株式会社プローバ
プローバ

株式会社プローバ

人財開発事業、介護福祉支援事業なども展開!
  • OpenES
  • 正社員
業種
レジャー・アミューズメント・パチンコ
福祉・介護/教育関連/損害保険/生命保険
本社
広島、島根

私たちはこんな事業をしています

株式会社プローバ(プローバグループ)は【遊びは生活のビタミン】をコーポレートメッセージとして、
パチンコホールやゲームセンター、ボウリング場を始め、飲食店やカラオケなど
日常の「楽しい!」の為に多彩なアミューズメント空間を展開しています。

また、これまで企業として培ったノウハウを駆使し
“人財育成事業”“介護支援事業”“保険代理店事業”
という全く新しい事業展開も行っています。

当社の魅力はここ!!

採用方針

「これが出来なければダメ」ということを一切強要しません!

当社の採用方針では「これが出来なければダメ」ということを一切強要しません。人と接するのが好きという方、常識に囚われず(でも常識の範囲内で)、人に喜ばれるとやりがいを感じる方を積極的に採用しています。またチームワークを大切にし、人に優しく、一緒に店舗を盛り上げていける人でもOK。応募する方の人柄を重視しているためまだ自己分析が十分でない、企業研究に自信のない人も安心して当社を訪れてください。面談では、一緒に就活について考えながら、最適な答えが出るまで話し合うことが出来ます。また、社名の由来はイタリア語で「挑戦」を意味しているため、チャレンジ精神が旺盛な方にもお会いしたいと思っています!

待遇・制度

人を「財産」と考え、福利厚生には特に力を入れています

経営の基本は「財務力」と「人財力」です。当社は社員を「人財」と考え、福利厚生には特に力を入れています。「社内公募制度」「プロポーズ大作戦」などユニークな制度を導入し、社員と一緒に快適な職場が築けるよう、様々な意見を受け付ける体制が整っています。また女性が社会で活躍し、働きやすい環境を実践するため「なでしこPG(プローバグループ)」というプロジェクトにも取り組んでいます。このように社員にいかに心地よく働いてもらうか、いかに惜しみなく力を出してもらえるかを当社は常に考えているため、すでにいるスタッフや新人の方も、長きに渡って安心して働き続けることが出来るのです。

戦略・ビジョン

お客様のストレスを解消し、心地よく最適な場を提供しています

ストレスを抱える方が多い現代で当社はそのストレスを解消してあげたい、癒しの場を提供したいと常に考えています。「遊びは生活のビタミン」というシンプルなメッセージを掲げ、ひたむきにお客様の心を満たすお手伝いをしてきました。その場限りの楽しさなら「機械(遊技台)」一つあれば十分です。しかしお客様との信頼関係は永続的なものであり、「人」の力を無しに築くことは出来ません。企業の寿命18年と言われる中、当社は創立から50年が過ぎました。今後100年続く企業にするためには、事業と社員の育成に力を入れ更なる飛躍を図る必要があります。現社長の体制の元で成長を目指し、当社は新たな企業価値を作り続けます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

総合職
◎店舗運営プロデューサー
 店舗にて接客サービス・店舗運営全般

◎営業部門
 販売促進・品質管理・計数管理など本部にて店舗の営業を支援

◎管理部門
 財務部・総務部・人事部・情報システムなど本部にて店舗のスタッフが働きやすい環境づくり

◎新規事業部門(HRD・AC・保険事業)
 新規事業における営業や管理、マネジメントなど

※新規事業についての詳しい情報は『会社データ』をご覧ください

会社データ

事業内容 プローバグループの社名は、イタリア語で【挑戦】を意味しており、
様々な事業に挑戦しております!

パチンコホール、ゲームセンター、ボウリング場、カラオケルーム、飲食店等
「遊び」を中心とした総合アミューズメント事業の経営展開をしております。

また、
●AC事業(アミューズメントコミュニケーション:介護福祉支援)●
アミューズメント機器やアプリを使い、介護施設の利用者様に楽しんで頂く介護福祉支援事業です。これまでアミューズメント企業として培ってきた様々な「遊び」のノウハウを駆使し、新しいリハビリを提供する事で介護・福祉の分野の可能性を高め、地域活性化の一助に繋げたいと思っています。

●HRD事業(ヒューマン・リソース・デベロップメント:人財開発)●
お客様に教育・研修を提供し、「人の成長」を通じて「組織の成長」を実現する事を目的とした人財開発事業です。グループ内の研修に始まり、現在では他企業でも研修を実施しており、その内容は管理職のリーダーシップ、マネジメント研修から店舗の接遇研修まで多岐に渡ります。

●保険代理店事業●
一般のお客様への保険商品の提案だけでなく、社内の福利厚生の一環として、保険の充実を図ります。万が一の事態に備えておくことで、安心して毎日を過ごせるようサポート致します。



を新規展開。
アミューズメント業界の枠を越え、社名のように、常に高い目標に【挑戦】し続けます!!
設立 1963年10月
資本金 6,000万円
従業員数 845名【男性:508名 女性:337名】 ※2017年2月現在
(正社員243名  パートナースタッフ602名)

※当社ではアルバイトスタッフの事をパートナースタッフと呼んでおります。
売上高 458億円【2016年8月期】
代表者 プローバグループ代表取締役 平本 直樹
→昭和47年7月 生まれ

広島県出身。広島城北高等学校、関東学院大学 経済学部卒業。
その後、サービスの原点を学ぶため ロチェスター工科大学ホスピタリティマネジメントへ進む。
修士課程修了後、ヒルトンホテルにてホテルマン経験を積んだのち、
プローバグループへ入社。
関連会社 株式会社プロバックス
株式会社プローバホールディングス
株式会社プローバ島根
店舗所在地 広島県(25店舗)、東京都(1店舗)、山口県(6店舗)、岡山県(2店舗)、島根県(8店舗) 
福岡県(1店舗)

※店舗展開は、広島県内が中心です
店舗数 グループ全体 :43店舗

≪パチンコホール 20店舗≫
●代表店舗:
 アクアプローバ    (広島市安佐南区大町東)
 ビータプローバ    (広島市佐伯区五日市町石内)
 アンジェロ・レオーネ (広島市安佐南区緑井)
 マリナプローバ    (廿日市市阿品)
 JALA北         (島根県浜田市)
 江JALA         (島根県江津市)
 浜CAN         (島根県浜田市)
 プローバ宇部     (山口県宇部市)

≪ゲームセンター 17店舗≫
●代表店舗:
 ブラックジャック東広島   (東広島市西条町)
 ブラックジャックアクア   (広島市安佐南区大町東)
 ピノッキースパティオ大竹  (大竹市晴海)
 ピノッキースパティオ浜田  (島根県 浜田市)
 ピノッキースパティオ山口  (山口県 山口市) 
 ピノキッズ博多マルイ店   (福岡県)  九州初進出!
                           お子様向けのプレイルーム、リユースショップを展開

 ボウリング場    (フィエラディプローバ 広島市安佐南区緑井)
 カラオケルーム   (フィエラディプローバ 広島市安佐南区緑井)
 飲食店等 4店舗
地域貢献活動 ★フットサル大会★
中国5県において、フットサル「プローバカップ」大会を開催。
2016年度で22回目の開催となり、
毎年100チームを超える中国地方でも有数の規模を誇る大会に成長しました。

★障がい者ふれあいフェスティバル★
障がい者の方に当社の施設を1日開放。
パチンコ、ボウリング、カラオケ、ゲームなどを通じて、自立の支援活動をさせて頂いております。

★地域清掃★
当社施設周辺を中心に、積極的に清掃活動を行っております。
お客様だけでなく、地域の方々にも日頃の感謝をこめて・・・。
経営理念 「人」のつどい、「心」のふれあい、「楽しさ」の共有を大切にし、
             サービスを通じて歓びをうみだす、社会から愛される企業をめざします。

お客様に『楽しい時間と空間』そして『感動』を感じて頂くため、日々努力しております。
それはスタッフ一人一人のアイデアと発想、そして感性から生まれるソフト、
つまり『ホスピタリティ』溢れるサービスや
他では味わえない『エンターテイメント』を創りだすことによって、
実現することができると考えています。
『アミューズメント事業』を通して、お客様や地域社会そして働くスタッフの『満足』に繋がるよう、
より皆様に親しんでいただける企業となるべく、
プローバグループはこれからも挑戦していきます。
先輩の出身学校名 広島大、広島修道大、広島経済大、広島市立大、広島県立大、広島女子大、広島女学院大、安田女子大、島根大、鹿児島大、近畿大、明治大、駒澤大、滋賀大、大阪産業大、西日本工業大、下関市立大、徳山大、広島国際学院大、広島工業大、國學院大、日本文理大、宮崎産業経営大、大阪体育大、福山大、東亜大、九州国際大、松山大、吉備国際大、呉大、広島国際大、福山平成大、姫路獨協大、第一経済大、諏訪東京理科大、福山平成大 他
主要取引銀行 広島銀行、もみじ銀行、呉信用金庫、広島市信用組合、
山陰合同銀行、三井住友銀行
主な社歴 1953.10  創業
       初代代表者 平本芳雄が広島県呉市中通に遊技場「光会館」を開店

1963.10  設立
       「株式会社光デパート(現・株式会社プローバ)」を設立
       旧本社地にニューヒカリビルを建設

1970.11  株式会社光デパートから「株式会社ニューヒカリ」に社名変更
       ニューヒカリビルでパチンコ「ニューヒカリ呉店」を開店
       ※パチンコホール、ビリヤード、卓球場、ゲームコーナーを開始

1973.10  「株式会社ヒカリエンタープライゼス(現・株式会社プロバックス)」を設立
       広島市新天地にゲームセンター「ブラックジャック広島店」を開店
       ※アミューズメント経営の分離独立を図るとともに、
         パチンコホールのチェーン展開にも着手

1976.12  「株式会社ジョイ(現・株式会社プローバホールディングス)」を設立
       ※関東・東海地区でのパチンコ事業展開

1990.07  株式会社ニューヒカリ20周年の節目に、
       広島市安佐南区に「ジョイ相田店(現・ジョイプローバおよび現・本社地)」を開店

1994.12  CIを導入し、ヒカリグループからプローバグループへ
       株式会社ニューヒカリから「株式会社プローバ」に社名変更
       株式会社ヒカリエンタープライゼスから「株式会社プロバックス」に社名変更
       株式会社ジョイから「株式会社プローバジョイ」に社名変更

1996.07  広島市安佐南区緑井に総合アミューズメント施設「フィエラ・ディ・プローバ」をオープン
       ※パチンコ、ボウリング場、ゲームセンター、イタリアンレストラン、
         カラオケなどの複合店

2005.04  広島市佐伯区五日市町に1040台の大型パチンコ「ビータ プローバ」を開店

2008.10  広島市安佐南区に複合型施設
       パチンコ「アクアプローバ」ゲーム「ブラックジャックアクア」を開店

2008.10  関東・東海地区のパチンコ事業を、
       株式会社プローバジョイから株式会社プローバに移管

2012.09  新規事業の人財開発(HRD)事業を開始
       11  呉市から広島市安佐南区にプローバグループの本社を移転
    12   新規事業の介護福祉支援(AC〈アミューズメント カジノ〉)事業を開始

2014.09  新規事業の保険代理店(ほけんのプローバ)事業を開始
       ホールディングス化に伴い、
       株式会社プローバジョイを「株式会社プローバホールディングス」に社名変更

2015.09  株式会社中央商事と経営統合 『株式会社プローバ島根』を設立

2016.04  プローバグループ九州初出店!
       商業施設KITTE博多内に、キッズスペース&リユースショップの複合店、
       『ピノキッズ博多マルイ店』オープン

2016.08  サンフレッチェ広島ホームゲームのプローバグループスポンサードゲームを開催

2016.09  産・官・学・金・民」の連携により、アミューズメント・フィットネス・コミュニケーション
       (AFC)事業化に向けてスタート。

2016.12  有限会社洪商事様との事業継承により、
       キャンドウ江津店・浜CANの2店舗が仲間入り!
当社ホームページ
http://www.provanet.co.jp/de を検索!

または検索エンジンで・・・
【プローバグループ】 または【遊びは生活のビタミン】と入れてください!

当社の最新情報・各店舗のご案内・地域貢献活動などを、より詳しくご紹介しております★
是非、ご覧くださいね。
すべてはお客様のために。 「顧客視点」と「自主性」を大切にしています。 どんなに社会が変化しても、プローバグループにとって最も大切なのはお客様です。プローバグループでは、スタッフ一人ひとりが、お客様に寄り添い、お客様の視点に立って考え、行動するための制度を整えています。

たとえば「リフレッシュ休暇」。土日祝の休みがとりにくい店舗スタッフも、7日間の連続休暇を利用し、保養や旅行などで自らも「顧客体験」をすることで、より良いサービスを提供できるという信念に基づいています。
また、お客様のため、会社のためになるアイデアであれば、いつでも誰でも提案可能な「プロポーズ提案制度」から生まれた改善も少なくありません。

お客様のためにと考えたことは、会社のためになり、そしてさらに自分自身にも戻ってくる。それがプローバグループの想いです。
社内制度 ↓当社の魅力的な社内制度を一部ご紹介いたします。↓
社内公募制度 対象者;プローバグループ社員(応募要項の資格該当者)

目的;やりたい仕事・なりたい自分にチャレンジしてもらい、スキルアップ・スキルチェンジの支援をする。

内容;新しいポスト、プロジェクトメンバー、新規事業担当者をグループ内から公募し、書類審査・面接を経て決定する。
プロポーズ大作戦(提案制度) 対象者;プローバグループ全従業員目的日頃、感じたり・思ったり・考えていることを強制ではなく自主的に、気軽に提案してもらう。

内容;お客様や会社の為になることであれば、テーマ・内容を問わず提案可能。

入賞提案は表彰(金一封他)もあり。
リフレッシュ休暇 対象者;グループ店舗で働く社員

目的;店舗スタッフは土日祝の休みや長期休暇が取りにくい中、保養・旅行などでの顧客体験を通してお客様により良いサービスを提供できるようにする。

内容;年に1度、7日間の連続休暇を取得できる。
アニバーサリー休暇 対象者プローバグループ社員

目的;有給休暇取得の促進を通し、より魅力的で働きやすい職場環境つくり。

内容;年に1度、記念日(誕生日等)のあるシフト期間内において、連続する2日間の有給休暇を取得できる。
半日有給休暇 対象者;プローバグループ社員

目的;より魅力的で働きやすい職場環境つくり、個人の予定・生活環境に合わせた有給休暇の活用。

内容;必要に応じて有給休暇の半日単位での利用。
(午前・午後の選択ができ、当日の実労働は4時間)
育児労働者勤務補助金 対象者;小学校3年生迄の子供を養育している社員及びパートナースタッフ(アルバイト)

目的;育児労働者の勤務における負担を軽減し、より働きやすい環境をつくる。

内容;勤務の為に特別に託児施設等に子供を預けた場合、その利用金額に応じて月額¥5,000迄の補助金を支給する。
母子(父子)家庭育児支援手当 対象者;母子(父子)家庭の社員及びパートナースタッフ(アルバイト)(社会保険加入対象者のみ)

目的;母子(父子)家庭労働者の育児支援を行い、より働きやすい職場環境をつくる。

内容;小学校3年生迄の子供を養育している社員・パートナースタッフ(アルバイト)の方に、育児支援を目的とした手当(月額¥5,000)を毎月支給する。
グループ懇親会 対象者;プローバグループ社員

目的;社内情報の共有、他部門との交流の促進、社員を慰労し、親睦を深める。

内容;年間約6回開催。全社員必ず一回は参加。現在はボウリング・懇親会の二部構成で行われ、遊びや飲食を通して社員間の濃密なコミュニケーションを図っている。

連絡先

〒731-0141
広島県広島市安佐南区相田1-1-33 3F 

株式会社プローバ
人事部 山野 和哉 (ヤマノカズヤ)

TEL:0120-81-2608 (フリーダイヤル 携帯・PHS可)
E-mail:rt@provanet.co.jp
掲載開始:2017/03/01

株式会社プローバに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社プローバに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)