公益財団法人新国立劇場運営財団
シンコクリツゲキジョウウンエイザイダン
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
芸能・芸術
公社・官庁
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

新国立劇場は、我が国唯一の現代舞台芸術における国立劇場です。

オペラ、バレエ、ダンス、演劇の4つのジャンルの主催公演を、
オペラパレス、中劇場、小劇場の特色ある3つの劇場にて上演することを主事業としています。
加えて、オペラ、バレエ、演劇の3つの研修所における、次代を担う芸術家の育成や国内外での公演等の事業を行い、
我が国の現代舞台芸術の創造、振興、普及に寄与することを目的としています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

親しまれ、愛され、感動をともにする劇場を目指して。

新国立劇場の使命は、優れた現代舞台芸術の創造・振興・普及に努め、我が国の文化の向上に寄与し、心豊かで活力ある社会の持続的な発展に貢献することです。お客様、芸術家、スタッフ―――舞台芸術を愛するすべての人から親しまれ、愛され、感動をともにする劇場を目指して、職員は日々業務に取り組んでいます。

魅力的な人材

熱い心を持った同志を待っています

日本の文化芸術の素晴らしさは、クール・ジャパンだけでも伝統文化だけでもありません。オペラ、バレエ、ダンス、演劇といった現代舞台芸術も素晴らしい成果を上げ、国内外から高い評価を得ています。一流の芸術家とともに、本物の現代舞台芸術を作り、盛んにし、広めていく熱い心をもった同志を待っています。

仕事内容

様々な人との関わりの中で自分を成長させられる

新国立劇場にはオペラパレス(オペラ劇場)、中劇場、小劇場の3つの劇場があり、年間300回近い公演を上演し、着実に実績を積み重ねています。その中で職員が携わる仕事は、公演関係者との契約、予算管理、著作権処理、文書管理などのデスクワークから、稽古場や公演本番など現場に関わる業務、公演の宣伝、チケット販売などの営業活動、イベント企画、感激に来るお客様対応など、実に多様です。舞台は劇場な以外の大勢の人が関わりあい成り立っているので、その間の調整は大変なこともありますが、主体的に関係者に働きかけ、必要な協力関係を築きながら仕事を進めることにより、人間的にも大きく成長できる機会があります。

会社データ

会社紹介 ――国内最高レベルの舞台芸術創造拠点で働くということ。

新国立劇場は、我が国唯一の現代舞台芸術における国立劇場です。

オペラ、バレエ、ダンス、演劇の4つのジャンルの主催公演を、
オペラパレス、中劇場、小劇場の特色ある3つの劇場にて上演することを主事業としています。
加えて、オペラ、バレエ、演劇の3つの研修所における、次代を担う芸術家の育成や国内外での公演等の事業を行い、
我が国の現代舞台芸術の創造、振興、普及に寄与することを目的としています。

「現代舞台芸術の『創造』」とは、
  演目、出演者、スタッフを決め、構想をまとめ、
   優れた現代舞台芸術作品に仕上げ、それを上演していくことであり、
「現代舞台芸術の『振興』」とは、
  現代舞台芸術が盛んになること、すなわち、その上演機会が増えることであり、
「現代舞台芸術の『普及』」とは、
  多くの観客・聴衆がその素晴らしさに親しむようになることです。

国立の組織ゆえ、果たすべき使命は重く、求められる成果は高く厳しいものがあります。
しかし、劇場には芸術家が全身全霊で魅せるパフォーマンスがあり、
お客様の笑顔、熱い拍手、深い感動があふれています。

国内最高レベルの舞台芸術創造拠点から最高の感動を生み出し、
我が国の現代舞台芸術の発展に寄与するメンバーを募集します。
事業内容 新国立劇場は、わが国の現代舞台芸術の創造、振興及び普及に寄与することを目的とし、次の事業を行います。

1、芸術的に高い水準の舞台を企画・制作し、公演します。
2、各年代、各層にわたる数多くの人々に広く現代舞台芸術に親しめる機会を提供します。
3、次代を担う実演家等、現代舞台芸術に係る人材を育成するため研修を行います。
4、全国の劇場、芸術団体との幅広い協力関係をもちつつ、全国公演の実施や共同制作、招聘公演及び劇場の提供等を行います。
5、世界各国の舞台芸術活動との相互交流を推進します。
6、世界ならびにわが国の現代舞台芸術に関する調査研究及び講演、展示を行うとともに、関係資料の収集と公開を推進します。
部署紹介 新国立劇場の部署の構成は以下のとおりです。
劇場の幕があがるまでには、出演者・スタッフに加え、多くの職員が動いています。
様々な業務を通して、新国立劇場の魅力を高め、愛され親しまれる劇場となるよう
一緒に取り組んでいただきたいと思っています。
■制作部
■営業部
■研修所
■支援業務室
■広報室・国際連携協力室
■技術部
■総務部・総合企画室

みなさんの活躍できるフィールドがきっと見つかります。
設立 平成5年4月

代表者 理事長 尾崎 元規
職員数 140名
事業所 〒151-0071
東京都渋谷区本町1丁目1番1号
公益財団法人 新国立劇場運営財団
TEL:03-5351-3011
沿革 1989年3月  国立劇場法の一部を改正により、特殊法人国立劇場(現独立行政法人日本芸術文         化振興会)が第二国立劇場(仮称)の設置者となる。
1992年8月  第二国立劇場(仮称)の建設工事が着工。
1993年4月  財団法人第二国立劇場運営財団設立。
1994年7月  特殊法人日本芸術文化振興会が第二国立劇場運営財団へ公演準備等業務を委 
         託。(以降、現在に至る)
1995年4月  第二国立劇場(仮称)は、「新国立劇場」と正式決定され、財団法人第二国立劇場運
         営財団は財団法人新国立劇場運営財団に名称を変更。
1997年5月     (26日)新国立劇場竣工式。
    10月     (10日)新国立劇場開場。
1998年4月     新国立劇場オペラ研修所が開所する。
2001年4月     新国立劇場バレエ研修所が開所する。
2005年4月     新国立劇場演劇研修所が開所する。
2012年4月  財団法人新国立劇場運営財団が公益財団法人に移行

連絡先

〒151-0071 東京都渋谷区本町1-1-1
公益財団法人新国立劇場運営財団 総務部総務課人事係
Tel:03-5351-3011(代表)

HP: http://www.nntt.jac.go.jp/
採用ページ: http://www.nntt.jac.go.jp/about/recruit/
掲載開始:2017/03/01

公益財団法人新国立劇場運営財団に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

公益財団法人新国立劇場運営財団に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)