株式会社レーザックス
レーザックス

株式会社レーザックス

レーザー・自動車・航空機・発電設備・医療機器・電子産業
  • OpenES
  • 正社員
業種
機械
半導体・電子部品・その他/医療機器/自動車/精密機器
本社
愛知
残り採用予定数
2名(更新日:2017/06/27)

私たちはこんな事業をしています

あらゆるレーザ加工に関する知識・設備を有し、技術・売上規模のいずれにおいても屈指の規模を誇る私たち。
自動車から航空機、医療機器まで、日本を代表する有名企業はじめ、様々な業界の多くの企業から厚い信頼を寄せられています。
未知の可能性「X」を探求することで、未来を拓く技術を実現したい。私たちの社名「レーザX」込められているのは、そんな思い。
業界のパイオニアとしてこれからもレーザの可能性を追求します。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

レーザにできることの全てを実現する、リーディングカンパニー。

レーザ発振というテクノロジーが誕生したのは今から55年前。産業界における実用化が進み始めた1984年、私たちのレーザ事業は発足しました。当初は切断加工を中心に用いられていたレーザも、今日では溶接・穴あけ・微細加工から表面改質まで様々な場面に活用されています。しかしそれぞれの加工には高い専門性が必要となるため、「レーザにできることすべて」を提供できる会社は、私たち含め数えるほど。私たちはレーザの可能性拡大に挑むことで成長を続けてきたパイオニア、売上規模においても業界のリーディングカンパニーと自負しています。あらゆる製品において軽量・小型化が進む現代において不可欠なレーザー技術を、今後も追求し続けます。

事業優位性

社員のアイデアから生まれた製品が、たった2年でトップシェアに

レーザ加工を30年以上携わっている会社は日本ではごくわずか。その当社が蓄積された知識・技術を活用するため社内公募で社員のアイデアを結集させて生み出した製品が、ハンドトーチ型レーザ溶接機「FHシリーズ」。レーザに長年携わっているからこそ分かる『使いやすさ』『簡単操作』『安全対策』を兼ね備えた製品はたちまち業界内で評判となり、発売からわずか2年程でトップシェアを誇る製品となりました。また、日本だけでなく東南アジア、ヨーロッパ、アメリカなど海外にも販路は拡大中です。レーザの優位性を広めるのは、パイオニアである私たちの使命。レーザの活躍の場を一層広げていくため、これからも製品開発に情熱を注いでいきます。

社風・風土

気さくな先輩と話しやすい雰囲気、伸び伸び働ける環境です。

当社は「レーザ」というまだまだ発展途上の技術を用いるため、世界初・業界初という試みもあり、上下関係の垣根を越えて、自由にアイデア、意見を出し合う機会が多くあります。難題を解決するためには個の力だけでなく、周りを巻き込んで助け合い、協力し合うことで乗り越えるという風土が出来上がっているのです。また、気さくな先輩社員が多いため、知識や経験のない新入社員も「分からないことはきちんと聞く」を実行し、日々成長を遂げています。気兼ねなくプライベートも話せるほど仲が良く、時には同じ趣味を持つもの同志、休日一緒に出かけたりと、オフの時間も充実させています。昨年発足したばかりですが、なんと釣り部もあるんですよ。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

募集職種:レーザ技術者
レーザに関する高い専門性を基軸に「レーザ加工」、「機械・制御設計」「営業」を担当いただきます。

具体的には、
◆特殊な材質、形状等への加工(最適条件の検討)
◆お客様の求める加工に適する周辺機器の提案
◆レーザ関連技術の開発

もし今、あなたにレーザの知識が全くなくても大丈夫。入社後に、習得できます!!

レーザの技術で、顧客のニーズ、光の可能性を追求することが仕事です。

会社データ

事業内容 1.レーザ加工機による受託加工
2.レーザ加工技術に関するノウハウの提供
3.レーザ加工技術に関するコンサルティング
4.レーザ光学機器の設計・販売
5.レーザ加工システムの設計・販売
6.鋳鉄・アルミの鋳造及び販売
7.鋳造品の熱処理加工・表面処理加工・切削・穴あけ・研磨加工及び販売
設立 1941年4月
資本金 9000万円
従業員数 90名
売上高 40億円(2016年3月実績)
代表者 代表取締役社長 近藤恭司
事業所 本社/愛知県知立市新林町小深田7
レーザテクニカルセンター/神奈川県横浜市港北区新羽町1199-1
主要設備 ●ファイバーレーザ
  ファイバーレーザマーカー
  IPGフォトニクス社 ファイバーレーザ発振器10kW
  IPGフォトニクス社 ファイバーレーザ発振器5kW
  IPGフォトニクス社 ファイバーレーザ発振器2kW
  IPGフォトニクス社 シングルモードファイバーレーザ発振器
  IPGフォトニクス社 Quasi-CWレーザ発振器
 IPGフォトニクス社 パルスファイバーレーザ発振器
●YAGレーザ
  ピークパワー5kW パルスYAGレーザ溶接機
  1kW マルチモードYAGレーザ 高速回転テーブル搭載モデル 
  ピークパワー10kW パルスYAGレーザ微細切断機
  ピークパワー20kW パルスYAGレーザ切断機
●CO2レーザ
  1kW シングルモードCO2レーザ
  200W CO2レーザビームスキャナー
●電子ビーム
  電子ビーム加工機
●エキシマレーザ
  近紫外エキシマレーザ
●半導体レーザ
  100W 半導体レーザ ファイバータイプ
沿革 1941年 創業者近藤栄二が中島飛行機半田工場の協力会社として、近藤航空機製作所を創業
1946年 丸真製作所を設立、精密機械鋳造を開始
1965年 精密機械設計、製作メーカとして丸真精機株式会社を設立
1970年 丸真製作所を丸真重工株式会社に改称
1984年 丸真重工株式会社にレーザカッティングセンター設立
1988年 レーザカッティングセンターが株式会社レーザックスとして分離独立
1995年 東京営業所を開設
1999年 本社レーザ加工部門がISO9001認証取得(Perry Johnson Registrars)
       本社産業機械製造部門がISO9001認証取得(TUV SUD Japan)
2001年 東京営業所を移転しレーザテクニカルセンターに改称(横浜市緑区)
2005年 レーザテクニカルセンターを横浜市港北区に移転
2008年 本社レーザ加工部門がAS9100 Rev.B認証取得(Perry Johnson Registrars,Inc.)
2009年 本社レーザ加工部門がNADCAP(特殊工程)認証取得
2011年 丸真重工株式会社、丸真精機株式会社、株式会社レーザックスを合併し、
       名称を「株式会社レーザックス」とする

連絡先

〒472-0017 愛知県知立市新林町小深田7
0566-83-2219
総務部 人事・総務課
長谷川・関野
掲載開始:2017/03/01

株式会社レーザックスに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社レーザックスに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)