ヤマモリ株式会社
ヤマモリ
  • 正社員
業種
食品
商社(食料品)/機械/重電・産業用電気機器
本社
三重

私たちはこんな事業をしています

日本の味を代表する調味料である「しょうゆ」を基本に、つゆ・たれ、さらには「釜めしの素」や「タイカレー」などのレトルトパウチ食品も開発・販売する総合食品メーカーです。

開発した新商品を世に送り出すため、具材の調達から処理までほとんどの工程を自動化。

「執着・スピード・革新」をキーワードに、おいしさはもちろん、健康や環境も考えた食品を開発・提供し、心と体の満足に貢献していきたいと考えています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

世の中にない、『あったらいいな』を生み出そう!

128年前に醤油醸造業を始めたヤマモリ。世の中にない『あったらいいな』と思うものを次々に開発し、主力商品である「ストレートつゆ」や「釜めしの素」は高いシェアを占め、総合食品メーカーに成長しました。今では当たり前になっている「レトルトパウチ食品」や「袋詰め液体スープ」のパイオニアとして開発・販売するなど、新しい市場も創造してきました。近年では、タイ国を中心とするアセアン地域への海外進出も行っています。タイと日本の架け橋になるべく、タイフードを多数商品化し、特に「タイカレー」はトップシェアを誇っています。また、より時代のニーズに合った、おいしいだけでなく、健康にもよい商品の開発にも力を入れています。

社風・風土

社員の「声」こそが成長の原動力です!

ヤマモリでは、笑い声や喜びの声、時には悩んだ声など、いつも社員のさまざまな声で溢れています。思いついたこと、悩ましいことなどをボソッとつぶやくと、どんなことでも必ず誰かが拾ってくれます。そんな声から、職場改善や業務の効率化、実際に商品化につながった事例がたくさんあります。上司・先輩社員が、部下の声にしっかりと向き合ってくれるという安心感があるため、若手社員も萎縮することなく発言をしています。この風土により、社員が生き生きと働き、ヤマモリの成長力へつながっています。

待遇・制度

いち早く会社の戦力に育て上げます!

OJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)リーダー教育制度を実施しております。OJTとは、実際の業務経験を積み重ね、スキルアップを目指していく教育方法のことです。新入社員には、配属後すぐにOJTリーダー(教育係の名称)が付き添い、マンツーマンで1年間みっちりと指導を受けます。ヤマモリでは、OJTリーダーだけでなく、部署全員を巻き込んで教育を行う風土があり、新入社員の成長を全力でバックアップします。もちろん、「新入社員研修」「配属前研修」などの社内研修や教育支援制度なども充実しております。皆さんにいち早く戦力になっていただくため、ヤマモリは全力で皆さんをサポートいたします。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

(1)開発研究 : 営業や企画部門からの依頼を受けて、新商品の試作・改良など

(2)技術 : 生産設備の企画・設計・生産技術・メンテナンスなど

(3)製造 : 工場の生産ラインでの機械のオペレーションなど

(4)品質管理 : 各工程での品質のチェックや、製品導入の支援など

(5)営業 : 大型スーパーや小売店、卸業者へ、主に当社の自社開発商品の営業や、売り場提案など

会社データ

事業内容 ●家庭用・業務用食品の開発・製造販売●
しょうゆをベースとしためんつゆ、ラーメンスープ、蒲焼きや丼のたれ、釜めしの素やタイカレーなどのレトルトパウチ製品、減塩釜めしの素や黒酢ドリンクなど、おいしさはもちろん、健康も考えた幅広い食品を開発・製造・販売しています。

◆商品別の売上構成比(2015年度実績)
しょうゆ4.6%
レトルト食品59.9%
つゆ・たれ31.2%
飲料2.5%
その他1.8%
タイを初めとして広がりを見せる海外戦略! 日本と同じ様な『醸造』という食文化を持つ国々と、よりよい関係を深めたい。それがヤマモリの考え。1988年に合弁工場を設立したのを皮切りに、“タイ”との関係を深めています。

現在は、醤油を製造する「ヤマモリタイランド」と、タイカレーなどのレトルトパウチ食品や、つゆ・たれを製造する「サイアムヤマモリ」、タイ国内を始めアジア各国に当社製品を流通させる「ヤマモリトレーディング」があり、重要な拠点と位置づけています。

日本だけにとどまらず、他国との食文化の交流を積極的に行い、新たな“おいしい”を生み出し続けています。
設立 昭和26(1951)年
※創業 明治22(1889)年
資本金 4億3500万円
従業員数 440名(男性350名、女性90名)(2016年2月)
売上高 225億円(平成28年3月期実績)
代表者 代表取締役社長執行役員 三林憲忠
事業所 本社(三重県桑名市)
工場(三重県桑名市・松阪市)  
支店(東部<東京>、中部<桑名>、西部<西宮>)
営業所(札幌、仙台、北陸、福岡)
当社商品一覧 ◆しょうゆ
◆ストレートつゆ(めんつゆ)
◆濃縮つゆ
◆たれ

◆レトルト(釜めしの素シリーズ、他)
◆タイフード
◆健康飲料
◆サワー

◆大手スーパーのプライベートブランド等

ここに新しい商品の名を刻むために、一緒にがんばっていきましょう!
100年以上に渡る当社の歩み(2000年まで) 1889年 三林専太郎、現在地に於いて味噌・醤油醸造業を始める
1951年 山森食品醸造株式会社に組織変更 個人事業を引き継ぎ資本金150万円で発足
1961年 自動通風製麹装置を業界最初に開発、設置する
1967年 全国初の袋詰液体スープを新発売
1969年 レトルト殺菌装置を自社開発、釜めしの素を新発売
1976年 ヤマモリ食品工業株式会社と社名変更
1982年 社長三林忠衛死去により、三林憲忠社長就任
1984年 そのままつゆ新発売
1988年 「ヤマモリ株式会社」と社名変更
1993年 県内の醤油メーカー2社と伊勢醤油本舗(株)を設立伊勢醤油を発売
1997年 本社・桑名工場、松阪工場TPM優秀賞受賞
100年以上に渡る当社の歩み(2000年以降) 2000年 松阪工場ISO14001認証取得、HACCP認証取得
2001年 桑名・大山田事業所を新設 本社機能を移転
2003年 本社・桑名工場、桑名・大山田事業所 ISO14001認証取得
2004年 本社、桑名工場、松阪工場、3支店 ISO9001認証取得
      ヤマモリの100%出資によりサイアムヤマモリ(株)設立
2005年 名古屋市納屋橋にタイ料理レストラン「サイアムガーデン」開店
2009年 マネジメントシステムをISO9001に統合
      タイカレーグリーン、モンドセレクション金賞受賞
2010年 伊勢醤油吟香仕込み720ml モンドセレクション最高金賞受賞
2013年 大山田工場、桑名工場、松阪工場、FSSC22000認証取得
2015年 減塩でおいしい とり釜めしの素/ごぼう釜めしの素、
      日本高血圧学会 減塩委員会 第1回減塩食品アワード金賞受賞

連絡先

ヤマモリ株式会社
人事総務部
松田・伊藤・山田
〒511-8711 三重県桑名市陽だまりの丘6-103
TEL:0594-33-3860
URL http://www.yamamori.co.jp/
e-mail:yamamori-re@kuwana.ne.jp
掲載開始:2017/03/01

ヤマモリ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ヤマモリ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)