株式会社ぎょうざの満洲
ギョウザノマンシュウ
  • 正社員
業種
外食・レストラン・フードサービス
商社(食料品)/食品/ホテル/陸運(貨物)
本社
埼玉
残り採用予定数
28名(更新日:2017/09/25)

私たちはこんな事業をしています

「おいしい餃子で人々を健康で幸せに」
「安くておいしい食事を安心して食べられる店」
「出来たてのおいしさを農家と共に」

創業以来53年間、このテーマを掲げながら
街に、人々に愛される店作りを進めてまいりました。

駅のそばを中心に店舗数を続々と増やし、
現在、直営店は84 店舗。

いつの時代もお客様に正直な営業を心がけ、
お客様に高品質な料理、
良質なサービスを提供していきます。

当社の魅力はここ!!

採用方針

新卒採用、初始動!“幹部候補”としてお迎えします。

埼玉、東京、群馬、大阪、兵庫県に、84店舗ある中華料理店「ぎょうざの満洲」。地域に密着し、農家と地元のお客様を繋いできた私たちは、更なる商品力・サービス力の強化に向け、将来的に組織の核となって活躍してくださる新卒の方を募集します。接客だけでなく、調理はもちろん、売上、仕入れの管理、スタッフの採用・育成、安全衛生まで店舗管理やマネジメントまでを幅広く経験できる環境です。成長スピードは早く、3年で店長へのステップアップが基本。店長から課長、課長からエリアマネージャーへ。裁量が大きくなれば、仕事の面白さもダイナミックになります。

社風・風土

最大の“社員満足”が、最高の“顧客満足”を生み出す。

社員を幸せにできない企業は、お客様だって幸せにできない。私たちはそう考えます。そのため、従業員の働きやすい職場づくりには特に力を入れています。例えば、今でも毎年実施している社員旅行や親睦会。今どき珍しいことかもしれませんが、この結束力に裏付けられた全員で会社をつくる企業風土こそ私たちの強み。店舗をつくる際は、スタッフが心地よく働けるため休憩スペースや動線の確保についても入念に考えます。自分の店や商品に愛情を持っているからこそ、接客にも調理にも気持ちがこもる。この好循環が徐々に当社のファンの方々を増やし、“10年以上連続、売上110%UP(平均)” “年に4~5の新店舗を出店“という実績に繋がっています。

事業・商品の特徴

「3割うまい!」 に込められた満洲のこだわり。

当社のキャッチフレーズ「3割うまい」は「うまい」「安い」「元気」で“うまさ3割増し”を表していますが、もう一つ重要な意味があります。それは原材料費3割、人件費3割、諸経費3割でバランスの良い経営をするということ。店舗が増えれば仕入れ量が増え、原材料比率が下がる。その分を良い食材に変更し「原材料費に売上の3割をかける」を繰り返し、価値の高い商品を作り続けてきました。サービスや商品の質を保つため、店舗は全て直営です。3年前からは、素材のことを知り、さらに美味しい料理を提供するため、自社農園事業を始めました。そして自社物流システムによって食材も新鮮な状態で届けることを可能にしています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

オープンキッチンで、出来たての料理をお客様にお届けしている現場で
まずは3年で店長を目標に現場の最前線で、ホール業務から調理までを学んでいただきます。

当社は餃子だけではなく、麺やチャーシュー、デザートまですべて自家製。

自社商品知識から素材の持つおいしさ、鮮度の大切さ、衛生管理など
飲食に携わる上で必要な知識を学び、
お客様に良質なサービスを提供できるよう
マネジメント能力を磨いてください。

会社データ

事業内容 中華料理店の経営及び食品製造販売

直営店舗/84店舗(2017年6月現在)
設立 昭和47年7月1日
資本金 1億円
従業員数 1721名(2017年3月現在)
売上高 73億円(2016年6月期)
77億円見込み(2017年6月期)
代表者 代表取締役社長 池野谷ひろみ
事業所 本社・坂戸工場:
埼玉県坂戸市にっさい花みず木1-4-1

鶴ヶ島管理部:
埼玉県鶴ヶ島市脚折115-1

江坂工場:
大阪府吹田市江の木町27-16
◆「3割うまい!」に込められた思い。 当社のキャッチフレーズである「3割うまい!」には、「うまい!安い!元気!」は素材の良さと商品の安全性、販売価格の適正化、従業員に対しての思いやり、利益はお客様に還元と言う思いがこめられています。この基本を50年以上続けてきた結果、社内外にファンが増え続け、「ぎょうざの満洲で働きたい!」と親子3世代にわたって当社に勤めて下さる方もいるほど。ぎょうざの満洲は日々お客様と従業員、農家の方々に支えて頂いています。
◆感謝の思いを、お客様に返したい。 創業者である金子(現・会長)が20代の時、住宅地の一角に佇む35坪ほどの中華料理店でした。ところが、はじめて間もなくオイルショックの時代が到来しました。材料は無くなり、食品や資材の値段も高騰。道路沿いの外食店舗が姿を消していく中、地域のみなさまにも支えていただき、ここまで事業を続けられることができました。だからこそ、利益を還元したいという思いは人一倍強く、そのための努力は決して怠りません。
◆出店場所は駅前立地。 ガソリン高騰や、景気に影響を受けにくい駅前に集中して出店しています。また、店舗内は厨房と客席がお互いによく見えるオープンなつくりを意識。主な理由として、お客様や店内全体の様子が目視できること、餃子や提供料理に対する安心感を感じてもらうこと、見られている意識を持つことでより清潔感を保てるようにすることなどが挙げられます。
◆社長は毎日、自社の餃子を食べています。 「飽きませんか?」とよく聞かれますが、不思議と飽きません。当社の餃子は肉と野菜が約半々でバランスもよく、素材を活かした味付けで健康的だからだと思います。しかも、毎日食べていると味の変化に気付くようになるんです。同じように製造していても季節や野菜の産地などにより微妙に味が変わります。余計なものは入れずに、皮から具材まで、いつでもその時の一番おいしい状態でお客様に提供するため、私はこれからも毎日、餃子を食べ続けていきたいと思っています!(社長/池野谷)
◆おいしいだけじゃなく、“安全な”食材を。 当社では、食材の生産地や品質には特に、強いこだわりを徹底しています。自家製の食材を使用し、「できたてのおいしさを農家と共に」というモットーを掲げ、生産者の顔が見える新鮮な野菜や肉を使用しています。埼玉の坂戸市と鶴ヶ島市、関西の吹田市に自社工場もあり、餃子・麺・スープ・タレ・お惣菜・デザートなどを、出来たてのままお客様にお届けできるシステムもできあがっています。品質管理のISO9001と食品安全のFSSC22000を認証取得もしており、衛生管理にも余念がありません。
◆店舗で、料理を提供するだけじゃない。 例えば、お店に立ち寄った時にスーパー感覚で気軽に購入できるよう、店内には冷蔵・冷凍13ショーケースを置いています。各店舗で週2~3日、「生ぎょうざ」が安くなる“特売日”には、多くの近隣の方にご利用いただいております。

また、冷凍餃子を全国の人々へ届ける“宅配餃子”も実施しており、全国のご家庭だけでなく、中華料理店、居酒屋、レストラン、社員食堂などにもご利用いただいております。
主要取引先 サントリー スターゼン 日清製粉 正田醤油 月桂冠

連絡先

株式会社ぎょうざの満洲
〒350-2213埼玉県鶴ヶ島市脚折115-1
TEL049-286-9326
管理部人事総務課 採用担当
掲載開始:2017/06/22

株式会社ぎょうざの満洲に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ぎょうざの満洲に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)