社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会
サイタマチョウカクショウガイシャフクシカイ
  • 正社員
業種
福祉・介護
その他サービス/医療関連・医療機関
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

埼玉聴覚障害者福祉会は、聞こえないという障害があっても、普通に、あたりまえに人間らしく生きていきたい。
そんな願いを一緒に実現しようと、下記のような事業を進めています。

当社の魅力はここ!!

社風・風土

耳が聞こえなくてもコミュニケーションが自由にとれる施設を!

人は人との関わりなくして生きてはいけないと言われています。人と関わる時は「話し言葉(聞く言葉)」で伝えたい事を、伝えたい時に話し、相手もまた返したい時、すぐ返す事で分かり合おうとします。ろう者が伝え合う言葉は「手話(見る言葉)」です。ですから、私たちの仕事には手話が欠かせません。これから入職される皆さんへは、「手話」とは何かまた「聞こえない」という事はどのようなことか学習する場や、実際に「手話」が学べるような場づくりをしていきます。コミュニケーションが取れる事の喜びや、ちょっぴりの難しさも学んでいきましょう。大切な事は利用者の方の思いに寄り添い、充実した生活を送っていただけるよう考える事です。

施設・職場環境

特別養護老人ホーム「ななふく苑」の紹介

当法人が運営する「ななふく苑」は、「高齢のろうあ者、中途失聴者、難聴者が聞こえなくても安心して暮らせる老人ホームを」という強い願いによって、聴覚障害者向けの特別養護老人ホームとしては全国で5番目に設立されました(養護老人ホームを含めると8番目です)また、ろう者とのコミュニケーションが十分にできるようにするため、多くの聴覚障害職員が仕事をしています。「手話を使う人がたくさんいる、自由に話ができる環境があること」がろう者にとって大切だと考えております。

採用方針

見学会、随時受付中。お気軽にお越しください。

求人案内だけ見ても、実際の様子は伝わりにくいものです。ぜひ、一度当施設に来ていただき、見学してみてください。現場で働くスタッフや利用者の方と触れ合っていただき仕事の理解に役立てていただければと思います。経験やスキルは不問です。手話ができなくてもかまいません。活動中のスタッフも初めは未経験の者が多くいました。少しずつ関わっていく中で見えてくることが増え、本当の「支援の意味」が理解できてくるのではないでしょうか。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

利用者の方が自分らしく、また楽しく暮らしていけるような支援を目指しましょう。
具体的には・・・
〇食事や入浴の補助
〇移動の補助
〇外出や買い物の援助
〇利用者の方が行う行事企画や参加へのお手伝い

会社データ

事業内容 1996年1月:障害者支援施設「ふれあいの里・どんぐり」開所
2001年9月:共同生活援助事業「第1どんぐりホーム」開所
2003年5月:居宅介護支援事業所「デフケアくるみ」開所
2004年4月:視聴覚障害者情報提供施設「埼玉聴覚障害者情報センター」開所
2004年5月:障害福祉サービス「春里どんぐりの家」開所
2006年4月:特別養護老人ホーム「ななふく苑」
      :短期入所「ななふく苑」開所
       :居宅介護支援事業所「デフケアくるみ」は居宅介護支援事業所「ななふく苑」へ改名
2011年4月:デイサービス「ななふく苑」開所
2013年3月:共同生活援助事業「オハナハウス」開所
2017年9月:放課後等児童デイサービス「ひとつ星・さかど」開所
設立 1994年9月8日
代表者 理事長 永井 紀世彦
事業所 ◇法人本部(ななふく苑内)◇
入間郡毛呂山町西大久保766-1

◇ふれあいの里・どんぐり◇
入間郡毛呂山町西大久保695-2

◇第1どんぐりホーム◇
入間郡毛呂山町岩井東1-30-9
ガーデンふじ105

◇埼玉聴覚障害者情報センター◇
さいたま市浦和区北浦和5-6-5
浦和合同庁舎別館2階

◇春里どんぐりの家◇
さいたま市見沼区小深作186-2

◇特別養護老人ホームななふく苑◇
入間郡毛呂山町西大久保766-1

◇オハナハウス◇
さいたま市見沼区大和田町2-1570-1 2階

◇ひとつ星・さかど◇
坂戸市片柳2148-8
法人の基本理念 1.障害の有る無しに関わりなく人間としての尊厳を大切にする。

2.障害を理由とする差別は認めない。

3.ノーマライゼーションの社会では障害者も高齢者も共存する社会として関与し、
いたわられ、保護されるだけでなく、積極的な貢献をするものでなければならない。

4.自分のみではなく、他者の幸せを願う心をもって、人生の指針とする。

5.聴覚障害者が興した運動は障害者の人権を確立するための
「ろうあ運動」といわれ、法人設立の原動力ともなった。
今後も「ろうあ運動」を中心とした法人事業を展開していく。

6.埼玉県内の聴覚障害者の生涯に亘って必要とする社会資源の整備に努める。

7.施設の機能を最大限に活かして人材の育成を図る。

連絡先

社会福祉法人 埼玉聴覚障害者福祉会
埼玉県入間郡毛呂山町西大久保766-1
TEL/049-276-5311
担当/中島
HP/http://www.sai-donguri.or.jp
掲載開始:2017/09/28

社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)