関東日本フード株式会社
カントウニッポンフード

関東日本フード株式会社

【食品商社】【日本ハムグループ】
  • 正社員
業種
食品
商社(食料品)/外食・レストラン・フードサービス
本社
東京
残り採用予定数
10名(更新日:2017/10/24)

私たちはこんな事業をしています

【秋採用実施中!】【内定式間に合います!】【11/16説明会開催間近!】私たちは日本ハムグループの関東エリアの販社です。国内外に有する自社ファームで飼育、生産~販売まで一貫したプロセスをグループ内に備えていますが、販社である弊社では、お客様・消費者と関わりながら仕事をするため「人」の力を根幹に事業を広げています。食品・営業に興味のある方、人の笑顔に携わりたい方はぜひエントリーいただけたらと思います!

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

良くも悪くも「素直で嘘がつけない泥臭い社員」の集まりです。

根幹の信頼、を構築するためにも、当社では社員一人一人がお客様との接点を大切にしています。例えば、率直なコミュニケーションを心がけるからこそ、時には「お客様とぶつかってでも伝えるべき事を伝える」スタンスの社員もいれば、「お客様に不利になる提案は絶対にしない」というスタンスの社員もいて、良くも悪くも素直で嘘がつけず泥臭い社員ばかりです。しかも、社員は個性的で仲間意識の強い人が多いんです。「昔○○していました」「実は○○な経験を持っています」話を聞くとユニークな経験を持っている社員が多いです(詳細は説明会で!)。また、年に4回以上はスポーツ大会を開催したりと仲間同士の繋がりも非常に大切にしています。

事業・商品の特徴

日本ハムグループの販社として、食を通じ社会に貢献しています。

当社は日本ハムグループの食肉販売を担う販社として、食肉の販売・営業を行っています。関東全域に33の拠点を有し、日本ハムグループの非常に多品目の食肉を扱っています。業界のリーディングカンパニーとしてのブランド力・実績は強みですが、それに加えて自分の扱う商品の幅広さは仕事をする上での大きなやりがいとなっています。食を通じて社会に貢献できる、消費者の笑顔を想像しながら仕事ができる、こんな特徴のある会社です。

仕事内容

安全と信頼が不可欠な職場。だから人としての信頼が土台になる。

当社で扱うのは生活者に不可欠な「食品」であり、さらに安全・信頼が特に重要となる「精肉」。安全が損なわれる事は、消費者の生活にも事業にも非常に大きなリスクです。だからこそ、私たちの仕事でまず大事になる事は「お客様との信頼」「安全性の担保」の二点になります。食品メーカーとして、商社として、ファームから加工・物流に至るプロセスに一貫して関われる当社だからこそ、お客様との深いコミュニケーションや自分なりの提案が活かされます!ルート営業でお客様と繋がり・信頼を深めた先に様々な企画提案ができる職場です。お客様に何が必要か、を考えてやり抜く体験を重ねられる、そんな仕事のスタイルに興味がある方にはお勧めです!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

ルート営業職:量販店・小売店・食肉卸売店・外食・食品メーカーを対象に当社商品を販売

フードアドバイザー職:当社商品を使った企画提案、商品レイアウト・販売促進等の提案

事務職:営業とコミュニケーションを取りながらのサポート業務を始め、社内関係全般業務

会社データ

事業内容 国内・輸入食肉及び食肉関連食品の販売並びに加工

日本ハムグループが国内外で生産・輸入する食肉商品を量販店・食肉店・外食産業などに販売する地域密着型の綜合食肉ディーラー
設立 2002/10/1
資本金 4億5,000万円
従業員数 815名
売上高 1,563億円
代表者 代表取締役社長  舟橋 芳樹
事業所 【量販事業部】
量販部 / 特販部 / 関東牛加工センター

【北関東事業部】
群馬営業部 / 館林営業部 / 茨城営業部
水戸営業部 / 宇都宮営業部 / 那須営業部

【東関東事業部】
常陽営業部 / 京葉営業部 / 木更津営業部
越谷営業部 / 東松山営業部

【西関東事業部】
埼玉営業部 / 首都圏営業部 / 新多摩営業部
川崎営業部 / 相模原営業部 / 甲府営業部

【南関東事業部】
横浜青葉営業部 / 横浜営業部 / 湘南営業部
 静岡営業部  / 富士営業部 / 浜松営業部

【北越事業部】
富山営業部 / 石川営業部 / 能登営業部
福井営業部 / 新越営業部 / 下越営業部
長岡営業部 / 上越営業部 / 北陸加工部
沿革 1979年 2月 群馬フード(株)設立
静岡フード(株)設立

1993年 4月 関東地区9社北陸地区3社が合併、日本ハムから東京食肉販売課の移管を受け、関東日本フード(株)となる。

1993年10月 静岡・甲府・小田原フードが合併し東海日本フード(株)となる。

1995年 4月 関東日本フード(株)を日本フード(株)に、東海日本フード(株)を日本フード東海(株)と改称する。

1997年 4月 日本フード東海(株)が日本フード(株)社から北陸3営業部・多摩営業部の移管を受け、社名を日本フード関東北陸(株)と改称する。

2002年 4月 北海道から九州までの日本フードグループ8社が合併し、日本フード(株)・8カンパニーとなる。

2002年10月 日本フード(株)の8カンパニーが4社に再編され、関東カンパニーと関東北陸カンパニーが統合して、現・関東日本フード(株)となる。

2003年 4月 ジャパンフード(株)から越谷営業部・川崎営業部・国立営業部の事業譲渡を受ける。国立営業部はエリア再編のうえ閉鎖する。

2006年 4月 デイリーパック北陸(株)・デイリーパック群馬(株)が合併

2007年10月 本社移転(中央区⇒品川区)

2010年11月 藤沢営業部を閉鎖
横浜市都築区に横浜青葉営業部として新築移転

2012年11月 埼玉県越谷市に
関東牛加工センターを新築開設

2015年3月 茨城県ひたちなか市から
茨城県水戸市に水戸営業部を新築移転

連絡先

関東日本フード(株) 
採用担当:大久保
〒141-6013
東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower

【ニッポングループ採用センター】
フリーダイヤル:0120-314-437
※疑問・質問など気軽にご連絡ください。

【E-mail】
kanto@nfgroup.co.jp
掲載開始:2017/03/16

関東日本フード株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

関東日本フード株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)