至り社名を江南特殊産業株式会社とする
昭和57年 独自に「ポーラス電鋳」の開発に成功
昭和59年 犬山工場新設
平成元年 CANADA MOLD TECHNOLOGY INC.(合弁会社)設立(カナダ)
平成 2年 本社工場 新設
平成 5年 ガルバノフォーム社(ドイツ)に「ポーラス電鋳」技術供与
平成14年 KTX America,Inc.(現地法人)設立 犬山工場増設
平成15年 ISO9001:2000認証登録 (本社・江南工場・犬山工場)
平成16年 KTX Thai Co.,Ltd(現地法人)設立 
平成17年 KTX-Mold Korea Co.,Ltd.(現地法人)設立
平成22年 日本KTX株式会社 上海営業所 設立
      テクニカルセンター新設
      MPMファクトリー新設
      KTX Precision (Thailand)Co.,Ltd. 設立 
平成23年 社名を「KTX 株式会社」に改称
平成26年 MPM 成形工場が新設
平成29年 KTX Mold Korea新設

連絡先

〒483-8111
愛知県江南市安良町地蔵51
TEL:0587-54-5131 FAX:0587-54-8698

担当: 総務部:土屋
tsuchiya@ktx.co.jp
掲載開始:2017/03/16

KTX株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

KTX株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)