京セミ株式会社
キョウセミ

京セミ株式会社

光半導体デバイスメーカー
  • 正社員
業種
半導体・電子部品・その他
本社
京都
残り採用予定数
3名(更新日:2017/09/22)

私たちはこんな事業をしています

【技術職と総合職(営業)追加募集!!秋採用スタート♪】

当社は1980年4月に光半導体デバイスの製造を行うベンチャー企業として京都にて創業いたしました。
当社が製造する光半導体は、光通信と光センシング用デバイスとして通信インフラ、
産業機器、医療、セキュリティー、家電などに使われています。
今後も様々な分野で、需要の増加が予想されるとともに、その重要性や技術的な難易度もますます高まってきております。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

光半導体デバイスの開発・製造・販売のトータルサービスに強み

当社は光半導体デバイスの専業メーカーです。開発から製造・販売までのトータルサービスを内外のお客様に提供しています。また光半導体の素子からパッケージまでの幅広い製品を製造しており、これらの製品は主に光通信と光センシングの分野で使われています。光通信用デバイスは、情報通信料の増大に伴う光通信需要の高まりを受け、高速化や小型化に寄与する製品を中心に引き合いが急増しています。また、光センシング用デバイスは品質の高さを評価され、産業機器向けを中心に着実にその売上を伸ばしてきています。今後はIoT市場の成長に伴う光センシング需要を本格的に取り込んでいきたいと考えています。

技術力・開発力

カスタム製品の製品開発力と多品種製品の生産技術に強み

当社の技術力・開発力における特徴はお客様の要望に応える製品の開発力とそれらの多品種のカスタム製品を少量から量産まで製造する生産技術力にあります。製品の開発にあたっては内外の多くのお客様とその開発段階から参加して開発を行っています。これらのカスタム製品は多品種に渡るとともに、生産量も少量品から量産品まで様々です。当社においては多様な製品毎に製造ラインや装置・治具を調整して対応する生産技術が強みとなっています。

事業優位性

事業の特徴や技術力・開発力を生かし、成長分野に挑戦する

当社の製品は光通信や光センシングの分野で幅広く使われています。クラウド技術に支えられ、情報通信量は拡大の一途をたどっています。当社の光通信デバイスは、光通信の分野における高速化や小型化のニーズに合致した製品として注目されており、これらの製品の売上は急増しています。また、ビックデータの分析・活用が進むのとあいまってIoT市場も本格的に拡大すると予測されます。当社はこの分野においても事業の特質を生かし、光センシングデバイスの拡大にリーダーシップを発揮していく所存です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【技術職、総合職】
当社のモノづくりを支え、技術を伝承し、世界へ広げていただく業務に従事していただきます。
技術職・・・光通信用デバイスや光センシング用デバイスの開発業務および生産技術開発業務
総合職・・・国内外のお客様に対する営業など。将来的には海外出張のチャンスもあります。

会社データ

事業内容 光半導体デバイス事業
受発光半導体デバイス・複合半導体デバイスならびにモジュールの開発、製造及び販売
設立 1980年4月26日
資本金 3億1,000万円
従業員数 183名 (2016年12月31日現在)
売上高 30億8,785万円 (2017年3月期)
26億1,346万円 (2016年3月期) 
23億3,427万円 (2015年3月期) 
代表者 代表取締役社長 横川 直博
事業所 ■本社
〒612-8201 京都府京都市伏見区恵美酒町949-2
■東京営業所
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-34-3 第24スカイビル2F
■関西営業所
〒612-8201 京都府京都市伏見区恵美酒町949-2
■恵庭事業所
〒061-1405 北海道恵庭市戸磯385番地31
■上砂川事業所
〒073-0200 北海道空知郡上砂川町字上砂川70番地1
関連会社 ■Kyosemi Opto  America Corporation
 4655 Old Ironside Suite 230 Santa Clara, California 95054 USA
 TEL 408-492-9361 FAX 408-492-9843
私たちが目指す姿 当社はお客様の新しいニーズに応えるため、
高い専門性と独自技術を生かした製品づくりを開発、製造および販売が一体となって行なっています。
専門性や独自技術をさらに磨き、お客様とともに開発する提案型ビジネスのエキスパートとして、
豊かな未来社会の実現に貢献していきたいと考えております。

■経営理念
 創造と信頼によって事業を伸ばし
 苦難に打克って自己を磨き
 協力によって豊かな生活を築く

■行動指針
 「三現三実主義の実践」
  三現とは  1.現実を把握する
        2.現場を大切にする
        3.現物を確かめる
  三実とは  1.実力を高める
        2.実行する
        3.実利を挙げる
沿革 1980年4月  京都セミコンダクター株式会社を京都府城陽市にて設立
1980年5月  工場を京都市伏見区淀際目町に開設
1980年12月 東京営業所を東京都世田谷区に開設
1989年3月  北海道工場を北海道空知郡上砂川町に開設
1991年6月  100%出資子会社北海道セミコンダクター株式会社を設立
1991年12月 北海道セミコンダクター株式会社の工場を開設
1992年9月  恵庭開発センターを北海道恵庭市に開設
1998年11月 無重力利用研究所を北海道恵庭市に開設
1999年6月  北海道セミコンダクター株式会社と50:50の出資比率でノースセミコンダクター株式会社を設立
2000年12月 本社を京都市伏見区(現住所)に移転
2001年2月  フォトダイオード等フォトデバイスが京都中小企業優秀技術賞を受賞
2001年4月  北海道セミコンダクター株式会社がノースセミコンダクター株式会社を吸収合併
2001年10月 恵庭事業所がISO9001:1994を取得
2003年3月  北海道セミコンダクター株式会社を吸収合併
2003年4月  社名を京セミ株式会社に変更
2004年6月  恵庭事業所、上砂川事業所がISO9001:2000の認証を取得
2004年8月  恵庭事業所、上砂川事業所がISO14001:1996の認証を取得
2005年3月  スフェラー(球状太陽電池)が愛知県で開催された「愛・地球博」の日本庭園に採用
2005年3月  東京営業所を東京都新宿区に移転
2005年9月  恵庭事業所、上砂川事業所がISO14001:2004の認証を取得
2005年10月 米国カリフォルニア州に100%出資の子会社Kyosemi Opto America Corporationを設立
2005年10月 第15回太陽電池国際会議「PVSEC-15」にて論文賞を受賞
2006年8月  スフェラーウインドーが米国にてTop10 Green Building Products of 2006を受賞
2006年9月  新商品UV受光素子の開発で、京都府の経営革新計画承認企業となる
2008年2月  スフェラーが京都中小企業優秀技術賞を受賞
2009年2月  スフェラーとスフェラーを用いた太陽電池モジュールの開発で、
        京都府の経営革新計画承認企業となる
2009年4月 スフェラーモジュールがイタリアのミラノで開催された「WELL-TECH 2009」  
         (TECHNOLOGY FOR WELLNESS)の優れた製品60に選出
2009年10月 恵庭事業所、上砂川事業所がISO9001:2008の認証を取得
2012年5月  スフェラー事業を新設分割して設立したスフェラーパワー株式会社に承継

連絡先

京セミ株式会社
総務部 総務人事グループ 採用担当  

〒612-8201 京都府京都市伏見区恵美酒町949-2
電話 (075)605-7311

●当社ホームページもぜひご覧ください。
  http://www.kyosemi.co.jp/
掲載開始:2017/03/01

京セミ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

京セミ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)