金属技研株式会社
キンゾクギケン

金属技研株式会社

【業種: 金属加工・熱処理・設計・解析 等】
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
金属製品
非鉄金属
本社
東京
金属技研 新卒採用特別コンテンツ

私たちはこんな事業をしています

全産業界に対し金属熱処理・HIP処理・拡散接合・ろう付・精密機械加工等特殊な要素技術をベースに設計から製作まで一貫した受託加工を行っています。例えば、発電事業用ガスタービンの燃焼器部品の製作、半導体・液晶製造装置部品及び材料の製作等。近年は設計分野を強化し、国家プロジェクト関連装置の設計から製造・組立・据付までを手掛ける他、海外進出や航空機エンジンリペア事業等、新規事業へも積極参入しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

「技術×人=未来」・・・新たな可能性を切り開きます。

長年培ってきた弊社の特殊技術は、半導体から航空・宇宙分野など多様なお客様の課題を解決するソリューションとして、第一級の評価をいただいています。この技術を駆使する弊社のエンジニアたちは、お客様のニーズに最大限応えることで、大手企業をはじめ、多くの研究所や大学の研究者からも技術パートナーとして信頼を得ています。人と人との信頼関係、そこから新たなアイデアや可能性が生まれ、革新的な技術が世の中に送り出されていく・・・。弊社は人のつながり「和」を大切にしながら、今後も活動のフィールドを広げ、そして社会へ貢献していきます。

施設・職場環境

「環境を大切にし、人を大切にする」。その努力は惜しみません。

弊社は社員の成長に繋がる機会を積極的に設けています。例えば、国家プロジェクトのような大型案件の仕事でも、自分から手を挙げれば、若手のうちから参加するチャンスが与えられる風土があります。また、「たくみ塾」と呼ばれる独自の教育制度があり、機械加工や溶接などの熟練技能者が、若手に直接ワザを教えて次世代の育成を進めています。設備投資も積極的に行っており、成長できる環境が用意されていますので、思い切ってチャレンジしてください!

戦略・ビジョン

培った技術力を活かして、新規事業・海外へ。

HIP(熱間等方圧プレス)処理を用いて、新しいサービスで世の中に変化を与える・・・一つは海外展開です。海外からの様々なニーズに対応すべく、2010年に世界最大のHIP装置「Giga-HIP」を導入するなど、アジアを中心とした世界市場に本格参入しています。その他にも、2017年秋期には岐阜県土岐市に工場を新設し、主に中部地区を中心とした民間航空機部品の成形加工と熱処理ニーズを取り込み、弊社航空関連事業の更なる発展を担う生産拠点として操業を開始します。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

入社後は、技術・製造・品質管理の各職種への配属を予定しています。各職とも金属材料や機械工学などの専門知識をフル活用するほか、社内各部署やお客様等とコミュニケーションをとって連携していくことが業務を行う上で重要となります。
海外大生の方は、上記に加えて、語学力や海外での経験を活かし、当社の海外展開や航空機ビジネスに携わっていただきます。

会社データ

事業内容 弊社は1960年に金属工学の研究グループが創業した会社であり、金属熱処理を基幹として、ろう付、HIP処理、表面改質処理等の特殊工程の受託加工から、機械加工や設計、分析・解析までを行う「提案型のモノづくり=the metal solution」を提供しています。半導体・自動車・電子機器・エネルギー・航空宇宙などの幅広い産業からの特殊加工ニーズに応えるほか、国家プロジェクトによる最先端実験施設向けの機械装置の設計から製作、設置工事まで弊社内で一貫対応が可能です。
近年では、海外の市場取り込みを見据えて、世界最大のHIP装置『Giga-HIP』を導入、さらに中国・蘇州に現地法人を設立しました。
また、これまでに蓄積したノウハウを応用した新たな中核事業として、2011年から航空機エンジンリペア事業へ本格参入し、成田空港周辺に2工場を新設しました。世界大手エンジンメーカーである米国のPratt & Whitneyと独占修理契約を結び、国内唯一のジェットエンジン高圧タービン部品のリペア工場として操業開始しています。弊社のフィールドは、今まさに全世界へ広がっています。


弊社の経営理念には「環境を大切にし、人を大切にする」を掲げ、次の5つの経営方針を導いています。
■地域・社会と融和をはかり、信頼される会社であり続けます
■つねに変化を先取りし、多くのソリューションを提供します
■たゆまず技術革新に挑戦し、さらにポテンシャルを高めていきます
■人を育成し、活用し、活発な会社風土を築いていきます
■法を守り、公正かつ透明な経営をおこないます
設立 1960年2月10日
資本金 2億8,800万円
代表者 代表取締役社長 長谷川数彦
売上高 99億6900万円(2015年度実績)
従業員数 523名(2017年1月末現在)
事業所 工場: 群馬、茨城、神奈川、千葉、成田、滋賀、姫路、岐阜(2017年秋期操業予定)、中国(蘇州)
本社: 東京
主要取引先 エレクトロニクス関連から航空関連まで、多岐に亘る大手企業が取引先/
三菱重工業、JX日鉱日石金属、川崎重工業、島津製作所、豊田通商、ニコン、日立金属、本田技研工業、日本原子力研究開発機構、高エネルギー加速器研究機構、JAXA、JAL、ANA 他多数

連絡先

〒164-8721
東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー27F
本社 総務経理部 総務人事課

TEL 03-5365-3050
E-mail jinji@kinzoku.co.jp
ホームページURL http://www.kinzoku.co.jp/

【交通】東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「中野坂上駅」徒歩2分
掲載開始:2017/03/01

金属技研株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

金属技研株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)