第一稀元素化学工業株式会社
ダイイチキゲンソカガクコウギョウ

第一稀元素化学工業株式会社

(DAIICHI KIGENSO KAGAKU KUOGYO CO.,LTD)※東証二部上場
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • 正社員
業種
化学
非鉄金属/ガラス・セラミックス/鉱業/自動車
本社
大阪

先輩社員にインタビュー

技術部主任研究員
玉崎 史戴(34歳)
【出身】滋賀県立大学大学院  工学研究科 材料評価研究室 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 燃料電池材料の研究開発を担当しています。
私が所属する技術三課は、電子材料や酸素センサー、ファインセラミックス、耐火物、ブレーキ材など多様な用途を対象とした材料開発を行うグループです。その中で私は、燃料電池材料の開発を担当。「加工のしやすさ」「品質の安定性」「発電効率」等の更なる向上を目指し、顧客ニーズに応える材料開発を行っています。日本を代表する大手メーカー様のプロジェクトに貢献する醍醐味、学会発表よりも早く最先端技術に触れられる開発環境。研究者にとって、最高の環境に身を置いていると感じます。モットーは「やるべきことはやる」。大きな決定権を与えられている以上は、責任を持ち、何事にも能動的に取り組むよう心がけています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
多くのフローを経て量産化できた時の喜びは格別。
様々なスケールの多様な用途をカバーする新しいエネルギー源、燃料電池。期待値の高い分野だけに、プレッシャーを感じることもあります。ラボでの開発から、少量・中量試作、そして量産試作など、ひとつの製品化までには多数のフローが必要。計画通りに進まないことも少なくありません。
研究チームや生産部門など、周囲の先輩方から協力をいただきながら、開発品作製と評価・改善を繰り返す。そうして、開発品が計画通りに量産化できたときの喜びは格別です。お客様の要望に応える製品を生み出すべく、量産設備の作り方から条件の設定など、多くの先輩方がアドバイスをくれます。周りの人々とのコミュニケーションが、何よりも大切だと感じますね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大学で研究したことを、社会で活かしたかった。
リクナビで出会い、「自分が研究したことを活かせるのでは」と思ってエントリーしたことが、入社のきっかけです。説明会や面接では、研究・開発環境の自由度の高さや、上下関係なく相談できるアットホームな環境について知ることができました。新人は決してほったらかしにされず、手厚くフォローされます。周囲の先輩や上司に相談すれば、必ず何か返してくれますよ。
 
これまでのキャリア 技術部 主任研究員

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 とことん地球環境に貢献する仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「自分がやりたいことをできるかどうか」にこだわって、仕事や会社を選ぶべきだと思います。時には専攻外の分野にもアンテナを伸ばしてみれば、思わぬ発見や出会いがあるかもしれません。

第一稀元素化学工業株式会社の先輩社員

自動車の排ガス触媒の材料開発

技術部 主任研究員
辰己 亜紀子

排ガス触媒の研究開発を担当しています。

技術部 研究員
廣瀬 慶計

排ガス触媒の研究開発。サンプルの試作から、お客様への提案まで。

技術部 研究員
吉岡 健太

主要原料の調達。海外調達先との面談、価格交渉、情報交換など。

資材部資材課 係長
横地 雅弘

経理課での連結決算を中心とした業務を担当しています。

財務部経理課
渡辺悠夏

自動車排ガス触媒の研究開発を担当しています。

技術部
米田滉司

先輩社員をすべて見る
掲載開始:2017/03/01

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になる気になるリストに追加済
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)