アジア電子工業株式会社
アジアデンシコウギョウ

アジア電子工業株式会社

スイッチング電源の専門メーカー
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
半導体・電子部品・その他
輸送機器/総合電機(電気・電子機器)/重電・産業用電気機器/精密機器
本社
長野

私たちはこんな事業をしています

電子機器へのエネルギー供給源である、スイッチング電源(DC-DCコンバータ、AC-DCコンバータ、DC-ACインバータ)の開発・設計・製造・販売を行っています。  

当社の魅力はここ!!

施設・職場環境

安定した経営基盤があるからこそ、新製品開発が積極的に出来ます

創業から42年間、エレクトロニクス機器の心臓部、スイッチングモジュール電源の開発製造に一貫して取り組んできました。従業員数80名、年商11億円ほどで、決して大きな企業ではりません。ただ、創業当時からこだわってきた「自己資本比率」は、現在96.1%(2016年5月期)長野県内でトップクラスを継続しております。「自己資本比率」という言葉自体、経営などを学んだ人以外あまり馴染みがないと思いますが、経営の安定性を図る重要な指標と言われています。安定した経営があるからこそ、新製品の開発に時間、コスト、人を割け、優れた製品が誕生し、また利益を生み出すというサイクルが生まれているのです。

仕事内容

新入社員の配属は、新製品開発です!

売れる製品を開発する設計部門は、最重要部門です。当社は、この最重要部門に新入社員を配属します。理由はいくつかありますが、ひとつは社長が自ら、経験を踏まえ「売れる製品開発のコツ」を指導する事ができるからです。技術者の世界もスポーツと同じで、よい指導者に恵まれないと、一流の技術者になる事はできません。「自由な開発環境」に憧れる人もいるかもしれません。しかし、結果を求められる「会社」において、それは同時に強いプレッシャーになります。社長が長年の技術者人生で培ったコツを吸収し、20年以上売れ続ける様な新製品を自分の手で作りませんか?

企業理念

次の100年を託せる技術者になってほしい

創業42年を迎え、私も70歳になりました。現在までは、私が全ての株を保有し、大手の傘下に入ることなく、完全独立型企業として健全な経営をして参りました。私が会社を去った後も、100年継続できるよう「社員持ち株制度」を導入しました。社員ひとりひとりが経営者の視点を持ち、仕事に臨めること、報酬として配当金を得られるこの制度が最善だと考えました。本社のある飯田は、10年後には、リニアが開通し、東京まで40分、名古屋まで20分で行けるようになる予定です。転勤もなく、腰を据えて開発が出来る環境と、私を含め常にアドバイスできる体制の中で、多くの人を幸せに出来る技術者になりませんか? 代表取締役社長 及川一正

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

スイッチング電源の開発・設計
最新の半導体デバイスを電子回路の取り込んだ電気的設計と構造設計(お客様が思わず手にとってしまうような外観設計)の総合設計をしていただきます。

●スイッチング電源(カタログ品)の新製品の設計開発。
●スイッチング電源(特注品)の設計開発。
●一人の設計者が一つの機種を、回路設計・パターン設計・実験から製品化し、完成するまで一通りを担当します。

会社データ

事業内容 スイッチング電源(DC-DCコンバータ、AC-DCコンバータ、DC-ACインバータ)の開発、製造、販売
設立 昭和49(1974)年
代表者 代表取締役社長 及川一正
資本金 10億円
財務指標 自己資本:35億円(資本金10億円+利益積立金25億円)
自己資本比率 96.1%(2016年5月期)

91.2%(2015年5月期)
 長野県自己資本比率ランキング7位
 「全国企業あれこれランキング2017」
  帝国データバンク 2016年10月発刊より
売上高 11億2,277万円(2016年5月期)
従業員数 72名(男30名、女42名)
平均年齢 全体36.7歳(男:38.8歳 女:35.2歳)
事業所 ●本社<長野県飯田市中村>
●東京営業所<東京都町田市南成瀬>
●大阪営業所<大阪市淀川区西中島>
主要製品 スイッチング電源(DC-DCコンバータ、AC-DCコンバータ、DC-ACインバータ)
沿革 1974年6月/現社長(及川一正)、飯田市錦町でアジア電子工業(株)設立。
          スイッチング方式モジュール電源製造開始
1987年5月/SMT(表面実装)装置の導入によるDC-DCコンバータ、
          AC-DCコンバータの製造開始
1987年11月/DC-ACインバータの製造開始
1991年4月/東京営業所(町田市)開設
1994年10月/超薄型DC-DCコンバータ製造開始
1997年12月/資本金1億円に増資
1998年4月/本社工場新社屋完成
          現在地に移転
1999年1月/大阪営業所開設
2009年5月/SMシリーズ、フルモールドタイプDC-DCコンバータ製造開始
2016年1月/資本金7億円に増資
2016年6月/資本金10億円に増資
主要取引先 NEC、東芝、日立製作所、三菱重工業、パナソニック、ソニー、デンソー、日本無線、日立国際電気、アンリツ、日本航空電子、コイト電工、日本信号、小野測器ほか300社
会社概要 【電気・電子機器の心臓を造っています!】 
当社の開発・生産をしているスイッチング電源は産業分野で高い実績を上げており、情報通信システム・交通システム・防犯システム等の多様な先進システムや鉄道・自動車・船舶等、幅広い分野で電気・電子機器の半導体などにエネルギーを供給する、いわば“心臓部”としての役割を果たしています。

連絡先

〒395-0156
長野県飯田市中村80-1(本社・工場)
TEL:0265-25-4171
FAX:0265-25-4172
E-mail:info@asia-ele.jp
総務課
掲載開始:2017/03/01

アジア電子工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

アジア電子工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)