サンコー精機株式会社
サンコーセイキ

サンコー精機株式会社

アルミ素材をメインとした精密金属加工
  • OpenES
  • 正社員
業種
非鉄金属
精密機器/家電・AV機器/金属製品/半導体・電子部品・その他
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

私たちは、一眼レフの交換レンズ部品・業務用カメラ・監視カメラ部品、映画館のプロジェクター等の光学部品を始め、アルミ素材をメインとした精密金属加工の技術で高い評価を獲得している会社です。プラネタリウムや照明部品、鉄道車両部品・船舶部品など公共性の高い分野でも当社製品が使用されています。海外拠点として2009年よりマレーシアにも進出しており、国内のみならず躍進するアジアでの更なる事業展開も目指しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

「任せた以上は任せる。責任は俺が取る」社長と近い距離で働く!

例えば社員から新しい提案を受ければ「やりたいことがあればどんどんやってみ。失敗から学べることもある」。それが社長の考えです。元々は職人的な男性社会だった当社ですが、女性にも働きやすい環境づくりを進め、男女関係なく責任ある立場で活躍できるように変革を行ってきました。年に3~4回、全社員と一人1時間近くにもなることもある個人面談を行い、プライベートな話から、仕事上の悩み、様々な思いなど本音を語れる場がある風通しの良さも大切にしています。一緒に現場に入り、一緒に海外に行き、一緒に飲み、一緒に遊ぶ。社長との距離の近さが仕事のやりやすさにもつながります。ワクワクしながら一緒に仕事をしませんか。

戦略・ビジョン

62年の歴史を持ちながらチャレンジャー気質で成長

「NO CHANGE  NO INNOVATION」現状に満足せず、新しい価値を探していこう。これが私たちのキャッチフレーズです。創業から62年。高度な技術と知識が必要な、私たちの手掛ける製品は多くのお客様に信頼されてきましたが、それに甘えることなく新しいことに挑戦し続けています。2002年の人工衛星プロジェクト「まいど1号」の心臓部の部品加工を担当したのもそのひとつ。また、2009年にはマレーシアで合弁企業を立ち上げ、現地に合わせた仕組みづくりを行い、価格ではなく品質で勝負できる体制も整えています。そのマレーシアに、入社1年目から研修にも行くことができるなど、成長の機会が多いのも魅力です。

魅力的な人材

「特化しない」ことの強みを最大に活かす

創業時からカメラ部品や油空圧機器等の部品を扱い、特に光学関連に強みがある当社ですが、一つの分野に特化せず「こんな加工は可能か?」に対応することで技術力や知識が格段に向上しました。油空圧部品、自動車部品や鉄道等に使用される車両部品、自動車の製造ラインで使用される設備部品など、モノづくりに欠かせないものを送り出しています。お客様の要望に的確に応えられるよう、少量多品種の生産ラインから、大量生産の生産ラインまでを構築。数百種類にも及ぶ加工治具で要望に応えています。「お客様の要望=社会のニーズ」と捉え「得意分野に固執する」のではなく「得意分野を活かして柔軟に幅広く挑戦すること」を大切にしています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

主要顧客は一眼レフカメラや監視カメラ・放送機器を手掛ける光学機器メーカーや油圧機器・自動車・鉄道車両部品・船舶部品のメーカーなど。国内外の様々な取引先に対して、製造・営業の観点からアプローチするのが皆さんの仕事です。募集職種は【製造技術・技術営業】【製造管理・品質管理】です。独創的なアイデア・フットワークの軽さを活かし、各分野のスペシャリストとして活躍してください。

会社データ

事業内容 ■一般用カメラ及び業務用放送カメラ機材等、光学分野の製品に利用される精密部品の加工
■油空圧機器部品・装置部品の加工
■アルミ等、非鉄金属素材部品の加工
※ISO9001 取得
設立 1974年12月(創業:1955年4月)
資本金 1000万円
従業員数 23名(2016年12月)
売上高 2.8億円(2016年5月実績)
代表者 代表取締役 木村 滋伸
事業所 本社:大阪府大阪市鶴見区今津南1-1-12
JR片町線「放出」駅より徒歩10分

※「放出」駅へはJR「大阪」駅より約15分で到着します。
・環状線外回り・京橋・鶴橋方面行きに乗車、「京橋」駅で片町線に乗り換え2駅目
・またはJR「北新地」駅より東西線快速に乗車、約12分
沿革 1955年
大阪市城東区諏訪で山耕製作所として創業。
創業当初からカメラ部品や油圧機器の部品を手がけていました。

1974年
サンコー精機株式会社として会社設立。

1984年
事業拡大により、現在の大阪市鶴見区今津に移転。
ビデオのシリンダーやカメラの量産部品を多く手がけていました。

1986年
現会長の木村貞美が代表取締役に就任。
これまでの量産部品を手がけると共に、少量多品種生産の分野へ。

2002年
現会長の木村貞美が東大阪宇宙開発協同組合(SOHLA)の副理事として、
まいど1号の打ち上げの支援に携わる。

2009年
木村滋伸が代表取締役に就任

2009年
マレーシアの企業との合弁会社SANKO KEIN HING SDN. BHDを設立し、木村滋伸がM.D.に就任。

2013年
第2工場 稼働開始

連絡先

〒538-0043
大阪府大阪市鶴見区今津南1-1-12
TEL:06-6968-3951 採用担当

*E-mail:saiyo@sanko-seiki.net
*URL:http://www.sanko-seiki.net
掲載開始:2017/04/20

サンコー精機株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

サンコー精機株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)