株式会社とらや
トラヤ

株式会社とらや

チェーンストア/衣料スーパー・バラエティストア/
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
アパレル・服飾・雑貨・皮革製品
スーパー・ストア/その他専門店・小売
本社
静岡

私たちはこんな事業をしています

*7月7日(金)会社説明会【最終回】受付中!*

【仕事はだれのために?】
とらやは、静岡・神奈川・埼玉県内で衣料品店27店舗を運営しています。
でも、働くということは、お客様や社会のための前に、まず“自分のため”にするものであると考えています。万一明日会社がなくなっても(笑)、自分の中に残る“力”が重要ではないでしょうか。
とらやで働くと、どんなときでも社会に貢献できる力を身に付けることができます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

社会貢献を軸に肌着類販売業から「バラエティストアとらや」へ!

とらやの経営理念は【社会に貢献する】。お客様をはじめ、とらやに関わる全ての人が幸せになることがとらやの掲げる社会貢献です。とらやの歴史は肌着の販売から始まりました。創業から60年を超えた今、肌着以外にも自社ブランドの衣料品をはじめ、キッチン用品や日用雑貨、食料品など多彩な商品を取り揃えた『バラエティストア』として、お客様の欲しいタイミングで、安価で高品質な商品をご提供できるよう努力を重ねています。今後はさらなる社会貢献を実現すべく、国内に1000店舗の出店を目指しており、そのために『売る努力よりも売れる仕組み』を確立させるマニュアル化されたオペレーションシステムと人財育成制度を構築しています。

仕事内容

自分が企画した商品を、お客様に喜んでいただけるのが嬉しい。

商品部・杉山/私は、買付や売り場の設定・開発などを手がけています。バイヤーとして東京・大阪・奈良などの取引先を周り、店舗の品揃えにあった商品の選定から値段交渉まで担当。売り場作りは全て本部で行っており、お客様がいつどこの店舗に行っても、同じ商品を提供するための一括管理を任されています。色・素材・デザインなどの企画から始まり、工場の手配、見積り、生産、輸入、進捗管理まで携わるため、お客様に喜んでいただけると本当に嬉しいです。たとえば来年の秋冬に、どんな商品を売り出すのかは、私たちが1年以上も前から企画しているんです。今後は流行などの情報をもっと早く入手・分析し、商品開発に活かしていきたいですね。

待遇・制度

「従来の日本企業」の評価制度と「とらや」の制度はここが違う!

仕事は自分の価値を高めるためにするもの。とらやのテーマは「社会に貢献する喜び」ですが、仮に明日会社がなくなったとしても、あなた自身が社会に貢献できる人になれているように。とらやには「なりたい自分」への道が常にクリアに見通せるキャリアパスプランがあります。公平な機会と公平な待遇のもと、キャリアを積んでスキルと問題解決の方法を身に付けることができます。とらやの制度には曖昧なところが少しもなく、誰が評価しても同じ結果が出るガラス張りの評価制度です。「こんなに頑張っているのに評価してもらえない・・・」そんな想いはさせません。自分の能力で生んだ成果が正当に評価される喜びを実感して頂けます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

当社には、様々な事業領域において多彩な業務があり、
チェーンストアやメーカー、物流、商社、シンクタンクなどが融合された“オーケストラ”といっても過言ではありません。
あなたも『とらや』という船の一員として、様々な分野で活躍していただきます。

〇総合職/
店舗運営管理、商品企画・仕入、マーケティング、店舗開発、物流管理、広報・宣伝、他

○専門職/
システム管理、システムエンジニア、プログラマー

会社データ

事業内容 〇自社ブランド衣料品の企画・生産・販売
(肌着、靴下、ナイティー、ランファン、紳士・婦人衣料、ベビー・子供衣料、服飾雑貨、日用雑貨)

〇販売店舗の企画・運営・フランチャイズ制度管理


【とらや理念】
“社会に貢献する喜び”
「私たちの社会貢献とは、衣・食・住の“衣”において、
 良い衣料品を、より安くご提供することで、人々の暮らしを守り育てることです。」

【とらや方針】
“おかげさまの精神で楽良早安を創造する”
「分業化された業務をと通じて、お互いが助け合い、支えあえるからこそ結果、
 楽しく楽に、良い方法で、流れるように早く、安心できている状態が築けます。」
設立 1953年1月
資本金 2880万円
従業員数 219名(男子18名・女子201名)
売上高 22億円 (2016年度実績)
代表者 代表取締役 石川善規
事業所 【本社】
静岡県静岡市清水区長崎210-1

【店舗】
○静岡県/北安東店、みずほ店、しずてつストア駿河台店、瀬名店、静岡千代田店、呉服町店、駒形店、安倍口店、羽鳥店、新川店、丸子店、岡店、清水駅前銀座店、高部店、興津店、イオンタウン蒲原店、西友富士今泉店、西友松長店、沼津仲見世店、マックスバリュエクスプレス長泉店、田子重登呂田店、田子重西焼津店、白子店、岡部店、新沢田店←NEW!


○神奈川県/フードワン下九沢店

○埼玉県/ワオシティ三郷店
沿革 1953年/清水市真砂町に(有)とらや設立 肌着類販売創業
1959年/ISETAN静岡店開店
1963年/ディストリビューションセンター設立(清水市長崎)
1965年/県下初、電算機ICLカードシステム導入
1967年/白子店開店
1970年/コンピューター室設立 FACOM230-10導入(当社1世代目)
1972年/日本初POSシステム導入
1978年/瀬名店開店
1981年/丸子店開店
1983年/北安東店・東新田店開店
1985年/バーコードをJANコードに統一
1986年/岡店・興津店開店
1987年/駒形店
1990年/コンピュータダウンサイジング化対策スタート、LANシステム本稼働、羽鳥店開店
1992年/ISDN導入、各店データ夜間無人集信化スタート
1995年/チェーンストア教育システム開発、アメリカ視察(1名)、新社長就任 新体制スタート
1996年/アメリカ視察(2名)(6名)、プロセスセンター設立、高部店 移転拡張
1997年/アメリカ視察(4名)(10名)、安倍口店移転拡張、グループ会社合併
1999年/アメリカ視察(12名)、正社員・クルーキャリアパスプラン導入(人事評価制度改革)
      中国開発輸入プロジェクト開始(広州交易会参加) 、
      トラヤビジネスユニバーシティー開校、CottonSHOPライセンス取得
      田子重西焼津店・田子重登呂田店・西友富士今泉店・イオンタウン蒲原店開店
2000年/アメリカ視察(7名)(3名)(4名)、CottonSHOP商品初入荷(オリジナルブランド)、
      コンピューターシステムアップ IBM AS-400導入(当社7世代目)、
      西友楽市沼津松長店開店
2001年/アメリカ視察(5名)、静岡千代田店開店
2002年/アメリカ視察(4名)、ヤオハン長泉店開店
2003年/アメリカ視察(6名)、丸子店移転拡張
2004年/(株)とらや と(株)マミーを合併、アメリカ視察(5名)、本部を清水区長崎へ移転
2005年/トランスファーセンター配布システム導入、ワオシティ三郷店開店
      コンピューターシステムアップ IBM AS-400(当社8世代目)
2006年/アメリカ視察(8名)
2007年/全店レジをTEC(ShopWorksSRR2)に切替
2008年/ヨーロッパ視察(6名)(3名)、瀬名店移転拡張、新川店開店  
2009年/ヨーロッパ視察(4名)、サーバー仮想化によるシステム統合
2010年/介護施設への訪問販売開始、羽鳥店移転拡張
2011年/沼津仲見世店・長谷通り店開店
2012年/安東店・しずてつストア駿河台店・フードワン下九沢店開店、
     コンピュータシステムアップ IBM AS-400(当社9世代目)、
     みずほ店・北安東店移転拡張
2013年/(株)とらやと(株)トラヤを合併、アメリカ視察(8名)(8名)、
     インターネットでオンラインショッピング開始(楽天)、
     新川店・安倍口店をバラエティストア化、
2014年/高部店をバラエティストア化、羽鳥店拡張リニューアル(バラエティストア)
         岡部店開店
2015年/新沢田店開店、アメリカ視察(5名)、インターネットでオンラインショップ開店(Amazon)
2016年/トランスファーセンターPASシステム導入
     アメリカ視察(2名)

連絡先

〒424-0065 静岡市清水区長崎210-1 ※アクセス/静岡鉄道(清水線)御門台駅より徒歩12分
TEL:054-345-6171
FAX:054-345-6870
URL:http://www.toraya.jp
E-mail:mianzai@toraya.co.jp
掲載開始:2017/03/01

株式会社とらやに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社とらやに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)