日栄化工株式会社
ニチエイカコウ

日栄化工株式会社

NE-tak 粘着フィルムの開発・製造・販売
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
化学
紙・パルプ/その他製造
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

 私たち日栄化工は、「表面基材+粘着剤+剥離紙」の3層構造から成る「フィルムタック」と呼ばれる粘着フィルムを主力製品に、様々な業界・分野に向けて製品開発・生産供給している総合メーカーです。日本国内だけでなく、香港や上海、タイなどにも営業拠点や生産拠点を持ち、成長著しい海外市場でも製品の開発や販売を推進しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

光学材料から広告用ステッカーまで粘着フィルムの総合メーカー

生活のいろいろなシーンで手にするラベルやステッカー、両面テープ。貼るときにはがす裏側の台紙(剥離紙)が“わさび色”をしていたら、それは日栄化工のブランド「NE-tak」製品です。このステッカーやラベルのような、「フィルムの表面基材」+「粘着剤」+「剥離紙・剥離フィルム」の組み合わせを「フィルムタック」といいます。私たちは、このフィルムタックを専門に開発・製造・販売するメーカーです。

社風・風土

『失敗してもいいから、とにかくチャレンジ!』がモットーです。

少数精鋭だからこそ、入社2~3年目の若手のうちから“ものづくり”の醍醐味を味わえます。そこで必要となるのは、好奇心とスピード感。何に関しても「まずは、やってみる」「とにかく、チャレンジしてみる」の社風のなかで、トライ&エラーを繰り返し、ゴールを目指す。受け身ではなく、自ら積極的にチャレンジしていく人を評価しています。皆さんの本気に応えられるだけの仕事の面白さは必ずあります。ぜひ、その本気をぶつけてきてください。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■営業職:法人のお客様を対象に、販売活動や製品開発など、企画営業を行います。活動範囲は国内外に広がります。
■業務職:業務管理や資材調達など会社組織の全体を支える仕事です。
■技術職:お客様のニーズをもとに粘着フィルムの設計開発や、品質保証を行います。
■製造職:品質管理、設備の保守、新設備の導入など実際の生産活動に関わる仕事です。

会社データ

独自の技術を活かす多柱の事業展開で、創業以来、黒字経営の粘着フィルム総合メーカー  私たち日栄化工は、「表面基材+接着剤+剥離紙」の3層構造からなるフィルムタックと呼ばれる粘着フィルムを主力製品とする、コーティング技術の総合メーカーです。当社が生み出す製品は、主に4つの分野で活躍しています。1つ目は日用品のラベルやステッカー、シールなどの「印刷分野」。2つ目は屋外広告で用いるインクジェットメディアなどの「サイン・ディスプレイ分野」。3つ目は窓ガラスの装飾や壁紙といった「建装材・インテリア分野」。4つ目はスマートフォン、PC、液晶テレビ向けの「電子工業材分野」です。近年は電子工業材分野で需要を伸ばしていましたが、中国の景気減退をはじめ、さまざまな要因から市場が落ち着いたこともあり、当社としても、今後は電子工業材分野以外の既存の柱を一層強化し、経営のさらなる安定化を図っていくつもりです。
カスタムメイドでお客様のニーズに対応  当社の特長は「フレキシブルな生産体制」「カスタマイズ」を強みにしていること。

 営業担当と技術担当が力を合わせ、お客様の要望にマッチした粘着フィルムを一から設計し、小ロットの受注にも柔軟に応えて生産しています。当社の約1万4,000種類の製品の実に80%がカスタムメイド。お客様の満足を追求したモノづくりを行っています。
事業内容 粘着フィルム(フィルムタック)の開発・製造・販売
粘着加工、ラミネート加工

【主要取引先】
東レ、東洋紡、東洋インキ、王子製紙、大阪シーリング印刷、
三井物産プラスチック、ラミーコーポレーション、アイケーシー他
設立 1967年7月27日
資本金 1,480万円
従業員数 グループ:391名(単体:298名)・・・2016年3月時点
売上高 グループ売上:121億1,300万円(単体:96億7,800万円)・・・2016年3月実績
代表者 代表取締役社長/清水 寛三
常務取締役/安田 達治
常務取締役/佐藤 成夫
事業所 ■本社・技術研究所・本社工場
〒578-0935 大阪府東大阪市若江東町6-1-33

■東京支店
〒110-0014 東京都台東区北上野2-2-9

■名古屋営業所
〒452-0842 愛知県名古屋市西区城町252番地

■福岡営業所
〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南1-11-27
ASオフィス博多409

■三重工場
〒518-1155 三重県伊賀市治田3090-9

■日栄化工(香港)有限公司
Unit No. 1007, Level10, Grand City Plaza,
1-17 Sai Lau Kok Road, Tsuen Wan, New Territories, Hong Kong.

■日栄化工(上海)有限公司
D6-013 No. 200, Fu Te Dong Yi Road,
Wai Gao Qiao Free Trade Zone, Pudong New Area, Shanghai, P. R. CHINA

■ニチエイ(タイランド)
100 Moo3, Tambol Bangchang, Ampur U-Thai,
Ayutthaya (Rojana Industrial Park2) THAILAND
沿革 1957年 1月 創業
1967年 7月 日栄化工株式会社 設立
1976年 1月 伊賀工場 新設
1977年 10月 東京営業所 開設
1980年 4月 名古屋営業所 開設
1989年 5月 技術研究所 開設
1991年 10月 三重工場 新設
1992年 5月 伊賀工場より三重工場へ完全移転
1999年 4月 ISO 9001 認証取得
2000年 11月 ISO 14001 認証取得
2003年 5月 日栄東京ビル竣工、東京営業所 移転
2003年 11月 日栄化工(香港)有限公司 開設
2004年10月 日栄化工(上海)有限公司 開設
2008年 3月 東京開発センター 開設
2010年 6月 ニチエイ(タイランド) 開設
2015年 9月 東京開発センターを東京支店に統合
      新事業開発センター 開設
2016年 4月 福岡営業所 開設
2016年 12月 新事業開発センターを本社に統合
新製品開発 これまで取り組んでこなかった技術や、提案できていなかった製品の開発に注力。フィルム表面に特殊な加工を施す「ハードコート技術」を取り入れ、その技術を生かした製品の製造を開始。この技術によって、フィルムそのものに防指紋性、防汚性といった付加機能が付き、より幅広い分野で展開できるようになりました。また、水性コーティングができる機械を導入して新たな開発を進めています。このように、従来の粘着加工に加え、表面加工を可能にしたことで、多種多様なニーズにより柔軟に、的確に対応できるようになり、「小ロット・多品種・カスタマイズ」という当社のビジネスモデルも一層確かなものとなりました。
海外展開 香港・上海・タイに拠点を持ち、海外市場でも広く事業を展開している当社では、海外展開の強化も今後の課題。現在は、一つの国や地域に留まらず、国内外のあらゆる場所でトータルに対応できるシステムづくりを進めています。
求める人材 当社がともに働く人材として求めているのは、何事にも興味・好奇心を持って前向きに取り組める方。当社は、街中のサインや広告、スマートフォンなど、若い皆さんが関心を持てる分野での実績も多く、好奇心を活かせる環境が整っています。自分の開発したものが世にでていくという「モノづくりの楽しさ」を味わいながら、私たちと一緒に社会の発展に貢献していきましょう。(代表取締役社長 清水 寛三)

連絡先

〒578-0935
大阪府東大阪市若江東町6-1-33
総務部 大森
TEL:06-6732-1150
URL  http://www.netak.co.jp/
E-mail  saiyou@netak.co.jp
掲載開始:2017/03/01

日栄化工株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

日栄化工株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)