株式会社石実メッキ工業所
イシジツメッキコウギョウショ

株式会社石実メッキ工業所

自動車部品/プラント設備などのメッキ加工
  • OpenES
  • 正社員
業種
自動車
金属製品/化学/輸送機器/プラント・エンジニアリング
本社
愛知
残り採用予定数
3名(更新日:2017/10/23)

私たちはこんな事業をしています

秋採用!個別説明&選考会実施★しっかり理解して欲しい!

メッキの影響力、重要性をあなたは知っていますか?自動車部品やプラント設備などの電気メッキ加工、電着塗装加工をしています。
わずか数ミクロンの被膜に防錆、導電性、シール性、拡散防止性、浸炭防止性・・・と機能を付加。メッキはその部品の性能を飛躍的に向上させます。
メッキ加工があるからこそ、様々な製品が活躍できていると言っても過言ではありません。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

海底5000mを採掘するガス田を支える、最新メッキ技術。

当社は、自動車部品やガス田設備の電気メッキ加工を手がけています。メッキは日本が世界に誇る技術です。当社はチュービング(採掘するための鋼管)のメッキ加工の自動化に世界で唯一成功しており、品質も世界でトップクラスです。ガス田では海底3500~5000mを採掘するため、チュービングに高圧力がかかり、金属の摩擦による焼きつけも発生。そのため、メッキ加工には高いシール性(密着性)と焼きつき防止技術が求められます。化学と電気工学を駆使し、独自技術を開発。銅やスズの成分バランスを調整する管理技術を確立し、加工を自動化することに成功しています。『メッキ加工』の奥の深さに、多くのエンジニアが虜になっていますよ。

施設・職場環境

新しい知識や技術を得て社内で共有できる環境が整っています。

常に業界トップクラスの技術・開発を維持できるよう教育にも力を入れています。例えば、有志を募って週1回、社長自らが講師を行う朝の勉強会を開催。また、選ばれたメンバーが大阪のメッキ学校に1年間通い、新たな知識を得ています。もちろん費用は会社負担。勉強会や学校で得た知識は、社内で発表の場を設け他メンバーへ共有されています。年1回は若手社員向けに課題を設定します。これは専門知識に関する内容ではなく、自分の仕事内容や部署全体をちゃんと理解し行動できているかを確認するためのもの。これを受けることにより、部署内での自分の役割認識が深まり、着実に成長していくための大切なステップとなっています。

社風・風土

無借金経営を支えるのは社員みんなの団結力。

当社は、ひとつのメーカーの方針や経営状況に左右されることのない完全独立系企業。そのため、どこよりも高い技術力と品質の確かさが重要です。それを支える技術部門を常に強化し、品質を高レベルで維持。そうした努力が更なる信頼を生み、無借金経営が続けられるのです。社員がイキイキ働くことが会社の成長にもつながります。そのためには社員同士の関係性が大切です。親睦会やBBQなど社内イベントも盛んです。地域のイベントにも積極的に参加し、「元気っす!へきなん」という地元のお祭りでは、みんなで練習したダンスを披露し、昨年は見事「企業賞」を獲得したんですよ。地元に根差し安心して人生設計できる環境です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

●生産技術/研究・開発
生産技術員はめっきのドクター!知識と経験こそが最大の武器。
●生産管理
生産管理部門は製品と情報の交差点。それらを的確に流す交通整理の役目!正確さと迅速さが最大の武器。
●品質保証
品質保証部門は製造工程のルールを守っているかを取り締まる警察の役目!
●製造
製品を世に生み出す匠の集団!すなわちモノづくり企業の主役。道具はモノづくりの命、それらを的確に操るOSの役割も。

会社データ

事業内容 自動車部品等の電気めっき加工(亜鉛めっき、銅めっき、錫めっき、ニッケルめっき、亜鉛鉄めっき)電着塗装加工(カチオン電着塗装)

自動車部品のみならず、あらゆる鉄製品を錆から守る技術に関しては、生産工場・設備など規模も含め日本国内トップクラス!!
創業 昭和43年2月1日(1968年)
資本金 1,800万円
従業員数 約300名(パート含む)
売上高 2016年8月 60億円
2015年8月 63億円
2014年8月 65億円
2013年8月 54億7200万円
代表者 代表取締役社長 杉浦正行
事業所 【本社工場】
 愛知県碧南市福清水1-13

【踏分工場】
 愛知県碧南市踏分町2-6

【高浜工場】
 愛知県高浜市新田町3-1-8
主要取引先 アイシン辰栄(株)、アンデン(株)、大橋鉄工(株)、加藤精工(株)、(株)協豊製作所、JFEチュービック(株)、(株)JTEKT、(株)杉浦製作所、泰東工業(株)、大豊工業(株)、津田工業(株)、(株)デンソー、(株)松尾製作所、武蔵精密工業(株)、------他121社(順不同)
有資格者 劇毒物取扱責任者…9名、危険物取扱者…1名、公害防止管理者…12名、特化物作業主任者…7名、特別管理産業廃棄物管理責任者…10名、電気めっき技能士(1級)…1名(2級)…38名
沿革 1968年 2月 石実メッキ工業所創業
1969年 9月 法人組織とする。資本金300万円
1971年 9月 総合排水処理施設完成
1972年 2月 資本金900万円に増資
1975年 3月 本社第2工場完成
1982年 3月 踏分第1工場完成
      6月 資本金1,800万円に増資
1984年 8月 AD. デ賞参考会社で受審
1986年 3月 本社第3工場完成
1989年 6月  踏分第2工場完成
1990年 8月  踏分第3工場完成
1997年 12月  踏分第3工場増築
2000年 8月  3価クロメート「ESコート」プロセス完成
2001年 8月  本社新第2工場完成
2002年 11月  国際規格ISO14001認証取得
2003年 3月  発光プラズマ分光分析装置(ICPA)導入
2005年 2月  踏分新第1工場完成
      11月  亜鉛ニッケル合金めっき生産開始
2006年 12月  クリアプレート完成
2007年 4月  国際規格ISO9001認証取得
      9月  高浜工場敷地取得
2008年 9月  リーマンショック勃発
2009年 1月  ワンルームアパート「コーポ実」完成
2009年 4月  高浜第1工場完成
2011年 3月  東日本大震災
2012年 11月 高浜第2工場着工
2013年 3月 高浜第2工場完成
2013年 3月 高浜工場 亜鉛メッキバレルライン(B-5号機)完成・生産開始
2013年 11月 創立45周年記念式典 (45周年記念大宴会にて 本社Cチーム優勝)
2015年 2月 高浜工場 亜鉛メッキバレルライン(B-6号機)完成

連絡先

〒447-0048
愛知県碧南市福清水町1-13
TEL:0566-41-6300 FAX:0566-48-3665
担当者 総務部
公文 koubun@isiziz.com
吉岡 f-yoshioka@isiziz.com

※名鉄三河線「新川町」駅から徒歩5分
掲載開始:2017/03/01

株式会社石実メッキ工業所に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社石実メッキ工業所に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)