株式会社クレスコ
クレスコ
2018

株式会社クレスコ

東証一部上場/独立系SI/組込み/ITコンサル
  • 株式公開
業種
ソフトウェア
情報処理/コンピュータ・通信機器・OA機器/インターネット関連/シンクタンク
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

◆世の中を最新技術で支える仕事
・人々や企業が使用するビジネス系システムの設計、開発、運用保守まで行います。
・システムを動かすために不可欠な基盤システムの設計、構築、運用保守まで行います。
・スマートフォン、カーエレクトロニクス、情報家電等を制御する組込みソフトウェアの設計、開発を行います。
・当社のクラウド製品や近距離無線通信技術を用いたソリューションビジネスを提供しています。

当社の魅力はここ!!

施設・職場環境

クレスコグループはデジタル変革をリードします。

クレスコの最大の強みは「アプリケーション開発技術」「プラットフォーム設計構築技術」「組込みソフトウェア開発技術」の3つのコア技術と、AI、ロボティクス、IoTなどの「先端技術」を加えた4つの技術領域を主軸としていることである。またビジネス領域は、金融、物流、人材派遣、旅客、旅行、情報家電、車載機器など、幅広い業界のお客様のビジネス拡大に貢献している。さらに、個性あふれる専門性を持ち合わせたグループ会社との相乗効果で、デジタル変革に伴うお客様の課題解決や戦略実現をリードすることを目指す。その実現の為、最先端技術の研究、新規事業の創出、各種サービス・ソリューションの拡販に努めている。

社風・風土

自ら選択していく複線型キャリアパス

クレスコのキャリアパスは複数ある。入社後は開発エンジニアからスタートし、システムエンジニアへと進んだ後は、個人の成長と志向に合わせて、様々な道を選択できる。例えば、自社の人財や製品を用いてお客様の問題解決をするソリューションを提案したい場合は営業のスペシャリストへ。技術力を磨き、特定の分野を極めたい場合はITビジネススペシャリストへ。プロジェクトの管理をしたい場合はプロジェクトマネジャーへと進む。また、プロジェクトマネジャーから営業といった職種間の異動も可能となっているので、幅広い知識を得ることができる。このようにクレスコでは、個々の特性と志向に合わせた多数のキャリアプランを用意している。

社風・風土

様々な面から自分を高めることができる充実した教育制度

クレスコの研修は大きく3つに分かれる。まず専門分野スキル研修では、技術・品質管理・プロジェクトマネジメントに重点を置いた研修が開発現場でも活かされ、お客様からの高評価に繋がっている。次に階層別研修では、自身の階層レベルに応じた研修を受講し、チームマネジメント等、広い視野で事業を考える意識を養う。最後にヒューマンリソース研修では、ロジカルシンキングやコミュニケーション等のスキルを向上させ、一流のビジネスパーソンの育成を目指す。その他教育を支援する制度として、1年間学校に通い技術を極める「トップエスイー」制度や、資格・語学力取得支援制度等、様々な角度から社員の成長を後押ししている。

会社データ

事業内容 クレスコは、創業から実績のある、

 ・業種業態問わず幅広い企業向けの【アプリケーション開発】
 ・ITシステムの基盤となるサーバ、ネットワーク、ミドルウェアなどの【ITインフラシステム構築】
 ・コンシューマ向け製品における【組込みソフトウェア開発】

この【3つのコア技術】を活用し、みなさんにとって身近な仕組みを数多く手掛けています。

ビジネス内容詳細については、下記をご覧ください。

◆業務効率化やサービスを形にする、業務システムを動かすための
アプリケーションソフトにおける提案、要件定義、設計、開発、テスト、サービスイン後の
運用・保守までの一貫したワンストップソリューションの提供
 例)旅客旅行業向け 国内旅行販売システム、航空系国内線座席予約システム
   物流業向け 荷物追跡システム、販売員専用端末システム、輸送管理システム
   サービス業向け ネット決済システム、楽曲配信、会員管理システム  など

◆各種サーバ、OS・ミドルウェア、データベース、ネットワーク等の
基盤システムの設計・開発、構築、導入、その他保守設計から運用環境構築等

◆スマートフォン、カーエレクトロニクス(オーディオ、ナビ、ディスプレイ、メータ、ECU)、
情報家電(デジタルテレビ、デジタルカメラ)等をターゲットとした
組込みソフトウェアの設計・開発及び、ISO26262に準拠した機能安全対策支援(プロセス構築、運用支援)等

◆システム化検討段階におけるコンサルティング業務及び、
システム導入においての投資対効果評価、システム導入、シナリオ提案等のIT経営支援

◆クラウド技術を利用した「オンラインストレージ」製品、認証を使ったオフィスセキュリティ、
スマートフォン導入支援、近距離無線通信技術を活用した「Beacon」など、
クレスコが今まで培ってきた技術ノウハウを組み合わせたサービスソリューションの提供
仕事と育児の両立支援制度 「子育てサポート企業」として厚生労働大臣が定めた次世代育成支援に関する認定基準をクリアし、
次世代認定マーク(愛称:くるみん)の認定を受けています。
法律で定められている

●産前産後の休暇(産前6週間(多胎妊娠の場合には14週間)、産後8週間)
●育児休業(満1歳未満の子供を養育する場合。男女問わない。)

に加え、仕事と育児の両立を目指した独自の支援制度が整っています。
例えば・・・

●妊娠時に連続休暇が取れるマタニティ休暇
●母子検診休暇は有給
●妊娠期の通勤時にグリーン車等利用可能
●子供が3歳に達した最初の4月30日まで育児休業延長OK
●子供が小学校を卒業するまで短時間勤務(4時間/1日)が可能
●子の看護休暇:小学校3年生の年度末までの子供の病気、負傷、予防接種、健康診断により、
  子供の世話をする場合、年間20日間の休暇が可能(全日または半日単位で取得可能)
●小学校就学前までの子供を養育する場合、子供の養育の時間を確保するため、
  所定外労働の免除および時間外労働・深夜労働の制限申請が可能。

以上のように、クレスコには男女問わずワークライフバランスを考えて仕事をできる環境があります。
企業理念 我々には「クレスコ憲章」と呼ぶ5つの企業理念があります。

◆クレスコは人間中心、実力本位の会社である
→学歴・男女・国籍などあらゆる差別を排除し、本人の人間性・実力により公平・公正に評価される。

◆クレスコは自由、若さ、夢を持つ会社である
→社員一人ひとりが自由闊達な雰囲気の中で、将来の夢・身近な目標に向かい、活気溢れる会社を創る。

◆クレスコは最高の技術を発揮する会社である
→常に最高の技術を発揮することにより、より良い製品・サービスを顧客に提案・提供し喜んでいただく。

◆クレスコは皆が経営する会社である
→一人一人が明日のクレスコについて自由に夢を語り、その夢をクレスコの経営の中で実現していく。

◆クレスコは世界で生きる会社である
→企業活動を常にグローバルな視点で考えるような行動を目指していく。
代表者 代表取締役会長 岩崎 俊雄
代表取締役社長 根元 浩幸
設立 1988年4月1日  
資本金 25億1487万円
従業員数 単体 1,048名(男842名 女206名) ※2016年4月1日現在
売上高 【単体】2014年3月期実績 135億3100万円
     2015年3月期実績 157億9500万円
     2016年3月期実績 186億200万円
【連結】2014年3月期実績 220億2800万円
     2015年3月期実績 250億6300万円
     2016年3月期実績 287億7500万円
事業所 本社(東京/品川)
北海道開発センター(北海道/札幌)
長岡開発センター(新潟/長岡)
関連会社 【子会社】
クレスコ・イー・ソリューション(株)
クレスコ ワイヤレス(株)
(株)アイオス
クレスコ九州(株)
クレスコ北陸(株)
科礼斯軟件(上海)有限公司
(株)シースリー
(株)クリエイティブジャパン
メディア・マジック(株)

【関連会社】
(株)ウェイン
ビュルガーコンサルティング(株)
(株)エル・ティー・エス
(株)エー・アイ・エム スタッフ
主要取引先 朝日生命グループ、NTTグループ、NTTデータグループ、(株)大塚商会、オリンパスグループ、KNT-CTグループ、CTCグループ、JTBグループ、(株)JALインフォテック、(株)新生銀行、新日鉄住金ソリューションズ(株)、住友電装(株)、(株)セゾン情報システムズ、ソニーグループ、大東建託(株)、テンプグループ、東芝グループ、日本アイ・ビー・エム(株)、日本精機(株)、日本ユニシス(株)、(株)野村総合研究所、パナソニックグループ、日立製作所グループ、ヒューマンリソシア(株)、(株)フォーラムエンジニアリング、富士通グループ、ほくでん情報テクノロジー(株)、みずほ情報総研(株)、(株)三越伊勢丹システム・ソリューションズ、三菱総研DCS(株)、(株)三菱東京UFJ銀行、ヤマトグループ、楽天グループ、(株)レコチョク、リクルートグループ ほか
主要取引銀行 (株)三菱東京UFJ銀行、(株)みずほ銀行、(株)りそな銀行、(株)三井住友銀行、 三菱UFJ信託銀行(株)
世界レベルの品質管理(CMMレベル3の認定) クレスコ CMM[R]レベル3の達成

当社は2005年12月22日に、組込系ソフトウェア開発部門であるエンベデッドソリューション事業部において、ソフトウェア開発の組織的な成熟度レベルを測る指標であるCMM[R]の「レベル3」の達成をリードアセッサーより認定を受けました。
取得認定 ・CMM[R]レベル3の達成
・プライバシーマーク付与審査認定合格
・Rubyアソシエーション認定システムインテグレータ

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています もっと見る

    気になるリストに追加しました
    現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
    気になるリストの追加に失敗しました

    ログイン・会員登録

    ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
    会員の方はこちら
    ログイン
    まだ会員でない方は
    会員登録(無料)
    気になるリストに追加しました
    現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
    気になるリストの追加に失敗しました

    ログイン・会員登録

    ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
    会員の方はこちら
    ログイン
    まだ会員でない方は
    会員登録(無料)