田野屋酒販株式会社
タノヤシュハン

田野屋酒販株式会社

【業種:商社(食品)/酒類販売専門店】
  • OpenES
  • 正社員
業種
商社(総合)
商社(食料品)/食品/その他商社/専門店(複合)
本社
東京
リクナビ限定情報

私たちはこんな事業をしています

【飲食店の成長と発展をコンサルティング】
私たち田野屋酒販のメイン事業は酒・食料品の業務用卸売業です。
飲食店にお酒や食料品を提供すると同時に、店舗の課題やオーナーの悩みに即した提案を行い
繁盛店になるためのコンサルティングを行っています。

新店オープン時において、オーナーは多くの悩みを抱えています。
そんな時、何でも相談できるパートナーとして不動産選び~店舗内装までとことんサポートします。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

飲食店のパートナーとして、店に、地域に、賑わいを作り出す。

人生には色々なシーンがあります。楽しい時、悲しい時、にぎやかな時、ひとりぼっちの時。その様々なシーンで酒は呑まれます。私たち田野屋酒販の仕事は、そんな様々な顔をもつ「酒」を飲食店に提供すること。担当地域の飲食店オーナー様と人間関係をつくり、営業提案を重ねてお店の成長を後押しする仕事を創業以来続けています。飲食店では、景気の悪い時期には仕入原価を抑え、同じ酒なら1円でも安いところから仕入れたくなるもの。それをこれまで通りの価格で当社から買ってくださるお客様のありがたさを日々痛感しています。『知恵・情報・商品』そして『勇気』をお客様に提供し、店や地域の繁盛を後押しすることが私たちの使命です。

採用方針

お酒を通じ、営業として、人として成長していけるかどうか。

田野屋酒販の面接は、現役で活躍している営業が担当しています。営業から「こいつはいい」と言われるようなヤツじゃなきゃ、田野屋の営業はつとまらない。単純だけど、それが理由です。採用基準は「営業として、そして人として成長する意欲があるかどうか」ということ。私たちの仕事は、泥臭い付き合いや、地道な仕事ばかりかもしれません。でも、だからこそ顧客である飲食店と、強い絆が生まれます。懇意になったお客様から、お酒の席で愚痴を漏らしてもらえて、やっと一人前。お酒を扱う会社だからこそ、本当の「人間力」が試されます。

リクナビ限定情報
魅力的な人材

若手からベテランまで田野屋は『人材』の宝庫。

田野屋は『自己責任』という理念のもとに行動するプロ集団です。これは、田野屋一人ひとりがプロフェッショナルに徹したビジネス集団として、必要不可欠な行動理念です。『徹底して顧客と向き合うこと』 『一人の人間を大切にすること』。企業であれ、個人であれ一人の人間を大切にすることでさまざまな試練、苦難を乗り越えて繁栄していくのが私たちと考えます。田野屋はお客様に夢や希望を与え、企業として社会貢献し、企業市民として社会責任を果たすものと考えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

●営業/料食店専門の営業
単にお酒を卸すだけでなく、仕入れからメニュー作成、従業員教育、店舗造りのコンサル、情報提供等、  活動様々。
新規開拓を中心に地域密着型の営業を行い、少数精鋭で最大限の効率と売上を実現。

会社データ

事業内容 和洋酒類・ビール・清涼飲料・各種食料品などの業務用卸売
PB商品の開発、販売
PB商品 田野屋酒販は清酒「神輿」をはじめ、麦焼酎「太治兵衛」、芋焼酎「麹屋三代」、
梅酒では「千年芋梅酒」等を中心に、数十種類以上ものPB商品をラインアップしています。
さらに各地の酒蔵と提携した準PB清酒も数多く開発しているのが特徴です。
代表 佐々木 竹治より 私たち田野屋酒販は、単に酒・食料品の業務用卸販売をしているわけではありません。

卸という仕事を通じて、お客様である飲食店のオーナーのもとに頻繁に足を運び
今、何が必要であるかを聞き出すことが本当の役割であると思うのです。

私たちを、飲食店経営と運用のパートナーとしてご利用いただきたいのです。

飲食店の経営や運用は想像以上に大変です。
時代のトレンドや地域性、人間関係によって、すぐに変化がおきます。

そんなとき、相談できる相手でありたいのです。
卸業者は毎日のようにお店に出入りしますから、
お店を取り巻く日々の状況変化に敏感であるべきです。

手前味噌で恐縮ですが、
社長である私の自慢は、当社の社員です。
厳選した採用と徹底的な育成を経て、
強い信頼関係が構築されていると自負しております。

変化の多い飲食業。
その飲食店オーナーと共に成長し、共に発展していく。

当社の社員一人ひとりが、
このスタンスを理解して行動してくれています。

人こそ、現状打破の原動力です。
信頼関係なくして突破はできません。

飲食店オーナーが当社の営業を信頼して、
いろいろな話を聞かせてくれる。
状況や悩みを聞かせてもらい、解決策と希望をご提供する。

より良い人間関係の構築によって、
私たち田野屋酒販は、飲食店の成長と発展をお手伝いさせていただきます。
そして、私たちも共に成長と発展を目指したいと思っております。

取締役社長 佐々木 竹治
お客様と共に発展できる高収益な企業を目指して他にない発想と行動力で“業界No.1”を目指します! 私達田野屋酒販は、酒・食料品の業務用卸販売業者として単に酒類を卸すのではなく、
それぞれの店舗に合わせた、サービスやメニューを提案しています。
そのお店が地域No.1店になるためのコンサルティング業務を行っています。

例えばお望みのエリアへの出店支援、業務用食材のルート構築、什器備品の確保、
店舗の内装・外装業者の手配から、利益率の高いオリジナルのプライベートブランドの提供、
および新規店のスタッフ確保など、他にない企画・販売手法・人材力でお店をサポートします。

お客様それぞれの業態に合わせたノウハウ提供、さまざまな悩みにお答えしています。
田野屋酒販のエリア戦略 営業・配送効率の合理化を徹底的に考慮した戦略をとっています。

田野屋酒販の営業エリアは、東京都23区を中核として、神奈川県一帯に及んでいる。
そしてエリア開拓に際しては、地域密着を心がけています。

まずある地域を徹底的に開拓。
次に隣の地域に集中進出する。

そうすることにより営業効率も、配送効率も上がり
そして徐々に、密度が濃い面を拡充していくわけです。

ターゲットはその地域に密着した営業をしている飲食店です。
創業 1925年
資本金 5000万円
従業員数 95名
売上高 2016年度:150億円
代表者 代表取締役社長 佐々木竹治
本社所在地 東京都大田区東矢口3-7-4
事業所 配送センター/大田区平和島・大田区昭和島・埼玉県川口市
沿革 大正14年:清酒の販売を主に創業

昭和27年:(有)田野屋商店に組織変更

昭和38年:酒類・食料品の業務用市場に進出

昭和45年:資本金5000万円に増資、田野屋酒販(株)に社名変更

昭和58年:千葉に不動産事業部門を開設、賃貸事業を開始

平成 8年:多摩川配送センター開設

平成16年:平和島配送センター開設

平成16年:(株)松本屋を吸収合併

平成17年:(株)キイストンと業務提携

平成20年:昭和島配送センター開設

平成27年:川口配送センター開設

連絡先

〒146-0094
東京都大田区東矢口3-7-4
人事担当

(電話)03-3733-0374
(HP)http://www.tanoya.jp/index.html
リクナビ限定情報
掲載開始:2017/03/01

田野屋酒販株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

田野屋酒販株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)