岩田地崎建設株式会社
イワタチザキケンセツ
  • 正社員
業種
建設
設備・設備工事関連
本社
北海道
残り採用予定数
5名(更新日:2017/08/01)

私たちはこんな事業をしています

★二次募集(土木・建築施工管理職)を行なっています!(8月31日締切)
★個別にご案内しますので、先ずはエントリーをお願いします!

1922年創業の当社は、北海道を拠点に東北から九州まで日本全国に支店を持つ総合建設会社として事業を展開しています。海外工事では土木工事を中心に地下鉄や電線の地中埋設工事などを行っているほか、政府開発援助にも積極的に参加し発展途上国での工事にも携わっています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

持続可能な社会の構築を目指して

1922年の創業以来、当社は技術力とサービスの向上に努め、北海道建設業界のリーディングカンパニーとして、日本国内および海外にまで事業基盤を広げてきました。「建設事業を通して人と自然の最適環境づくりに貢献する」ことを理念に掲げ、生活の利便性と安全性の向上を目指し、経済の活性化と社会の発展を通して豊かな暮らしをつくり上げることに尽力しています。今後は「未来を創る企業」として、従来の社会資本整備はもちろん、老朽化したインフラの改修や、大規模災害に備えた安全と安心の確保、環境保全への取り組みなど、多様化し続けるニーズに対応すべく邁進していきます。

技術力・開発力

北海道新幹線事業にも参入!

当社は、北海道新幹線の札幌延伸に向けた「村山トンネル」の工事を請け負い、2013年9月から本格的に掘削をスタートさせました。道内企業がメインとなって新幹線の鉄道トンネル工事を行うのはこれが初となります。トンネルの全長は5265m。工事は環境面や安全面に最大限配慮し、新しい技術を取り入れながら進行しています。この一大事業に携わることができるのは、これまで培われてきた技術力の賜物。変化を続けるニーズに対応するため常に改良を重ね、独自の技術を生み出してきました。この技術を駆使し、状況に応じて使い分けていくことで、これからもより良い暮らしの実現に尽力していきます。

社風・風土

仕事以外の社会活動を通じてコミュニケーションを構築

当社では「さっぽろ雪まつり」に向けた雪像づくりや旧モーガン邸の清掃活動といった社会貢献活動、「緑の水田プロジェクト」に代表される環境活動、インターンシップや職場体験学習のために現場を開放する次世代育成のための活動のほか、安全活動や震災・災害復旧、海外への貢献など、土木・建築事業以外の様々な活動を実施しています。これは地域社会に貢献すると同時に社員同士の仲間意識の醸成にもつながります。この仲間意識は野球やフットサルなどの同好会活動を通してさらに強化され、仕事も円滑に進むようになります。皆さんもぜひこの輪の中に加わり、コミュニケーションを図ることで、お互いを高めあっていきませんか。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

入社後は各研修制度を受講しながら、施工計画・仮設備計画・原価管理・工程管理・品質管理・安全管理など工事を円滑に進めるために欠かせない業務に携わっていただき、ゆくゆくは施工管理者(現場監督)として活躍していただきたいと考えています。

会社データ

事業内容 ◆建築工事、土木工事、舗装工事、その他建設工事全般に関する調査、企画、測量、設計、監理、施工、エンジニアリング、マネジメントおよびコンサルティング
◆建築の設計および工事監理
◆不動産の売買、斡旋および賃貸、管理、企画ならびに鑑定評価
◆宅地造成ならびに販売
◆地域開発、都市開発、海外開発などの事業およびこれらに関するエンジニアリング、マネジメント、コンサルティング
◆砂利、砂、岩石その他各種建材の採取、製造、売買
◆前各号に付帯する一切の事業

◆建築工事:
オフィスビル・ホテル・マンション・リゾート施設・レジャー施設・学校・病院・厚生施設・官公庁舎・その他
◆土木工事:
ダム・高速道路・一般道路・トンネル・橋梁・上下水道・空港・港湾・河川・ゴルフ場造成・宅地造成・その他
設立 1922年(大正11年) 創業
1945年(昭和20年) 「株式会社岩田組」設立
2007年(平成19年) 株式会社地崎工業と合併し、現在の「岩田地崎建設株式会社」へ
資本金 20億円
従業員数 684名(平成29年4月1日現在)
売上高 868億553万円(平成29年3月期)
代表者 代表取締役社長 岩田 圭剛
事業所 本社
札幌市中央区北2条東17丁目2番地

旭川営業所
 旭川市5条通9丁目左1 ECS第21旭川五条ビル
函館営業所
 函館市海岸町14番5号
帯広営業所
 帯広市東2条南13丁目18番地 まるせん第一ハイム
釧路営業所
 釧路市幸町6丁目1番6号 朝日生命釧路ビル

東北支店
 宮城県仙台市青葉区二日町12番30号 日本生命仙台勾当台西ビル5F
岩手営業所
 岩手県大船渡市大船渡町字台22-4

東京支店
 東京都港区西新橋3丁目23番5号 御成門郵船ビル
横浜営業所
 神奈川県横浜市中区富士見町1番1号 富士見町ビルヂング
千葉営業所
 千葉県千葉市中央区中央1丁目7番8号 シグマビル
新潟営業所
 新潟県新潟市中央区弁天2丁目1番1号 弁天ビル

名古屋支店
 愛知県名古屋市中区錦1丁目18番24号 いちご伏見ビル6階

大阪支店
 大阪府大阪市中央区大手前1丁目2番15号 大手前センタービルディング3階
神戸営業所
 兵庫県神戸市中央区八幡通3丁目2番5号 I・N東洋ビル

広島支店
 広島県広島市南区的場町1丁目3番6号 広島的場ビル

四国支店
 香川県高松市古新町6番8号 第3ミタケビル2F

九州支店
 福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目27番24号 博多タナカビル

海外支店
 東京都港区西新橋3丁目23番5号 御成門郵船ビル

台湾営業所
モンゴル駐在員事務所
沿革 1922年(大正11年)
 岩田徳治 札幌で土木建築請負業「岩田組」創業
1945年(昭和20年)
 「株式会社岩田組」設立(資本金:19万5,000円) 初代岩田徳治社長就任
1949年(昭和24年)
 社名を「岩田建設株式会社」に変更(5月25日) 北海道知事登録
1954年(昭和29年)
 旭川出張所開設
1955年(昭和30年)
 建設大臣登録(総合建設業)
1956年(昭和31年)
 東京支店・帯広出張所開設
1960年(昭和35年)
 初代 岩田徳治会長・二代 岩田 巌社長就任 釧路出張所開設
1961年(昭和36年)
 社屋落成ならびに創業40周年記念式典挙行 社内報創刊号発刊
1970年(昭和45年)
 仙台支店開設  
1972年(昭和47年)
 創業50周年記念式典開催 完工高100億円超える
1973年(昭和48年)
 岩田建設道路部が独立して、大同舗道株式会社を設立
1974年(昭和49年)
 本社社屋落成記念式典開催(中央区北1東18)
1982年(昭和57年)
 創業者 会長岩田徳治逝去  
1986年(昭和61年)
 三代 岩田基義社長就任
1987年(昭和62年)
 技術開発室設置
1988年(昭和63年)
 二代 岩田基義会長・四代 眞田 眞社長就任 本社ビル増築
1990年(平成2年)
 海外留学制度スタート 受注高400億円超える 「新たな企業イメージを」と新シンボルユニットを発表
1992年(平成4年)
 創業70周年記念祝賀会開催 記念事業として「ロシア美術1900-1930展」に特別協賛
1994年(平成6年)
 建築RF事業部設置(リフォーム、リニューアル工事対応)
1998年(平成10年)
 初代 岩田基義名誉会長就任・三代 眞田 眞会長就任・五代 岩田圭剛社長就任 ISO9001全社一括認証取得
2002年(平成14年)
 創業80周年記念および新社屋(現社屋)落成記念式典開催
2003年(平成15年)
 ISO14001(環境)OHSAS18001(安全)同時認証取得
2004年(平成16年)
 持株会社 株式会社IC ホールディングス設立 地崎工業グループと経営統合
2005年(平成17年)
 OHSAS18001からCOHSMS(建設業労働安全衛生MS)へ移行し運用開始
2007年(平成19年)
 株式会社地崎工業と合併「岩田地崎建設株式会社」が誕生(4月1日) 資本金:20億円  
2010年(平成22年)
 東京支店 BCP(事業継続計画)が認定を受ける(国交省関東地方整備局)
2011年(平成23年)
 東日本震災復興対策室を開設し、復旧復興を支援(東北支店内)
2012年(平成24年)
 創業90周年を迎える 海外支店開設 モンゴル駐在員事務所開設
2013年(平成25年)
 四国支店(高松)・岩手営業所(大船渡)開設

連絡先

〒060-8630
札幌市中央区北2条東17丁目2番地
TEL. 001-221-0013
採用担当
人事部 太田、桜田、阿部、中川、関
掲載開始:2017/03/01

岩田地崎建設株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

岩田地崎建設株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)