株式会社ディー・エス・ケイ
ディー・エス・ケイ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
情報処理
ソフトウェア/その他サービス
本社
千葉

私たちはこんな事業をしています

地方自治体の行政事務の効率化や行政サービスの充実を、
情報技術を活用して支援する事業を行っており、
近年は「e-Japan」に始まる政府構想に沿った県内市町村の
「電子自治体」推進をサポートする様々な行政システムを構築しています。

また、個人情報、行政情報を取り扱う会社として、情報セキュリティに対する責任体制を徹底させ、
「行政の一部を担っている」という一貫した考えのもとに社会貢献に努めています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

地方公共団体の分野に専門特化し、全工程を完全サポートします。

当社は1975年の設立以来、一貫して地方公共団体の分野に専門特化した事業に取組み、行政情報に関わる業務システムの開発や導入、運用支援から受託処理に至るまで、全工程を完全にサポートしてきました。当社の業務システムは、全てオリジナルソフトのため、各市町村様毎に異なる様々な事情にも、柔軟に対応できるという強みがあります。当社はこの強みを最大限に活かし、検証やレビューにも重きを置きながら、一連のPDCAサイクルを実行することで、質の高いサービスの提供を可能にしてきました。今後も行政事務全体を継続的にサポートすることで、様々な結果を正確に見極め、次のステップアップへとつなげていきます。

事業・商品の特徴

地域の特色ある行政システムをサポートします。

地方自治体の行政情報システムは、国の法律や制度に基づいて行っているため、共通する部分が多くあります。その中で地方自治体は、地域の特色ある行政サービスを追求し、住民の生活向上を目指しています。私たちは、この特色である独自性を活かしつつ、共通する部分については資源や資産を効率よく共同利用するスタイルを提案し、運用の効率化と費用の節減を図っています。そして、この独自性と共通性の相反する関係をいかに融合させるか、最適なバランスの追求を行っています。私たちが目指すのは、地方自治体と共に歩む“良きパートナー”となること―。そのため、システムを使う立場に立って業務に取組むという姿勢を大切にしています。

社風・風土

意欲的で発想豊かな人を尊重する、自由で活発な職場です。

堅実な事業内容等から、少し堅い印象を持たれがちですが、当社はとても風通しがよく、何より自由で活気ある職場環境を大事にする会社です。また、若手にも早くから責任ある仕事を任せ、現場での業務を通じて技術を習得してもらうという教育方針なので、第一線の仕事を実感しながら、専門的知識を身につけることができます。一方、システムの開発においては、比較的少人数のグループ体制で進めるため、個人の発想や意見も活かしやすく、わからないことがあっても、誰もが気軽に対応してくれます。もちろん、意欲的で発想豊かな社員には、キャリアに関係なく、グループの中心的存在となって活躍していただくことを推進しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【システムエンジニア】
地方自治体のあらゆる行政サービスに関するシステムの提案・開発・運用に広く携わって頂きます。
新人研修やOJTを通して、行政や情報技術のスキルを学び、
また積極的にユーザー応対等も経験して頂き、
お客様の要望を的確に把握できる技術者への成長を目指します。

会社データ

事業内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地方自治体のあらゆる行政事務に関する情報システムの開発・提供を通し、
行政サービスをトータルにサポートしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1)システム開発

 先端技術を積極的に導入し、それぞれの地方自治体のニーズを的確に把握し、
 自治体の窓口事務や内部事務を、効率的にサポートするシステムを自社開発し、
 提供しています。

(2)自治体クラウドサービス

 「情報セキュリティマネジメントシステム」の
 認証を受けたデータセンターを利用し、
 システムを提供する自治体クラウドサービスを行っています。

(3)オンサイトサービス

 地方自治体の依頼により庁舎内に当社技術者が常駐し、自治体内のさまざまな
 電算室業務全般の細やかなサポートを行っています。

(4)アウトソーシングサービス

 設立以来、行政サービスの専門企業として、
 長年地方自治体のシステムをサポートしてきた技術や信頼により、
 「納税通知書」「選挙の投票入場券」など地方自治体にとって
 重要な公共文書の作成を委託されています。

(5)パソコンおよび周辺機器販売

 構築する行政情報システムに最適なハードウェア環境を整備します。
設立 1975年3月
資本金 1250万円
従業員数 185名(男125名、女60名)
売上高 55億円(2015年2月期)
代表者 代表取締役社長 和田 穣
事業所 本  社/柏市
事業所/成田市
出張所/印西市、鎌ヶ谷市、成田市、茂原市、富津市
平均年齢 39歳(男42歳、女34歳)
関連会社 株式会社茨城計算センター 【略称:IAC】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
IACは、茨城県内を事業範囲(取引先:茨城県内の地方自治体)とする
姉妹会社で、1965(昭和40)年に設立されました。
当社グループは、当社とIACが中心となり、
千葉県および茨城県の地方自治体の行政サービスをサポートしています。

■■■ IAC 企業データ ■■■

〔設立〕
1965年4月

〔従業員数〕
320名(男230名、女90名)

〔売上高〕
69億円(2015年3月期)

〔事業所〕
事業所/日立市(本社)、土浦市、取手市、ひたちなか市、
    つくば市、神栖市、古河市、阿見町
出張所/結城市
〔主要取引先〕 茨城県内の地方自治体(県内市町村の約9割) 
沿革 1975(昭和50)年 千葉県内の自治体を向け情報処理センターとして設立
1977(昭和52)年 漢字処理システム開発
1981(昭和56)年 オンラインシステム開発
1982(昭和57)年 パソコンを利用した各種OAシステム開発
1989(平成元)年 地図情報システム開発
1995(平成07)年 クライアントサーバーシステム開発
1996(平成08)年 証明書自動交付システム開発
1998(平成10)年 イントラネットシステム開発
1999(平成11)年 クラウドサービス開始
2001(平成13)年 電子自治体システム開発
2002(平成14)年 Webシステム開発
2003(平成15)年 ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証取得
2005(平成17)年 電子入札システム開発
2006(平成18)年 コンビニ収納対応、ISMS認証基準からISO27001へ移行
2008(平成20)年 eLTAX ASP構築事業者登録
2009(平成21)年 クレジット納付対応
2011(平成23)年 証明書コンビニ交付システム対応
主要取引先 千葉県内における各自治体
株主構成 千葉県内9市町
主要業務  【住民情報】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■基本台帳関連システム
 … 住基台帳、印鑑登録、外国人登録、選挙事務、証明書自動交付
■税務収納情報システム
 … 固定資産税、市町村民税、軽自動車税、法人市民税、収納管理、
  滞納管理、地図情報、コンビニ収納
■国民健康保険システム
■後期高齢者医療保険システム
■国民年金システム
■介護保険システム
■福祉総合システム
 … 高齢者福祉、障害福祉、生活保護、母子福祉、児童福祉、健康管理
■水道関連システム
 … 水道料金、検針ターミナル、コンビニ収納
■下水道関連システム
 … 下水道料金、下水道負担金、地図情報

 【内部情報】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■人事給与システム
 … 人事管理、給与計算
■財務会計システム
 … 予算編成、執行管理、決算統計、契約管理、起債管理、電子決済
■文書管理システム
■庁内情報システム
 … 電子掲示板、電子キャビネット、スケジュール管理、ワークフロー、
  電子メール、勤休管理
■電子入札システム
 … 電子入札、業者登録

 【地域情報】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■図書情報システム
 … 図書管理、インターネット検索
■公共施設予約システム
 … キオスク端末予約、インターネット検索
■行政情報提供システム
 … 情報提供、ホームページ管理
☆DSKって何をしている会社?☆ ◇設立から一貫して地方行政に専門・特化した事業に取組んでいます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当社、ディー・エス・ケイは、1975年に千葉県の地方公共団体に対する、コンピュータの共同利用による行政事務の効率化推進を目的として、グループ会社である茨城計算センターより分離独立して設立されました。以来、一貫して地方行政に関する情報サービス事業、行政情報システムの構築に取組んでいます。

住民記録や税務など、自治体内での業務処理に関するシステムから、ホームページ等の住民の皆様に直接利用されるものまで、行政サービスの充実を支援するあらゆるシステムを開発・運用しています。また、事業の公共性の高さゆえ、情報の安全対策・個人情報保護には万全を期し、「情報セキュリティマネジメントシステム(ISO/IEC27001)及び「プライバシーマーク」の認証を取得しています。


◇今後ますます、私たちの役割・責任は大きくなります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2001年政府が公表したe-JAPAN戦略により、各市町村では、情報通信技術(ICT)を有効利用し、住民サービスの向上や行政事務の効率化を図る、いわゆる電子自治体の構築が求められてきました。当社でもWeb技術等を用いて、さまざまなシステムを提供し、市町村の電子自治体構築をサポートしてまいりました。近年では、さらなる行政事務の効率化を実現するため、クラウドコンピューティング技術を用いた、自治体クラウドの構築にも積極的に取り組むとともに、「品質マネジメントシステム(ISO9001)」認証を取得し、信頼得られるサービスの提供とお客様の満足度向上に努め、市町村の「電子自治体化」を今後も支援していきます。


◇「何でも言える、何でも聞ける」職場です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
堅実な事業内容などから、少し堅い印象を持たれがちですが、何より自由で活気ある職場環境を大事にする会社です。システム開発では、多くの視点からのアイデアの集結が重要です。「慣れが」少なくユーザーの視点に近い若い技術者の意見は、とても大切なのです。また短期間での技術・知識の習得を目指して、早いうちから責任ある仕事を任せていますが、それには周りのフォローと風通しのよい職場環境が必要不可欠です。『何でも言える、何でも聞ける』そんな自由で活気ある職場の人間関係こそが、優れた技術さらには人材を育むと考えています。
皆さんの質問にお答えします! Q1. 仕事の雰囲気は?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私たちの仕事は、同じことを繰り返し行うことはほとんどありません。
どう変えていくかアイディアを絞り出します。ですからいろいろな人と意見交換して、休憩を入れながら比較的自分のペースで仕事を進めます。

新人・先輩や上司が一体となって仕事をしており、わからないことは気軽に周りに質問できます。またお客様との長いお付き合いの中で、お客様と双方で協力しあって仕事をしている雰囲気があります。


Q2. 仕事のやりがいはどんなときに感じられますか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私たちの作成したシステムを使って、お客様である地方自治体は、住民へのサービスを行っていますので、自分が作ったシステムで自分自身がサービスを受けることも多々あります。そのとき、「あっ、私の仕事が役に立っている!」とダイレクトに感じることができます。

ある一民間企業で使用するシステムではなく、自分の家族や身近な人が便利になり役に立つシステムだからこそ、地域社会に結びつく仕事をしていると実感できるでしょう。


Q3. 仕事で大切なことはなんですか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
よりよいシステムを提供することはもちろんですが、データセキュリティを第一に考えなければなりません。ネットワーク化が進むにつれ、情報セキュリティリスクも大きくなります。私たちもこの問題に積極的に取組み、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)を取得しました。情報活動の存在を示すものは最小限にしてリスクを回避するという指針に従って、インターネットなどの外部に対しての情報発信は極力控えています。


Q4. システムの知識が全くないのですが、大丈夫ですか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
問題ありません。実際、文系大卒の社員がSEとしてたくさん活躍しています。

会社には、だれがプログラミングしても同一精度で作成できるように、開発手法が確立してあります。この開発支援ツールを使えば必要最小限の知識ですぐに作成でき、その分SEは業務に専念できます。SEの仕事はパソコンの多くの知識を覚えることではなく、使い勝手のよい業務を考えることです。社内には高度な専門知識を必要とする部署も一部ありますが、ほとんどのSEは本業である業務中心に仕事をします。

基礎的な知識としては、新人研修が入社後の数ヶ月間設けられており、社会人としての知識や業務知識を一から学ぶことができます。研修後も日常業務の中から無理なく知識を習得することができます。
最後に皆さんへ ■あなたのスタイルで
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
人には得意なことと苦手なことがあります。
ですからそのまま真似ても、
なかなかその人以上にうまくやることはできません。

私たちは、あなたの得意な部分が十分発揮できる
個性を活かしたやり方をサポートします。
弱点克服よりも得意な部分を伸ばすことが大事です。
私たちには、仕事はこうするべき、
こうあるべきという固定的な考え方はありません。
むしろ、その状況にあわせて、
その人にあわせて変化するほうがよい結果につながると考えます。


■コミュニケーション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私たちは、定期的に一人一人と
今後のやりたいことを話し合い、次の目標を立てます。
納得して仕事に打ち込むことが、力を最大限に発揮できると考えます。

話し合いの中には、日頃ストレスに感じている事や
相談しにくい事も出てきます。
それらを一度に全て解決することは困難ですが、
一つ一つ対応していくことで
職場全体をより良い環境へと変えていきます。

つい目の前の仕事に没頭しがちな中で、自
分自身を見つめ直す機会を作ることを大切にしています。

転勤などの配置転換についても、
本人のスキルアップにつながることを前提に、
本人と考えが一致するまで、とことん話し合って決めています。


■人のネットワーク
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
システムが様々な業務と連携しているように、
仕事を進める上で他の業務グループの人との連携が欠かせません。

私たちは、だれとでも自由に相談できる
オープンな環境づくりを目指しています。
それは、縦割りの構造ではない
縦横無尽にリンクする人のネットワークです。
このようなつながりこそ、業務のことだけでなく
あらゆる面で支えとなります。

グループ内でも互いに協力して、
その人しか解らないことを作らないように、
個人任せにならないように心がけています。

連絡先

 株式会社ディー・エス・ケイ 【DSK】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〒277-0871 千葉県柏市若柴1-195
 採用担当 / 寺田、湯原、大枝
 TEL:04-7132-6121(代)
 E-mail: saiyo@dsknet.co.jp
 URL: http://www.dsknet.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〈 交通機関 〉 
●JR常磐線柏駅西口下車 東武バス若柴循環行き又は柏の葉キャンパス駅行き(4番乗り場)利用
  入谷津バス停下車徒歩5分
●つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅東口下車 徒歩15分
掲載開始:2017/03/01

株式会社ディー・エス・ケイに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ディー・エス・ケイに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)