朝日共販株式会社
アサヒキョウハン

朝日共販株式会社

しらすパーク/佐田岬の鬼/神戸CRAB(神戸クラブ)
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
水産
食品/商社(食料品)
本社
愛媛

私たちはこんな事業をしています

【皆さんが普段食べている"しらす"。実は当社の商品かもしれません】

愛媛県にある四国最西端の佐田岬半島は全国でも有数のちりめんしらすの漁場です。
漁から加工・販売までを一貫して行い、首都圏を中心に東京・大阪から中国・四国・九州まで、
量販店に私たちの商品が多数並んでいます。
スーパーや回転寿司、お弁当屋さんで購入したしらす。
実は弊社が捕って加工した商品かもしれませんね。

当社の魅力はここ!!

企業理念

愛媛の佐田岬から「漁業を変える、常識を変える、世界を変える」

四国・愛媛県にある佐田岬半島。 その中ほどにある小さな漁村に、朝日共販株式会社はあります。 この辺りは全国でも有数のちりめんしらすの漁場として有名なところ。 「鮮度の良いものには何も手を加えなくても、いいものができる」 この基本姿勢の元、私たちはとれたての稚魚を加工し 「釜あげしらす」や「蒸ししらす」「パラパラしらす」等を全国に販売し、業界では「鮮度の鬼」と言われています。 私たちは、自社専属の漁師と漁船を持つ網元です。 自ら漁を行い、加工、出荷、販売までを一貫して行っています。 加工場は敷地面積2000坪、広さは1500坪、 冷凍倉庫は500トン収用できるなど、 しらすの工場としては日本最大級のスケールです。

戦略・ビジョン

次々と設備投資を行い、事業を拡大

平成16年には衛生管理、品質管理を徹底するためISO9001・2000を取得。 独自の完全自動化システムラインを設置し、 大手流通業者の厳しい品質・衛生管理要求に応えています。 平成22年には本社工場を見学開放型とし、 土産物販売やしらす料理のレストランを備えた「しらすパーク」をオープン。 今では年間3万人が訪れる地元の観光スポットとなっています。 また佐田岬の豊かな自然に恵まれた環境を後世に残すため「朝日エコプロジェクト」を立ち上げ、 森林再生活動や工場の環境保全対策にも取り組んでいます。今後の世界への市場開拓を見据え、MSCエコラベル取得を目指しています。

戦略・ビジョン

4年後には約2倍の販売量を目指します。

国内の4大流通勢力のうち、日本生協、CGC、イオンの3グループに販路を持ち、近年では全国大手レストランやコンビニエンスストアのおにぎり等の外食市場にも売上を伸ばし、年商は45億円を超えています。平成27年4月には、関連会社の福島産業(有)と朝日共販(株)、伊予銀行農林漁業成長産業化ファンドの出資にて新会社(株)佐田岬の鬼を設立。これにより、賞味期限の長期化、遠隔圏での販売が可能となることで、大都市圏の大手量販店等への更なる販路拡大が図れ、4年後には約2倍の販売量を目指します。平成27年4月には本社横に新工場「ちりめん工房」を新築しました。今後は海外も視野に、更なる事業拡大を図ります。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【営業職】
しらすを中心とした海産物加工品を大手量販店・外食市場に提案

【製造管理職】
製造ラインにおける商品の選別作業や商品の梱包作業(パック詰め)等
製造に係る管理業務全般

【品質管理職】
原料・製品の微生物・理化学・官能・製造工程ライン検査の他、データ分析、パッケージの表示確認等
ISO、HACCPに基づいた品質管理業務全般

【店舗運営職】
本社にあるしらすパークの店舗運営・販売などの業務全般

会社データ

事業内容 しらす・ちりめん・かに等の海産物製造・加工・販売
設立 平成7年12月
資本金 3,000万円
従業員数 231名(男性97名/女性134名)
売上高 49億2,676万円(2016年3月)

40億円(2015年3月)

38億6,780万円(2014年3月)
代表者 代表取締役 福島 大朝
本社所在地 愛媛県西宇和郡伊方町川之浜652番地1
事業所 【松山営業所】
愛媛県松山市南吉田町1497-1(佐田岬の鬼内)

【東京営業所】
東京都中央区日本橋人形町1-19-2 TMビル3F

【関西事業所】
兵庫県神戸市東灘区深江浜町13-1
その他 【しらすパーク】
朝日共販株式会社が宇和海で獲った新鮮しらすを皆様にご堪能頂くための施設です。工場直売店、しらす食堂、工場見学コース、佐田岬の資料展示スペース等を併設しています。

【佐田岬の鬼】
朝日共販(株)、福島産業(有)、伊予銀行農林漁業成長産業化ファンドの出資にて設立された会社です。最新鋭の設備、衛生管理のもと、大手量販店向けのしらすPB商品の加工・販売を行っています。

【神戸CRAB(神戸クラブ)】
朝日共販関西事業所では、カニの仕入れから加工、販売までを一貫して自社工場で行っています。アイテム数は300種を超え安心・安全で鮮度抜群の商品のみを百貨店や量販店にお届けしています。神戸CRAB(クラブ)という朝日共販オリジナルブランドでも、消費者の皆様に直接商品をお届けし、高い評価をいただいております。同施設に「神戸かに鮮亭」というカニ料理を安く食べられる食堂も併設しています。
主な取引先 イオン(株)、日生協、(株)大水、関東地区量販店
関連会社 ・福島産業有限会社
・株式会社佐田岬の鬼
沿革 1928年1月   現会長の父、善七が「福島石材店」を設立し創業する。
1943年1月   父死亡により現会長福島朝行が家業を引き継ぐ。
1961年4月   地引網を開始し水産業に進出する。
1970年4月   機船引き網(パッチ網)ちりめん漁を開始し現在の基礎を築く。
1977年11月   資本金500万円を出資し設立する。
1986年11月   石材工場を開設する。
1989年 4月   松山市リバティ立花(賃貸マンション)を新築し不動産部門を開始する。
      10月   水産物加工場を新設(敷地面積2,000坪、加工工場1,500坪)
1993年10月   松山市にメゾンド永代(賃貸マンション)を収得する。
1995年12月   朝日共販(株)を設立(資本金1,000万円)、福島静子が社長に就任する。
1996年8月    社長に福島大朝が就任する。
1997年9月      冷凍倉庫を開設する。(収納能力500トン・-20℃)
1998年1月      松山市にデコール余戸(賃貸マンション)を取得する。
     4月   松山市にリバティー余戸(賃貸マンション)を建設する。
     5月    朝日共販(株)大阪支店を開設。(泉佐野市で加工場を稼働する)
2002年4月    松山市にフレール和泉(賃貸マンション)を取得する。
2003年4月    松山市にソル・レヴェンテ(賃貸マンション)を建設する。
2004年5月    ISO 9001、2000を取得する。
2005年5月    朝日共販(株)本社(HACCP対応型)工場を新設する。
         7月    資本金を3,000万円に増資する。
2006年1月    朝日共販(株)神戸工場を新設する。
     9月    朝日共販(株)東京営業所を開設する。
2009年5月    ISO 14001を取得する。
2010年3月    朝日共販(株)松山営業所を開設する。
     4月       しらすパーク及び新工場・冷蔵庫棟を建設する。
2015年4月   佐田岬の鬼を設立する。
2016年4月   ちりめん工房を新築する。

連絡先

朝日共販株式会社
〒796-0611
愛媛県西宇和郡伊方町川之浜652番地1
Tel.0894-53-0776
採用担当:福島・佐々木
掲載開始:2017/03/01

朝日共販株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

朝日共販株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)