東洋製罐株式会社
トウヨウセイカン

東洋製罐株式会社

容器/包装/機械/電気/電子/化学/材料/環境/
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
金属製品
非鉄金属/化学/機械/その他製造
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

2017年で創業100周年を迎える日本初の包装容器専門会社です。
創業以来、包装容器の製造販売を行っており、主力製品の飲料用容器は国内トップクラスのシェアを誇ります。

また、製造工程で一滴も水を使わないTULC(タルク:Toyo Ultimate Can)など
環境や時代、社会の要請に応えるために日々新たな製品を開発しています。

「包む」ことなら何でもできると自負する当社はこれからも高い技術で包装容器業界を牽引し続けます!

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

あなたの身近にある「包む」専門のプロフェッショナル企業

1917年に創業以来、本業専念の姿勢を貫き「包装容器を通じて社会に貢献する」ことを基本方針に、日本の包装容器業界のリーディングカンパニーとして、世界トップクラスの規模を誇っています。主力製品である缶詰・飲料用金属缶については、国内でトップクラスのシェアを保持しています。実は、みなさんがよく飲んでいる缶コーヒー・缶ジュースは、私たちの缶なのです。これまで業界を牽引し、発展を続けてきた東洋製罐は、缶だけでなくPETボトルなどのプラスチック容器でも高いシェアを獲得しています。

技術力・開発力

地球レベルで環境型社会に貢献する画期的な缶の開発。

当社は、これからの時代にふさわしい容器として、より一層の省資源化を目指した「PCCR缶」と言われる画期的な容器を開発しました。この容器に応用されている“PCCPシェル”形状は、強度保持効果が高く、宇宙工学分野で研究されていたもの。宇宙工学の成果が、缶の技術開発に結実したのです。また、材料にポリエステルフィルムをコーティングした「TULC」は、全く水を使わない生産工程を実現。90年代に世間に先がけて取り組んだ技術で、CO2排出量も減少させました。これらは新世代容器として“環境保全”にも貢献する優れもの。前述の例のように、当社は容器の機能や環境保全など、様々な視点で新技術開発に力を注いでいます。

戦略・ビジョン

容器産業を通して海外の人々の生活向上に貢献します。

当社はこれまで国内で蓄積してきたノウハウや技術力を生かして海外にも事業を拡大中です。お取引先企業の海外進出も増え、海外事業所で働く従業員は東洋製罐事業グループ全体で年々増加しています。特にアジア地域では、経済の急成長に伴い容器需要が増大しており、当社の製品が広く利用されています。例えばタイで清涼飲料、シャンプー・リンス向けの売上げが増加。また、欧米へは技術供与や技術支援を実施。“容器産業を通して現地の社会発展に貢献する”という理念のもとに、世界文化向上を目指し、より多くの人々の生活を支えられるよう、海外事業を推進していきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■技術系
生産性や消費者の使いやすさ、環境への配慮など、
様々な面で特徴ある容器を開発し、更なる発展を目指しています。

■事務系
注文から納品までの一連の流れにおいて、
取引先だけでなく社内の様々な部門と関わることにより、市場と社内を結ぶ役割を担っています。


自身が関わった製品が店頭に並び、消費者が手に取るのを見たとき、
大きな喜びとやりがいを味わうことができます。

会社データ

事業内容 ■金属、プラスチックとそれらの複合材料を素材とした包装容器の製造・販売
■食品関連機械、包装システムの販売および技術サービス
設立 2012年6月25日
(2013年4月より持株会社制へ移行)
従業員数 3,386名
資本金 10億円
代表者 取締役社長 大塚 一男
売上高 2,968億9,200万円(2016年3月期)
事業所 ■本社(東京都品川区)
■東洋製罐グループホールディングス綜合研究所(神奈川県横浜市保土ヶ谷区)
■テクニカル本部(神奈川県横浜市鶴見区)
■工場(千歳、仙台、石岡、久喜、埼玉、川崎、横浜、静岡、豊橋、滋賀、茨木、大阪、広島、基山)
環境への取り組み 「包装容器は破棄されてゴミになるのだから、地球環境に悪影響があるのでは?」

包装容器にそんなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、私たちが手がけている包装容器は、地球に優しい「環境負荷低減システム」として有効に機能しています。
例えば、農産物を運ぶ場合、有用な部分だけを包装して消費地へ届けることで、
ゴミの発生を軽減し、傷や破損を包装で防ぐことができます。
もしも包装容器がなければ、産地でとれた食材は消費者に届けられる前に痛んでしまい、多くは破棄されてしまうでしょう。

安全・安心を保障しながら、「本当に環境に優しいシステムは何なのか?」
「使われた後の容器リサイクルを進めるにはどうしたらいいのか?」
と問い続けています。

その根底には、1917年創業以来変わらない【包装容器を通じて社会に貢献する】という思いがあります。
これからも、東洋製罐は持続可能な社会を目指して、環境配慮型製品を世界に広めていきます。
グローバルな事業展開 東洋製罐は今、アジア各国で生産・販売活動を強化しています。
アジア地域では経済成長に伴い消費の多様化が進み、容器需要が拡大しています。
さらに、国内の主要な取引先の海外進出も盛んであり、高品質な容器が求められています。
この状況が、当社にとって大きなビジネスチャンスなのです。

既に生産・販売拠点を設置した東南アジア、中国だけでなく
インドや中近東からも引き合いがあり、現在検討しています。

積極的なグローバル展開により、中長期的な成長を目指しています。
教育・研修制度 東洋製罐は 視野の広い創造性豊かな人材の育成を目的に、数多くの教育機会を設けています。
教育体系は社員一人ひとりの自己啓発を基本として、
<階層別教育>、<職種別教育>、<自己啓発援助制度>
の3本柱で構成されています。

新入社員教育については、入社後9月末までの半年間、じっくり行います。
意欲のある社員の主体的な能力開発を支援するために、通信教育修了者には
受講料を全額援助しており、2012年度には延べ2686人と多数の社員が利用しています。

また、会社が定めた公的資格を取得した場合には、奨励金を支給する制度を設けています。

次世代ビジネスリーダーを育成するために「TSGBC=東洋製罐グループビジネスカレッジ」を開設し、主要グループ各社から選抜されたメンバーが活発な議論を交わし、当社の将来に向けた提言を行っています。

以上のように、当社では社員の学ぶ意欲に応える機会が用意されています。
グループ企業 ■包装容器事業■
~国内~ 
 日本ナショナル製罐株式会社
 本州製罐株式会社
 琉球製罐株式会社
 東洋製版株式会社
 ペットリファインテクノロジー株式会社
 福岡パッキング株式会社
 株式会社ジャパンボトルドウォーター
 ティーエムパック株式会社 
 株式会社T&Tエナテクノ ※持分法適用関連会社
~海外~
 東洋飲料(常熟)有限公司
 広州東罐商貿有限公司
 東罐(常熟)高科技容器有限公司
 Bangkok Can Manufacturing Co., Ltd.
 Next Can Innovation Co., Ltd.
 Toyo Seikan(Thailand)Co., Ltd.
 Global Eco-can Stock (Thailand) Co., Ltd.
 Malaysia Packaging Industry Berhad
 Asia Packaging Industries(Vietnam)Co., Ltd.

■機械設備事業■
~国内~
 東洋食品機械株式会社

~海外~
 Stolle Machinery Company, LLC
 Stolle Tokan Machinery (Shanghai) Co., Ltd.
 Kanagata(Thailand)Co., Ltd. 
 
■物流事業■
~国内~
 東洋メビウス株式会社
~海外~
 Toyo Mebius Logistics(Thailand) Co., Ltd.

連絡先

東洋製罐株式会社
人事部 人材開発課

■所在地
 〒141-8640
 東京都品川区東五反田2-18-1(大崎フォレストビルディング)
■最寄駅
 □大崎駅(徒歩 6分)
 □五反田駅(徒歩 8分)
■TEL
 03-4514-2042
■E-mail
 recruit@toyo-seikan.co.jp
■会社HP
 http://www.toyo-seikan.co.jp
掲載開始:2017/03/01

東洋製罐株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

東洋製罐株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)